RSS | ATOM | SEARCH
第16回「戦歿者慰霊・世界平和の祈り『天台宗平和祈念法要』」

 

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


 
7月14日

 


広島市の平和記念公園にある原爆供養塔前にて、

 


第16回「戦歿者慰霊・世界平和の祈り『天台宗平和祈念法要』」

 


開催されました。

 

この行事は、

 


開宗一千二百年慶讃大法会を機に

 


岡山、山陰、四国の三教区 による

 


三県(広島・鹿児島・沖縄)特別布教として

 


平成17年に始められ、

 


戦歿者や原爆犠牲者の慰霊とともに、

 


戦争体験を風化させず、

 


平和の大切さや尊さを

 


後世に伝えるため、

 


毎年開催されています。

 


今年は戦後75年の節目から、

 


比叡山延暦寺根本中堂の

 


「不滅の法灯」から

 

 

分けられた灯が供えられ、

 


戦歿者らに世界の恒久平和を誓われました。

 


例年は三教区の住職有志らの出仕で

 

 

営んできましたが、

 


今年は新型コロナウイルス感染症

 

 

感染拡大防止から

 


規模を縮小し実施されました。

 

 

 

本年は、

 


岡山教区の永宗幸信宗務所長を導師に、

 


村上行英副所長

 


延暦寺副執行の小寺照依教化部長

 


高倉聖法種因寺住職安東弘悦雙林院住職ら

 


出仕並びに数名の随喜により

 

 

法要が営まれました。

 

法要の趣旨に賛同する

 


歌手で延暦寺親善大使の

 


森友嵐士さんも

 


参列されました。

 


また、法要では

 


7月に発生した豪雨被害の

 


犠牲者並びに被災地の早期復興と

 


新型コロナウイルス感染症の

 


早期終息も併せて祈願されました。

 

 

author:しょうぐうさん, category:-, 00:00
comments(0), -, -
Comment