RSS | ATOM | SEARCH
8月18日は宗祖大師の日
こんにちは。


一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。



今日、8月18日は何の日でしょう。


知っている人はいるかなぁ?



8月18日は、

天台宗を開かれた伝教大師(でんぎょうだいし)のお誕生日です。





伝教大師のお名前は最澄(さいちょう)といいます。


神護景雲(じんごけいうん)元年(767、766年誕生説あり)、


近江国滋賀郡、


琵琶湖西岸の三津(今日の滋賀県坂本)で、


三津首百枝(みつのおびとももえ)の長男としてお生まれになったんだよ。


お坊さんになる前、

幼名を広野(ひろの)といいました。




12歳で近江の国分寺行表(ぎょうひょう)の弟子となり、


宝亀11年(780)に得度、


延暦4年(785)に奈良の東大寺戒壇院で具足戒(250戒)を受け、


国に認められた正式な僧侶となられたのです。


詳しくは、

天台宗公式ホームページを見てくださいね。

>> こちら <<


「一隅を照らす」という言葉は、


伝教大師が著された、

「山家学生式(さんげがくしょうしき)」というものの中にでてきます。

======================

国の宝とは何物(なにもの)ぞ、宝とは道心(どうしん)なり。
道心ある人を名づけて国宝と為(な)す。
故(ゆえ)に古人(こじん)言わく、径寸十枚(けいすんじゅうまい)、是(こ)れ国宝にあらず、一隅(いちぐう)を照(てら)す、此(こ)れ則(すなわ)ち国宝なりと。
古哲(こてつ)また云(い)わく、能(よ)く言いて行うこと能(あた)わざるは国の師なり、能く行いて言うこと能わざるは国の用(ゆう)なり、能く行い能く言うは国の宝なり。
三品(さんぼん)の内(うち)、唯(ただ)言うこと能わず、行うこと能わざるを国の賊(ぞく)と為す。
乃(すなわ)ち道心あるの仏子(ぶっし)、西には菩薩(ぼさつ)と称し、東には君子(くんし)と号す。
悪事(あくじ)を己(おのれ)に向(むか)え、好事(こうじ)を他に与え、己(おのれ)を忘れて他を利(り)するは、慈悲(じひ)の極(きわ)みなり。

======================


毎年8月17日と18日には、


滋賀県大津市坂本にある生源寺(しょうげんじ)では、


伝教大師のお誕生会(たんじょうえ)が行われます。


平成28年(2016年)には、

伝教大師ご生誕一千二百五十年を迎えます。

今日、8月18日はそんな日です。
author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
Comment









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/184