RSS | ATOM | SEARCH
北総教区一隅を照らす運動推進大会

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、3月11日に開催された、


北総教区一隅を照らす運動推進大会


行ってきた、報告です。

 

会場は千葉県旭市の東総文化会館

 

約850名の参加者が集まりました。

 


3月11日は、


東日本大震災が起こった日、


ここ、旭市飯岡地区の沿岸部でも、


津波の被害で多くの方が


犠牲になっておられます。

 

 

 

大会では、


はじめに参加者全員で


震災物故者のご冥福を祈り


黙祷が捧げられました。

 

 

 

続いて、


北総教区本部長
弘海高顯(ひろうみこうけん)師


お導師に
法楽が執り行われました。

 

 

 

つぎに、


教区内檀信徒の顕彰式


 

 

続いて


義援金の贈呈式が行われました。


贈呈式では、


旭市の社会福祉協議会並びに、


一隅を照らす運動総本部


目録が贈呈されました。

 

 

 

前半の最後には、


東日本大震災七回忌追悼法要


東榮寺ご住職
玉田法信(たまだほうしん)師


お導師に厳修されました。

 

 

 

休憩を挟み、


記念講演が行われ、


講師に陸奥教区黒石寺ご住職
藤波洋香(ふじなみようこう)師


演題は
「今ある幸せ」


講演の中で、


自身の体験した震災での理不尽さ

そこから気付かされた、

日々の大切さについて語られました。

 

参加者の多くが、

身をもって体験している

東日本大震災

 

いまを生きていることの

すばらしさを実感し、


会場は、

重くもやさしい雰囲気
包まれていました。

 

 

 

後半の最後には、


落語家

三遊亭楽之介師による、


落語
「関取千両幟り」


演じられました。


会場には大きな笑い声が響き、


参加者のみなさん、


笑顔での閉幕となりました。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/332