RSS | ATOM | SEARCH
「門前シリーズァ廖 崟抄技」と「石積のぱん」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第5弾、


「門前シリーズァ


「西教寺」と「石積のぱん」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、天台真盛宗総本山「西教寺」と

「石積みのぱん」をご紹介します。

 

天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)

総本山「西教寺」は聖徳太子が恩師である

高麗の僧慧慈(えじ)、慧聡(えそう)の

ために創建されたと伝えられています。


その後百有余年を経た文明18年(1486)に

真盛上人(しんせいしょうにん)が

入寺されるに至り、堂塔と教法を再興、

不断念仏の道場とされました。


以来全国に約四百余りの末寺を有する

総本山となりました。

 

本堂(重要文化財、江戸時代)は、

総欅(けやき)入母屋造。

 

江戸時代 紀州徳川家からの寄進、

正面の欄間(十六羅漢)や須弥壇は

すべて欅の素木造で江戸初期の特色を

表す豪華な装飾が施されています。

 

秋にはライトアップされて、紅葉した

もみじをより鮮やかに見る事が出来ます。

 

坂本の門前町にある創業大正12年の

「西洋軒」は、出来るだけ地元の材料を

使って美味しいパンを作っています。

 

そして、「西洋軒」には、比叡山延暦寺と

坂本で受け継がれる穴太衆の石積みを

パンにした、「石積みのパン」を

地元名産品として販売しています。


白石にはクルミ、黒石にはレーズンを用いて

石積み独特のゴツゴツ感を表現しました。

 

石積みの箱に入った「石積みのパン」を

お土産に西教寺のもみじのライトアップを

お楽しみください。

 

さらに下部の動画では、今回の道のりや

スポットを詳しくお楽しみいただけます。

 

是非ご覧ください。

 

天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 13:10
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/474