RSS | ATOM | SEARCH
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

スタディーツアー報告そのイ任后

 


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーはこちら<<
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーい呂海舛蕁磧
 

 

チュンポーンでの研修日程最終日。

 

 

朝の体操や掃除を済ませ、

 


飼育している家畜にもエサをやり、

 

 

午前の作業が始まります。

 

 

施設の敷地内に、

 

 

深さ30センチほどの穴を掘り、

 

 

高さ1メートルほどのドリアンの苗木を植えました。

 

 

この苗木が実をつけるのは数年後。

 

 

研修生たちは、

 

 

「この実が収穫できるのが楽しみだね」

 

 

と言っていました。

 

 

作業の合間には休憩もかねてゲームもしました。

 

 

椅子取りゲーム。

 

 

簡単なゲームなだけに、

 

 

みんな熱が入って大盛り上がり!

 

 

真剣になりすぎて、

 

 

椅子が壊れてしまいました!!

 

 

続いては記念品にもなる小物作りです。

 

 

前日のTシャツ作りに続いて、

 

 

今日はアブラヤシの実を使ったキーホルダー作りに取り組みました。

 

 

いろいろな形をしたアブラヤシの実の中から、

 

 

自分の気に入ったものを選び、

 

 

思い思いの色を使って絵付けをしました。

 

 

身振り手振りを交え、

 

 

思い出に残る一品を仕上げました。

 

 

昼食の後、

 

 

日本とタイの青少年による交流会と閉講式。

 

 

4つのグループに分かれ、

 

 

自分たちの夢、

 

 

お互いに聞きたいこと、

 

 

今回の研修で感じたことなど、

 

 

自由に意見交換をしました。

 

 

長いと思っていた研修期間も終わります。

 

 

お別れはやっぱり寂しいもの。

 

 

大きな輪になって、

 

 

みんなで手をつなぎ、

 

 

『上を向いて歩こう』を合唱。

 

 

名残惜しくチュンポーンの施設をあとにしました。

 

 

明日はバンコクでの研修があります。

 

 

>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/509