RSS | ATOM | SEARCH
東日本仏青親睦野球神奈川大会

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


天台宗には、

 

 

若手僧侶で結成された、

 

 

仏教青年会が全国にあります。

 

 

全国にある青年会の交流を目的に、

 

 

5月23日・24日の二日間で、

 

 

東日本仏青親睦野球神奈川大会が開催され、

 

 

東日本各地の青年会員がそれぞれチームを作って参加しました。

 

 

西日本からは、

 

 

兵庫、岡山混合チームが参加いたしました。

 

 

当日は天気も良く、

 

 

AからDまでの4つのリーグ戦。

 

 

11チームが野球を通じて交流しました。

author:しょうぐうさん, category:仏教青年会, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
駒込高校 比叡山研修

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、駒込高校1年生比叡山研修

 


お邪魔してきたので紹介します!


駒込高校は天台宗門の学校で、

 


近年では一隅を照らす運動の一環として

 


タイ・プラティープ財団を訪問する

 


スタディツアーにも生徒が参加しています。

 

 

 

比叡山研修は5月22日〜26日の

 


全5日間前半後半と2グループ

 


分け、2泊3日ずつ行われました。

 


研修では、仏教修行生活の一端を体験し、

 

 

自己を見つめるために、

 


スマートフォンやテレビのない中

 


普段する機会の少ないであろう

 


正座での生活に始まり、

 


坐禅や写経、勤行

 


などを行われました。

 


また、研修最終日では回峰行体験

 


あり、歩き慣れない山道を歩き、

 


参拝してまわったそうです。

 

 

こうした娯楽のない生活をし、

 


自身を見つめることによって、

 


普段の生活がどれほど

 


恵まれているのかを実感出来る

 


貴重な体験となったはずです!

 

 

 

閉校式では、

 


前半の部では、法人部長から

 


後半の部では、一隅を照らす運動総本部長

 


延暦寺副執行獅子王圓明総務部長より

 


高校生へ向けたお話がありました。


また、研修にて指導された指導員先生から

 


生徒達へ最後のお話を受け、


生徒さんからも感謝が述べられました。


最後に、前半後半

 


それぞれの生徒代表より

 


地球救援協力金

 


一隅を照らす運動へ寄託されました。

 


募金へのご協力ありがとうございました!

 

高校生活も始まったばかり、

 


ここで得た経験や教えを忘れずに、

 


帰ってからも笑顔で励んで欲しいです!

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
修験道法流一隅を照らす運動推進大会

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、

 


5月21日に開催された

 


「修験道法流一隅を照らす運動推進大会」

 


に行ってきました、報告です!

 

 

会場は、

 


先日ございました

 


「九州東教区一隅を照らす運動推進大会」

 

>>「九州東教区一隅を照らす運動推進大会」記事はコチラ<<
 

 

と同じく、

 


比叡山延暦寺

 


「延暦寺会館 瑞峰の間」


約160名の参加者が集まりました。

 

 

今回の大会ではお二方の御法話が行われました!

 

 

まず、初めに、

 


一隅を照らす運動総本部長より

 


再来年平成31年に迎える

 


「一隅を照らす運動」50周年にむけた企画や、

 


次世代の将来を担う若年層へ向けた取り組み

 


一隅を照らす運動総本部が行っている

 


救援活動について、

 


運動を通しての心のあり方、

 

 

生き方を話されました。

 

 

続いて、

 


天台宗修験道法流顧問

 


栢木寛照大僧正より

 


根本中堂「平成の大改修」のお話

 

 

始まりまして、「百日回峰行」の成り立ち

 


相応和尚様天台宗の教義大師号

 


流れるように天台宗について

 


御法話されました。

 

 

御法話に参加されました皆様、

 


静かに聞き入りながらも、時折笑顔や笑い声

 


うなづきを返されてました。

 

 

 

御法話の中で「一隅を照らす」人として、

 


お二方とも人のために行動するように話されて

 


おりました!

 

 


ここでお聞きになった「一隅を照らす」の

 


御精神を、生活の中で活かしていっていただけると

 


嬉しいですね!

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
ヤマボウシ

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


以前のブログ記事で、

 


八角蓮という植物を紹介しました。

 


>>「八角蓮」記事はコチラ<<

 

 

今回は、

 

「ヤマボウシ」という植物をご紹介します。

 

 

 

本州から四国、九州の山野に分布して、

 

 

5月〜6月になると、

 

 

先端のとがった真っ白い花びらを4枚もつ花を、

 


枝いっぱいに咲かせます。

 


実は、

 

 

この花びらに見える白い部分は、

 


「総苞(そうほう)」と呼ばれる葉に近いものだそうです。

 


「ヤマボウシ」の名前の由来は、

 

 

この4枚の白い花びらを、

 

 

頭巾をかぶった法師に見立てて名付けられました。

 

 

百人一首でも有名な前大僧正慈円は、

 

 

比叡山について、

 

 

『世の中に

 

山てふ山は

 

多かれど

 

山とは比叡の

 

御山(みやま)をぞいふ』

 

 

と比叡山を日本一の山と崇め詠みました。

 


また、

 

平家物語でも、

 


比叡山延暦寺のお坊さんを、

 

 

「山法師」と呼んでいますが、

 

 

「ヤマボウシ」の名前は、

 

 

これにもちなんでいます。

 

 

みなさんのお近くに、

 

「ヤマボウシ」は咲いていますか?

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
八角蓮!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


今日は、

 

 

ある植物のご紹介です。

 

 

その名は、

 

 

「八角蓮」

 

 

「ハッカクレン」

 

 

と読みます。

 


中国・台湾が原産で、

 

 

その名の通り、

 

 

蓮の葉っぱに似ていて、

 

 

葉っぱに8つの浅い切れ込みがあります。

 

 

 

漢方では、

 

 

解熱薬として使われるようですね。

 

 

ただし、

 

 

有毒植物でもあるのでご注意を!

 


葉っぱは大きくて、

 


30〜40センチもあるのですよ!

 


雨宿りもできそうですが・・・。

 


房になってぶら下がっている茶色いものが花です。

 


この花、、、、、、、

 


とても臭〜い!

 


なので雨宿りはできませんね 苦笑

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
九州東教区一隅を照らす運動推進大会

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

 

今回は、

 


5月16日に開催された

 


「九州東教区 一隅を照らす運動推進大会」

 


報告です!

 

 

会場は、

 


比叡山延暦寺にある

 

 

「延暦寺会館 瑞峰の間」

 

 


約180名の参加者が集まりました。

 

 

 

開会にあたり、

 


九州東教区本部長より

 


ご挨拶があり、


次に一隅を照らす運動総本部長より

 


「一隅を照らす運動」50周年に向けた事業や、

 

 

次世代の子ども達へ向けた

 


取り組みなど、

 


運動の展開に対する思いを話されました。

 

 

 

 

続いて、

 


延暦寺一山南山坊

 


光永覚道北嶺大行満大阿闍梨

 


講師に迎えて、

 


「回峰行について」を演題とし、

 


講話がありました。


参加者に比叡山に初めて来られた方が

 


多かったため、

 


比叡山山内の説明から、

 


ご自身が経験された回峰行の内容

 


などを細かく丁寧に、

 


順番にお話しされておられました。

 


参加された皆さんは、

 

 

普段では聞けないお話に、

 


真剣な面持ちで聞き入ってました。

 

 

 

 

この大会に参加された方が、

 


聞いたことを胸に

 


これからも「一隅を照らす」

 

 

1人として

 

 

輝いていくことと信じています!

 

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
新緑と琵琶湖

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


5月も中旬となりました。

 

新緑がまぶしい季節ですね。

 


比叡山でも、

 


トレイルランというイベントがあったりしましたが、

 


清々しい空気の中を、

 

 

鮮やかな緑の息吹の中を、

 

 

青く照る琵琶湖の水面を、

 

 

気持ちよく感じることの季節かと思います。

 

 

胸一杯に新鮮な空気を吸い込んで、

 

 

自分自身が輝いて、

 

 

隣の誰かの「新緑」になれるといいですね!

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
第16回「心のつどいin比叡山」のご案内

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


一隅を照らす運動では、

 

 

年に1回、

 


1泊2日の宿泊研修会を行っています。

 

 

「心のつどいin比叡山」です。

 

 

 

今年は16回目の開催となります。

 

 

一隅を照らす運動公式ホームページでも、

 

 

研修会の様子を、

 

 

一隅チャンネルの中でご紹介しています。

 


>>第14回(平成27年度開催)はこちら<<
 

 

>>第15回(平成28年度開催)はこちら<<
 

 

昨年(第15回)は、

 

 

恵心僧都の一千年御遠忌の年でもあったので、

 

 

恵心僧都ゆかりの場所を参拝しました。

 

 

今年(第16回)は、

 

 

回峰行の祖、

 

 

相応和尚(そうおうかしょう)の一千百年御遠忌の年なので、

 

 

相応和尚にご縁のある場所を参拝できればと計画しています。

 

 

 

7月14日(金)から15日(土)までの1泊2日で、

 

 

開催を予定しています。

 

 

6月23日まで参加のお申し込みを受け付けています。

 

※定員に達し次第締め切ります

 

 

>>「心のつどいin比叡山」のお申し込み・詳細はこちら<<
 

 

毎年ご参加いただいている方、

 

 

初めてご参加いただく方、

 

 

年配の方から若年の方まで、

 

 

年齢や性別を問わず参加のお申し込みをいただいています。

 

 

静寂な環境で写経や坐禅止観等の体験を通して、

 

 

日ごろの忙しさの中で見落としがちな自分の心と体を、

 

 

改めて見つめ直してみてはいかがでしょうか。

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
第6回仏教とキリスト教シンポジウム

こんにちは。

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

4月26日から28日まで、

 

 

フォコラーレ運動が主催するシンポジウムが、

 

 

台湾の法鼓文理学院を会場に開催されました。

 

 

 

今回で6回目の開催になるそうです。

 

 

>>フォコラーレ運動<<
 

 

シンポジウムでは、

 

 

仏教とキリスト教という、

 

 

異なった宗教が、

 


それぞれの立場でどのように現代社会に向き合っていくのか、

 


意見交換がされていました。

 


今回の大会には、

 

 

世界12カ国から、

 


約70名の方々が集まりました。

 

 

 

会場となった法鼓文理学院は、

 

 

すごく景色の良い場所にありました。

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:宗教サミット, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
しょうぐうさんクイズ!Vol.1 こたえ

こんにちは。

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです。

 


大型連休も終わり。

 

 

いかがお過ごしでしたか?

 


前回のブログでは、

 

>>前回のブログ<<

 

 

一つクイズを出しました。

 

 

 

みなさんの答えはどうなりましたか?

 


では、

 

しょうぐうさんの答えをご紹介します。

 

 

「言の葉多くして

 

 

行ぜずんば

 

 

國の寶なり得ず」

 

 

と読みました。

 

伝教大師は、

 

 

山家学生式(さんげがくしょうしき)の中で、

 

 

>>山家学生式<<

 

 

 

 

「能(よ)く行い能(よ)く言うは國の寶なり」

 


とおっしゃっています。

 

 

実践と発言の両方が大切だと。

 

 

口が四つもあるのに、

 

 

行動がない。

 

 

なので、

 

 

伝教大師のお言葉をお借りして、

 

 

「言の葉多くして

 

 

行ぜずんば

 

 

國の寶なり得ず」

 

 

としました。

 


みなさんはどんな読み方をしましたか?

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -