RSS | ATOM | SEARCH
法螺貝作り その1

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

みなさんは「法螺貝」って知ってますか?

 

 

時代劇の合戦のシーンや、

 

 

山伏が山の中で吹いていたりするのを、

 

 

見たことがある人もいるかな。

 

 

大きな貝を、

 


音が鳴るようにする作業を見せてもらったので、

 

 

ご紹介します!

 

 

 

 

山伏が愛用する「法螺貝」は、

 

 

お釈迦さまの説法そのものであるとたとえられます。

 

 

なぜならその音は「獅子吼(ししく)」ともよばれ、

 

 

(・・・獅子がほえて、百獣を恐れさせる威力の意)

 

 

聞くものは煩悩を滅し悟りを得るというのです。

 

 

吹き方には、

 

 

説法・駈相・宿入・宿出・案内・問答・集合・寒行など

 

 

色んな吹き方があるそうです。

 


また、

 

 

金剛界大日如来をあらわす梵字「鑁字」に、

 

 

形が似ていることから、

 


とても大切な法具として扱われます。

 

 

まずは法螺貝の説明でした。

 

 

次回は、

 

 

いよいよ作っている様子をご紹介します!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(1), trackbacks(0), -
Comment
法螺貝の音色は 心の邪気を清め 真の空間に己を捧げる・・・ 奥深い音色です。
麗唱院 霊堂, 2017/06/19 5:09 PM









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/366