RSS | ATOM | SEARCH
一隅を照らす運動のあゆみ

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 

一隅を照らす運動のホームページで紹介している、

 

この運動の始まりについてご紹介します。

 

=====================

「一隅を照らす運動」が発足したのは昭和44年(1969)6月20日です。

 

ちょうど、大阪万博の開催を目前に、

 

東名高速道路が開通し、

 

マイカー(自家用自動車)が普及しはじめた頃です。

 

当時の日本は高度経済成長の道をひた走り、

 

「消費は美徳、使い捨てが当たり前」

 

という風潮が広がっていました。

 

日常生活には品物があふれ、

 

表面的、物質的には確かに豊かになりました。

 

しかし、目覚ましい科学の進歩や経済成長の代償として

 

人々の心は物欲と自己中心的価値観にとらわれ、

 

「心の豊かさ」を見失っていったのではないでしょうか。

 

このような状況に警鐘を鳴らし、

 

混迷する日本社会において、

 

伝教大師最澄さまのご精神を現代に生かし、

 

「本当の心の豊かさを」と訴えた天台宗は、

 

一隅を照らす運動を積極的に展開しました。

 

日本中に引いては世界中に一隅を照らす人々を育成し、

 

明るい社会(仏国土)を築いていこうという「一隅を照らす運動」のスタートです。

 

※辻説法を行う初代会長の故・今東光師

 

 

初代会長であった故・今東光(僧名=春聴)師を先頭に、

 

心の豊かさとは他人を思いやれる心であり、

 

自利利他の自分に目覚め、

 

人や物に、そして自然に感謝する心の大切さを訴えました。

 

以来、全国に教区本部や支部を組織して、

 

各地での「一隅を照らす運動推進大会」はもとより、

 

会員の研修活動、

 

百万巻写経運動、

 

合掌運動、

 

社会福祉活動、

 

地球救援事業(募金活動や現地派遣)など、

 

様々な実践活動を行ってまいりました。

 

一隅を照らす運動は国内のみにとどまらず、

 

今や地球規模へとその活動の輪は広がっています。

 

現在では、

 

多くの人々が自分を、

 

家庭を、

 

社会を、

 

明るく心豊かにしようと手をつなぎ、

 

一隅を照らす運動に参加しています。

 

平成16年(2004)に発足35周年を迎えましたが、

 

一隅を照らす運動の教えそのものは、

 

その時代の推移によって表現や実践方法が変わることはあっても、

 

人々の幸せのための運動であるという基本理念は決して変わることはありません。

 

※「一隅を照らす運動のあゆみ」より引用
http://ichigu.net/history/index.php
=====================

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/457