RSS | ATOM | SEARCH
霜月会

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


明日は「霜月会」です。

 


天台宗公式ホームページに掲載されているお話をご紹介します。

=====================

十一月二十四日は「霜月会(しもつきえ)」と呼ばれており、

 

天台宗の大きな行事の一つであります。

 

「霜月会」の霜月というのは、

 

昔の月の呼び方で、

 

一月を睦月(むつき)、

 

二月を如月(きさらぎ)、

 

三月を弥生(やよい)というように、

 

十一月を霜月と言います。

 

この月の二十四日は、

 

中国で天台宗をお開きになった天台大師智(ちぎ)様のご命日に当たり、

 

日本においては、

 

比叡山延暦寺を中心に、

 

天台宗の殆どの寺院で天台大師智斃佑紡个靴泙靴董

 

報恩感謝の意味を表す法要が営まれる日であります。

 

これは、

 

「天台会」とか「大師講」ともいわれ、

 

我が宗にとって大変重要な行事、

 

法要なのであります。

 

この法要は、

 

伝教大師最澄様が、

 

今の根本中堂の元となる一乗止観院で、

 

奈良の七大寺から高僧を招いて「妙法蓮華経」の内容について講義をしたことからはじまっているのであります。

 

ところで、

 

この天台大師智斃佑箸呂匹鵑覆方かと申しますと、

 

中国の大同四年、

 

西暦五三八年にお生まれになり、

 

七歳の時からお寺参りをし、

 

妙法蓮華経の中の観音経〈観世音菩薩普門品第二十五〉を

 

一遍で 暗唱できるようになったといわれるほどの秀才でした。

 

十八歳で出家、

 

所謂僧侶となられ、特に「妙法蓮華経」というお経の研究と実践に専念され、

 

ついにこの「妙法蓮華経」によって悟りを開かれたのであります。

 

そして、

 

一般の人々は勿論のこと、

 

天子を始め、

 

高位、高官の人々まで、

 

皆、大師の教えを聞くことを楽しみにしていたといいます。

 

しかし、

 

天台大師は、

 

多くの人々に法を説くことも大切ではあるが、

 

まだまだ自分の修行も必要であったため、

 

天台山という山に入り、

 

僅かな木の実を拾って飢えを凌ぐことすらあったということです。

 

これを聞かれた天子は、

 

衣食、

 

その他の生活費を与えられました。

 

また、

 

仏道を究めようとする者が、

 

天台大師様を頼って集まり、

 

お寺の様子もすっかりかわってしまうほどの信頼を得るようになりました。

 

天台大師様は、

 

西暦五九七年、

 

十一月二十四日、

 

六十歳でお亡くなりになりました。

 

その時から約一千四百年経た今日、

 

そのご命日の法要が毎年確実に営まれていることは、

 

天台大師様が如何に偉大なお方であったかを物語っています。

 

http://www.tendai.or.jp/houwashuu/kiji.php?nid=70
 

=========================

日本に伝わる「天台」の教えの元となったお方なんですね。


お近くに天台宗のお寺があって、


「天台会」「霜月会」「天台大師報恩法要」などを予定しているお寺があったら、

お参りしてみてはいかがでしょうか。

 

author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
お盆

こんにちは!
 

一隅を照らす運動キャラクター
しょうぐうさんです。

 

 

 

 

 

 


8月も半ばに入り、
暑さまっただ中ですね(^o^)
 

 

この時期は、

盆踊りお盆休暇の帰省ラッシュなどが

夏の風物詩ですね。
 

 

 

 

ところで、
お盆の期間は地域によって異なるんです。
 

 

たとえば、
新暦による7月13日から16日。
 

全国的には
月遅れによる8月13日から16日

 

が多いようです!
 

 

 

 

 

 

 

 

 

お盆の期間には、
ご先祖さまの御霊が帰ってくるといい、

 

菩提寺からお坊さまが家を訪問して読経します。
 

 

 

 

お坊さまは、この棚経(たなぎょう)
大忙しです。

 

 

 

 

 

 

 


ご先祖さまの御霊をお迎するにあたり、
仏壇を掃除し、お花やお供え物をして、


気持ちよくお盆を迎えしましょう。
 

 

 

 

ご先祖さまに感謝し、
日頃の生活をを見つめ直す機会にしましょう!!

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
各地で托鉢が実施されました!
こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。



12月1日には、


全国で地球救援募金への協力を募る


全国一斉托鉢が行われました。


坂本の生源寺では、


天台座主もお出ましになり、


皆で托鉢前のお参りをしました。







比叡山の麓、


大津市坂本や


近隣の駅では、



延暦寺のお坊さんと、




天台宗務庁の職員が、



戸別托鉢と街頭募金活動を実施。




しょうぐうさんも各地をまわって、



募金活動をしました。



たくさんの浄財を



救援協力金としてお預かりしました。




坂本地域からご協力いただいた浄財は、



12月4日に、



NHK歳末助け合いへの協力として寄託します。



みなさまのご理解とご協力に篤く御礼申し上げます。

author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 10:19
comments(0), trackbacks(0), -
今日はお彼岸のお中日です



こんにちは!!

一隅を照らす運動キャラクター
しょうぐうさんです。





今日、9月23日秋分の日!!




ということは
秋のお彼岸のお中日です。



みなさん、
ご先祖さまのお参りはされましたか(^ ^)





「彼岸(ひがん)」とは読んで字のごとく
「彼の岸」「向こう岸」という意味で、


私たちの住む世界「此岸(しがん)」に対して
「彼岸」悟りの境地を指しています。



煩悩まみれの自分自身を、
少しでも悟りの境地に近づけるように努力する期間、

それが本来のお彼岸の意味なんだって。


今では法要やお墓参りをして
先祖の霊を供養する行事となっています。







お彼岸のお中日春分・秋分の日なのは、

その日に太陽が真西に沈むため
西方極楽浄土におられる阿弥陀仏を礼拝するのにふさわしいから


あるいは、昼夜の長さが同じことが
仏教の説く
「中道」の教えにかなうからだといわれているよ。





他にも仏教行事に興味がある方は
天台宗公式ホームページに紹介されているので
見てみてね!!



    天台宗公式ホームページ
≫ http://www.tendai.or.jp ≪






 

author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
栃木県の宗光寺へ
こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


だんだん涼しくなってきて

秋を感じる季節になってきたね!!



今回は、
8月27日に栃木県真岡市にある

宗光寺(そうこうじ)
お邪魔してきました!!







本堂の前には
「一隅を照らす」石碑もありましたよ!






この日は、
栃木県天台仏教青年会主催による


青少年研修会~ミニ修行in宗光寺~
が開催されていました。


幼稚園から小学6年生までの子どもたち

約60人が参加していました!!






朝から夕方までの時間で、
座禅、法話、こどもほっしんえ、境内散策など

貴重な経験ができた一日と
なったのではないでしょうか(^ ^)







「こどもほっしんえ」では
仏さまとご縁を結び、

真剣な眼差しでおつとめをしてました!






これから仏教に少しでも興味をもってくれると

しょうぐうさんも嬉しいな(*^_^*)








 
author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 10:00
comments(0), trackbacks(0), -
旅の思い出 in NY Part2


≫ 旅の思い出 in NY Part1はこちら ≪



一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。







ニューヨークの朝♪

ホテルからの景色がとてもキレイでした☆







前回に引き続き

市内観光を少しだけ。







ニューヨーク市街地
お散歩していたら

偶然にもパレードに遭遇しました!!






たくさんの人がいて

とても大賑わいでした(^o^)







さて、ここから


天台宗ニューヨーク別院

慈雲山天台寺へ移動です。








お寺の看板が英語ですっ!!


当たり前だね!!(笑)







こちらが

ニューヨーク別院
本堂です!!





あれ、、、日本のお寺の本堂と

見た目が全然違うよ〜





でも本堂内部は立派な本尊様がいらっしゃって、


とても厳かな雰囲気でした!!


ここで

本堂落慶10周年記念慶讃法要

木ノ下寂俊天台宗宗務総長を大導師に

執り行われたんだ!!





ニューヨーク別院の

聞真・ポール・ネエモンご住職とも記念に1枚!!



他にも、

2名の方の得度式(とくどしき)

10周年の記念式典など
いろんな行事が行われ、

100名を超える人々が集まったよ!!





すべて終わってからは

ニューヨークでの思い出に、


ディナークルーズにも行きました!!






船の上からの景色も

サイコーだったよ(^_^)v






名残惜しいニューヨークですが、


しょうぐうさん

日本でもやることがたくさんあるので、


帰国の途につきました〜







最後は

アメリカ自由の象徴
「自由の女神像」と。


実は
正式名称

「世界を照らす自由」って言うらしいよ!!


「一隅を照らす」似ているね!!(笑)




伝教大師のご精神を弘めようと

海外で活動されている方々との出会いは


しょうぐうさんにとって、

とてもうれしい出来事でした!








 
author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
旅の思い出
 

Hello〜!!


一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。




いきなりですが今回は、





成田空港からスタートです!





後ろに見える飛行機で、


海外へ行ってきました!!






飛行機で約13時間、、、








しょうぐうさん in NY



ということで、

NYことニューヨーク

行ってきました!!


今回は

6月11日から15日まで行っていた、

ニューヨークでの思い出をお伝えします!!



ニューヨークには


天台宗ニューヨーク別院

慈雲山天台寺
という天台宗のお寺があり、

本堂落慶10周年を迎えるにあたり


記念行事に参加するのが目的です!!






ニューヨークに着いてからは、

市内観光にも(^^)






大きいビルがそびえ立っており


圧巻されてしまいました>_<







ビルの展望台から

マンハッタン地区が一望でき


テンションがとっても高くなりました!!









夜には
タイムズスクエア

へも行きました!!



ここは毎年

12月31日から1月1日

年越しの
カウントダウン

多くの人が集まることで有名な所だよ!!









ここは


ラジオシティ・ミュージックホールです。

世界最大のホールで、


宝塚歌劇団もここで

公演を行ったこともあるんだって!



こんな感じで


市内観光を満喫しました(*^_^*)




この続きはPart2で♪



 
author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
法要見学
こんにちは!

一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。

 

今回は、


京都清水寺にお参りした報告です!!

 





この日(5月14日)は、

天台宗兵庫教区仏教青年会の方々が

天台聲明による法要を行ったので、

随喜させていただきました!!
 







観光の方々もたくさんいて

とてもにぎやかだったけれど、

周囲はすごく


厳かな空気に包まれていました。







とても良い機会になりました!!


 
author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 11:58
comments(0), trackbacks(0), -
善光寺前立本尊御開帳
こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。




今日は、
長野県にある
善光寺大勧進を紹介するよ!!





信州善光寺どの宗派にも属さないお寺で、
善光寺大勧進(天台宗)
善光寺大本願(浄土宗)

ふたつが一緒にお護りしています。


"牛に引かれて善光寺参り"って
聞いたことありませんか?


信州善光寺では、

平成27年4月5日〜5月31日までの間

善光寺前立本尊御開帳

が行われています!



善光寺大勧進は天台宗の別格大寺

信州善光寺の本坊にあたります。




数え年で7年に1度しかない貴重な機会に
しょうぐうさんもお手伝いしているので、


皆さんも是非会いに来てください(^^)




 
author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 16:35
comments(0), trackbacks(0), -
京都 真如堂
一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです



京都の真如堂に来ています。


 参道を進むと、いい香りが漂ってきました。

何の香りでしょう? 


菩提樹の花の香りです!!



 本堂右前では、樹齢150年ほどの菩提樹が満開! 


何万という花が木の枝いっぱいについています。

花には蜂たちが集まって来ていて、羽音が賑やか。


 
菩提樹は、その木の下でお釈迦さまがお悟りを開かれたという木。

沙羅、無憂樹と共に、仏教の三聖樹とされています。

日本で「菩提樹」と呼ばれている木はインドの菩提樹とは違います。

蜂たちが集めた蜜は
「菩提樹の蜂蜜」として、また葉などは「リンデン」などという名前でハーブとしても市販されているそうですよ。





 
 
本堂左前では、昨日から、
沙羅の花が咲き始めています! 

沙羅は、お釈迦さまが入滅された場所に

2本並んで生えていたという木です。


 
この花も、インドの「沙羅」とは違い、「夏椿」と呼ばれている木です。

朝に咲いて、夕方には散ってしまうその儚さが、日本人の感性にあうのでしょうねぇ。

 
菩提樹はあと数日、沙羅はこれからが見頃ですよぉ! 

ぜひ真如堂にお参り行ってみてね!!

真如堂ホームページ 
http://shin-nyo-do.jp/
author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 15:09
comments(0), trackbacks(0), -