RSS | ATOM | SEARCH
第31回 比叡の大護摩

 

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

毎年、

 


3月13日は、

 


西塔・峰道広場の伝教大師大尊像前で、

 


「不滅の法灯」から分灯しました

 


火種をもとに、

 


「世界平和・除災招福」

 


祈願するという大規模な護摩、

 


特別修法「比叡の大護摩」

 


行われています!

 

 


今年は

 


世界規模で被害が深刻な

 


新型コロナウイルスの影響を考慮し、

 


延暦寺一山の回峰行者のみの

 


出仕となりました。

 


参拝者に関しては、

 


希望者のみ参列し、

 


事態終息を祈っていました。

 

 

 

「比叡の大護摩」

 


今年で31回目となります。

 


午前10時〜14時までの間、

 


6つの座に分けて法要を行います。

 


座と座の間には終日、

 


行者が交代で皆さまから寄せられました

 


心願成就を祈り、

 


添え護摩という

 


護摩木の修法(供養)を

 


不断で続けます。

 

各座には導師(どうし)という

 


主たる修法をする僧侶がおります。

 


千日回峰行を終えた

 


大行満大阿闍梨
(だいぎょうまんだいあじゃり
 =千日回峰行を修めた行者に
  のみ許された尊称)

 


4名

 


また午前・午後各1座ずつには、

 


森川宏映天台座主猊下の名代として

 


大樹孝啓探題大僧正並びに


叡南覚範探題大僧正

 


それぞれご出座となりました!

 

 

 

修法では、

 


全国各地から寄せられた

 


護摩木(約10万本)

 


祭壇中央に設けた炉を

 


佛さまの口に見立て、

 


その中に護摩木を投じて


火を燃やし、

 


供物を投じて、本尊を供養し、

 


災いを除き、悪を屈服させる

 


とともに人々に

 


幸福をもたらしめることを

 


一心に祈願します!

 

 

 

「比叡の大護摩」は

 


平成2年より

 


毎年行われてますので、

 


皆さまもお参りください!

 

 

年末から

 


新型コロナウイルスが

 


深刻な事態を招いています。

 


一刻も早い事態の終息を

 


お祈りいたします。

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:-, 13:05
comments(0), -, -
Comment