RSS | ATOM | SEARCH
特別授戒会厳修(岡山)
こんにちは!!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。



11月5日(木)、


岡山県(天台宗岡山教区)で、


「特別授戒会(とくべつじゅかいえ)」が行われました。




天台宗では、


祖師先徳鑽仰大法会(そしせんとくさんごうだいほうえ)という、


記念事業に取り組んでいますが、


その記念事業の一つに「特別授戒会」があります。




>>祖師先徳鑽仰大法会特設ホームページ<<

大法会のサブテーマには、


「山川草木みなほとけ」を掲げています。




私たちは、


生まれながらに持っているかけがえのない御仏との絆を自覚し、


心の力に目覚めることが大切です。


その手がかりが円頓授戒(えんどんじゅかい)です。


授戒会は、


御仏の光を自身の身中に受け入れ、


自己本来の仏性を目覚めさせる儀式とも言えます。



※仏舎利を頂く様子

儀式を終えて、


劇的に何かが変わることはないかもしれません。


でも、


自身を見つめ直すきっかけにはなると思います。



そんな大切な儀式が、


今回は岡山県で行われました。




大勢の方々が受戒され、


厳かな雰囲気の中で進行しました。


特別授戒会は、


平成34年3月まで続く祖師先徳鑽仰大法会の期間中、


いろいろな場所で厳修される予定です。
author:しょうぐうさん, category:大法会, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/204