RSS | ATOM | SEARCH
一隅フェスティバルin気仙沼 その3

こんにちは!

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

しょうぐうさんです!

 


「一隅フェスティバルin気仙沼」の続きです。


>>その1はコチラ<<
 

 

 


>>その2はコチラ<<
 

 

お客様をお迎えし、


法要、

 

そして

 

太鼓の奉納。


つづいては、

 

お楽しみ会の部です。

 

 

回は、

 

 

落語家お二人と、

 


紙切りお一人に来ていただき、

 


会場を盛り上げていただきました。

 

 

まず一人目は、

 


落語界初のスウェーデン人落語家

 


三遊亭じゅうべえさん。

 


とても上手な日本語で、

 


入門から1年とは思えないような話しぶりでした。

 


これからどんな落語家として活躍されるのか楽しみです。

 


二人目は、

 


紙切り。


林家楽一さん。


静かな語りを交えながら笑いを誘い、

 


会場からのリクエストにこたえ、

 

 

すばらしい作品を完成させていただきました。

 

 

三人目は、

 


蜃気楼龍玉師匠。

 

 

熟練した話術で会場を魅了していました。

 

 

閉会にあたり、

 

 

一隅を照らす運動総本部でお預かりしております地球救援募金から、

 

 

気仙沼市社会福祉協議会へ、

 

 

支援金をお贈りしました。

 

 

ご来場のみなさまからをお見送り。

 

 

「楽しかったよ」

 


という声もいただき、

 


とても嬉しく思いました。


今回のフェスティバルに関わってくださったみな様に、

 

感謝いたします。


>>おわり

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/394