RSS | ATOM | SEARCH
東海教区一隅を照らす運動推進大会

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、

 


6月17日

 


東海教区で開催されました、

 


「一隅を照らす運動

 

   東海教区推進大会」

 


に参加してきました。

 

 

場所は

 


名古屋市にある

 


覚王山 日泰寺(にったいじ)

 

境内の普門閣には

 


約300名の方が

 


来られていました。

 

 

 

第1部には、

 


檀信徒会総会が行われたました。

 


議事終了後、

 


岡山教区本山寺法嗣


  泉 智仁(ちじん)師による

 


「いま、ここに生きる


 〜東日本大震災を経験して得たこと〜」

 


と題して講演が行われました。


福島県出身泉師

 


震災での体験を語り、

 


困難に直面したとき

 


自らの足で立ち上がる勇気

 


自他への感謝の心

 


生きることの大切

 


を力強く話されていました。

 

 

 

第2部のはじめに、

 


一隅を照らす運動総本部


  森定慈仁総本部長より

 


「一隅を照らす運動」

 


について講演がありました。


講演の中で、

 


本運動が身近なことから

 


始められる運動であること、

 


本運動の精神

 


これからの時代を担う

 


若い世代に伝えることが

 


重要であると話されました。

 

 


つぎに公演として

 


「和太鼓と天台声明の


  ジョイントコンサート」

 


が行われました。


泉師による迫力ある和太鼓

 


教区仏教青年会僧侶天台声明

 


コラボに聞き入ってしまいました。

 

 

 

最後

 


「比叡山仏道讃仰和讃」

 


を参加者全員でお唱えし、

大会は幕を閉じました。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
南総教区一隅を照らす運動推進大会

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、

 


7月3日に開催された

 


「南総教区一隅を照らす運動推進大会」

 


報告です!

 


会場は、

 


千葉県の勝浦市芸術文化センター

 


「キュステ」

 

 

 

こちらの会場に来るまでの間、

 

 

南総教区宗務所の職員の方々が

 

 

道路等で案内してました!

 

 

熱い中お疲れ様でした!

 


平日の開催でありましたが、

 


約800名の参加者が集まりました。

 

 

第1部では、

 


始めに、福聚教会南総本部・茅花の会・

 


妙覚寺・常福寺・長光寺・圓明寺支部

 


の皆様による御詠歌


小宮山将順南総教区仏教青年会会長

 


導師のもと

 


南総教区仏教青年会出仕による

 


声明・法要が厳修されました。

 


御詠歌・法要ともに

 


会場全体で歌い、お唱えしました!

 


法要の際にはしょうぐうさん

 


ステージにてお唱えしましたよ!

 

 

法要後、

 


盒釧榔叩覆燭はしりゅうえい)

 


一隅を照らす運動南総教区本部長


稲垣弘(いながきひろし)

 


南総教区檀信徒連合会会長


細野舜海(ほそのしゅんかい)

 


南総教区宗議会議員


猿田寿男(さるたひさお)

 


勝浦市長の4名の方々それぞれより、


ご挨拶と祝辞

 


が述べられました。

 


話の中で、

 


物で溢れる現代に、

 


心を豊かにすることの

 


重要性

 


各々力強く話されていました。

 

 

 

今回の報告は以上です!

 

 

報告をお待ち下さい!

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
兵庫大仏

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今日は、

 


兵庫県神戸市にある

 


能福寺を訪れてました。

 

 

>>能福寺HPはこちら<<

 

 

 

ここ能福寺には、

 


日本三大仏のひとつ

 


兵庫大仏様がいらっしゃいます。

 

 

こちらの大仏

 


実は2代目になります。

 


明治24年建立されましたが

 


昭和19年金属回収令

 


よって供出されました。

 


その後、47年の時を経て

 


平成3年再建されました。

 

 

 

その高さは、

 


台座を含めて18m

 


近くに行くと見上げる高さですね。

 

 

 

この日は、

 


高所作業車

 


剪定をされていたので

 


しょうぐうさん

 


同乗させていただきました。

 


 

普段と違う目線に感動しましたよ。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 11:58
comments(0), trackbacks(0), -
法螺貝作り 最終回

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

法螺貝作りもいよいよ最終回です。

 


「法螺貝作り その1」


「法螺貝作り その2」


「法螺貝作り その3」


の記事はコチラ


↓ ↓ ↓ ↓


>>法螺貝作り その1<<
 


>>法螺貝作り その2<<
 


>>法螺貝作り その3<<
 

 

では、

 

 

作業の続きです。

 

 

前回は、

 

 

根気よく作業を繰り返して、

 

 

ぴったり密着できたところでした。

 

 

接着作業に進みます。

 

 

貝に口金を付ける場所にあらかじめ印をつけておきます。

 

 

 

貝の切断面に石膏を塗り、

 

 

口の切断面の周りに隙間が無いようにたっぷり塗り付けます。

 

 

口金を付けた外側にもたくさん塗り付けて、

 

 

乾いたらカッターで削りながら整えます。

 

 

 

最後に、

 

 

 

石膏の部分にアクリル絵の具で湿気対策をします。

 

 

完成です!

 

 

 

そして、

 

 

なんと、

 

 

今回の法螺貝は、

 

 

 

しょうぐうさん用の小さな法螺貝だったようです!!

 

 

感激です!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
兵庫教区一隅大会並びに特別授戒会

こんにちは。


一隅を照らす運動キャラクター
しょうぐうさんです。

 

今回は、6月16日に開催されました
兵庫教区檀信徒会総会・一隅を照らす

運動推進大会並びに特別授戒会
に参加しました。

 

 


会場の丹波市立ライフピアいちじまには、
約550名の参加者が集まりました!

 

 

まず、
兵庫教区本部長荒樋勝善師をお導師に

法楽が執り行われました。
檀信徒総会では、
平成28年度の事業・決算報告と
平成29年度の事業計画・予算が

承認されました。


第2部では、

一隅を照らす運動実践者表彰あり
天台宗参務教学部長森田源真師から


長年に亘り菩提寺に貢献され、地域
の模範として一隅を照らす運動を実践
されている6名の方に表彰状が手渡されました。

 

 

 

その後、特別授戒会が行われ、会場は厳かな

雰囲気に包まれました。

 

授戒会は、

仏の光を自身の身中に受け入れ、

 自己本来の仏性を目覚めさせる儀式とも言えます。

 

 

 

時間に追われる日々・・・ふと立ち止まって

自身を見つめなおしてみてはいかがでしょうか?

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
法螺貝作り その3

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、

 

 

「法螺貝作り その3」です。

 


「法螺貝作り その1」


「法螺貝作り その2」


の記事はコチラ


↓ ↓ ↓ ↓


>>法螺貝作り その1<<
 


>>法螺貝作り その2<<
 


では、

 

 

作業の続きです。

 

 

前回は、

 

 

石膏を流し込みました。

 

 

その石膏も固まっています!

 

 

まずは、

 

 

芯を抜いて、

 


ヘラで水平になるように整えます。

 

 

口の当たる部分は小さなスプーンで成形。

 

 

貝の切断面に墨を塗って、

 

 

 

石膏につけてみる。

 

 

墨がつかない場所は接地していないので、

 

 

少しづつヘラで成形。

 

 

この作業を繰り返して、

 

 

ぴったり密着するように、

 

 

丁寧に作業を進めます。

 

 

根気のいる作業です!

 

 

ようやくぴったりになってきました。

 

 


今回はここまで。

 

 

次回をお楽しみに!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
法螺貝作り その2

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

今回は、

 

「法螺貝作り その2」です。


「法螺貝作り その1」の記事はコチラ


↓ ↓ ↓ ↓


>>法螺貝作り その1<<
 

 


では、

 

 

作業を見ていきましょう!

 


まずは、

 

 

必要な主な道具類です。

 


)〕羈と口金(くちがね)

 


今はインターネットでも入手しやすいみたいです!


∪亶僂肇悒

 


H砲スチロール

 

 

っ罎凌帖丙2鵑錬好潺蝓

 

 

ゥ妊スクサンダー(金切り鋸でも)

 


などなど、、、

 


わざわざ海まで貝を探しに行かなくても、

 

 

インターネットで買えてしまうなんて、

 

 

便利な世の中ですね〜〜〜

 

 

道具がそろったら、

 

 

いよいよ作業開始です。

 

 

ディスクサンダーという工具を使って、

 

 

法螺貝を切断する場所は、

 

 

下のヒダから数えて5つめの頭。

 

 

断面は巴の形にふさがっています。

 

 

これに穴を開けます。

 

 

口金を発砲スチロールに固定して、

 

 

その中心に芯を垂直に立てます。

 

 

 

水を入れた容器に少しずつ石膏を溶かして、

 

 

とろとろの状態で流し込みます。

 

 

石膏が固まるまで待ちます。

 

 

というところで、

 

 

今回はここまで。

 

 

次回はをお楽しみに!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
天台宗務庁役職員研修2017

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

6月7日・8日の2日間、

 

 

2班に分かれて

 


「天台宗務庁役職員研修」

 


が行われました。

 

 

研修内容と致しまして、

 


天台宗の寺院見学や、

 


他宗派の宗務庁の施設見学

 


実務交流を行いました。

 

 

 

行き先としまして、

 

 


始めに蓮華王院三十三間堂

 


をお参りしました!


三十三間堂

 


天台宗寺院の妙法院門跡

 


本坊としています。

 


入ってまずは、

 


千手観音坐像前にて

 

 

般若心経をお唱えした後

 


三十三間堂について

 


丁寧に説明していただきました!

 


こちらでは毎年お正月に

 


「大的大会」と言われる江戸時代

 


「通し矢」にちなんだ

 

 

弓道大会が行われるため、

 


弓道を嗜む方が多く

 

 

参拝されるそうですよ!
 

 

しょうぐうさんのぬいぐるみ

 

 

販売されていますので、

 

 

是非お買い求めください!

 

 

次に
 

 

浄土真宗本願寺派宗務所 様

こちらでは、浄土真宗本願寺派の組織や
 

 

宗務所の役割行っている事業等について
 

 

説明していただき、宗務所内を見学しました。

 

宗務所内は広く、市役所のように
 

 

部署ごとに分かれており、
 

 

本願寺出版社もありました。
 

 

説明の際には、

 

 

各部署の実務について、
 

 

具体的な質問や回答がなされ、
 

 

参考になりました!

 

 

これにて午前中は終了です!
 

 

 

お昼は
 

 

臨済宗妙心寺派宗務本所 様
 

 

がご用意してくださった
 

 

精進料理をいただきました


 

とても美味しくいただきました!
 

 

精進料理は、仏教の戒律に基づき

 

 

殺生や煩悩への刺激を避けることを

 

 

主眼として調理された料理のこと

 

 

を言います。
 

 

殺生を避けるということから

 

 

わかります通り、

 

 

お肉も使われておりません!
 

 

是非皆さんも、

 

 

一度精進料理を食べてみて
 

 

ください!
 

 

また、お家で作ってみたいと

 

 

思われた方は、
 

 

一隅チャンネルの「あじゃりさんの食卓」
 

 

を参考にして挑戦してみてくださいね!

 

 

>>「あじゃりさんの食卓」はこちら<<

 

 

 

昼食後、
 

 

臨済宗妙心寺派宗務本所 様

こちらでも、臨済宗妙心寺派の組織
 

 

宗務所の役割行っている事業等について
 

 

説明していただき、

 

 

宗務所内を見学しました。

 

各部署の実務について説明いただき、
 

 

具体的な質問や意見交換がなされ、
 

 

とても勉強になりました!

 

 

 

最後に、
 

 

京都府亀岡市にあります
 

 

大本 様

 

こちらでは、大本の成り立ちや歴史
 

 

建物を、案内・説明していただきました。

 

大本の敷地内を案内してもらう中、
 

 

万祥殿内に能舞台がありました。

開教120年の際には、

 

 

佳節を記念し

 

 

「開教120年慶祝大本みろく能」

 

 

執り行われたそうです。
 

 

機会がありましたら

 

 

見に行ってみたいですね!

 

 

 

今年度も充実した研修でした!
 

 

研修で学び、感じとったことを

 

 

活かしていきたいです!

 

 

 

お世話になりました宗派の皆さまに、
 

 

心から感謝いたします。

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
法螺貝作り その1

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

みなさんは「法螺貝」って知ってますか?

 

 

時代劇の合戦のシーンや、

 

 

山伏が山の中で吹いていたりするのを、

 

 

見たことがある人もいるかな。

 

 

大きな貝を、

 


音が鳴るようにする作業を見せてもらったので、

 

 

ご紹介します!

 

 

 

 

山伏が愛用する「法螺貝」は、

 

 

お釈迦さまの説法そのものであるとたとえられます。

 

 

なぜならその音は「獅子吼(ししく)」ともよばれ、

 

 

(・・・獅子がほえて、百獣を恐れさせる威力の意)

 

 

聞くものは煩悩を滅し悟りを得るというのです。

 

 

吹き方には、

 

 

説法・駈相・宿入・宿出・案内・問答・集合・寒行など

 

 

色んな吹き方があるそうです。

 


また、

 

 

金剛界大日如来をあらわす梵字「鑁字」に、

 

 

形が似ていることから、

 


とても大切な法具として扱われます。

 

 

まずは法螺貝の説明でした。

 

 

次回は、

 

 

いよいよ作っている様子をご紹介します!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(1), trackbacks(0), -
信越教区一隅を照らす運動推進大会

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、

 


6月10日に開催された

 


「信越教区一隅を照らす運動推進大会」

 


に参加した報告です!

 

 

会場は、
 

 

長野県佐久市にあります
 

 

「弥勒寺」

 

 

当日は天候に恵まれ、佐久部寺院関係者と
 

 

その檀信徒の皆様
 

 

約140名が集まりました。

 

 

大会式典にあたり、
 

 

信越教区本部長
 

 

岩田真亮(いわたしんりょう)師

 

 

導師に天台宗のおつとめ法要

 

 

厳修しました。

 

参加者一同、配布された
 

 

「天台宗のおつとめ」を見ながら
 

 

しっかりとお唱えしてましたよ!

 

法要後信越教区本部長
 

 

岩田真亮(いわたしんりょう)師、

 

信越教区宗議会議員
 

 

吉澤道人(よしざわどうにん)師、

 

弥勒寺御住職
 

 

江原紘誠(えばらこうせい)師
 

 

のお三方それぞれより、
 

 

ご挨拶、祝辞を述べられました。

 

 

 

次に、一隅を照らす運動総本部長より
 

 

2年後に控えております
 

 

「一隅を照らす運動」
 

 

発足50周年にむけた企画や事業
 

 

若年層へ向けた取り組みの重要性、
 

 

一隅を照らす運動総本部が行っている
 

 

救援活動について、
 

 

運動を通して考え、取り組むべき
 

 

心のあり方、生き方
 

 

ご講話されました。

 

特に、若年層への取り組みの話では、
 

 

うなずきを繰り返す参加者の姿が
 

 

多く見受けられました。

 

 

 

大会式典最後には、
 

 

参加者全員で「推進の誓い」
 

 

として、「一隅を照らす運動」
 

 

実践3つの柱であります、
 

 

「生命」「奉仕」「共生」
 

 

を復唱されました!
 

 

是非、今後も復唱して
 

 

行動していってくださいね!

 

 

 

休憩を挟みまして、
 

 

天台宗務庁出版室
 

 

横山和人編集長より、

 

 

「天台宗の取材ノートから
 

 

『千日回峰行に死す』正井観順行者の
 

 

二千五百五十五日」と題して
 

 

講演されました。
 

 

正井師の足跡をたどり
 

 

「千日回峰行」の細かな説明や、
 

 

御自身の体験等を交えながらの
 

 

お話に参加者一同、
 

 

聞き入っている様子でした。

 

講演されました話を
 

 

詳しく知りたい方は、
 

 

天台宗務庁出版室より出版刊行
 

 

しております「ともしび VOL.139」

 

に載っておりますので、
 

 

天台宗HPよりお申込みください!

 

 

>>天台宗HP出版刊行物はこちら<<

 

 

 

講演後
 

 

信越教区布教師会長
 

 

小林玄海(こばやしげんかい)師より、

 

講演で話された行に関連させ、
 

 

「一隅を照らす運動」実践3つの柱
 

 

実践していくこともまたであるという
 

 

お言葉と共に、謝辞を述べられ
 

 

閉会となりました。

 

 

 

大会終了後
 

 

会場内で呼びかけていただきまして
 

 

多くの浄財が集まりました

 

こちらは地球救援募金として、
 

 

様々な団体を通じて、
 

 

支援先に届けられます!

 

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -