RSS | ATOM | SEARCH
6月4日は伝教大師のご命日
こんにちは
 
一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。

もうすぐ6月4日です。

今日は伝教大師について

少しお話するね。



《伝教大師 御廟》

伝教大師は

822(弘仁13)年6月4日に

お亡くなりになったんだ。



伝教大師は大乗戒壇という

当時は奈良の東大寺の他に2カ所

日本には合計で3カ所にしかなかったものの建立を切望していました。

これは国が認めないと建てることができないものなんだよ。

でも、伝教大師の存命中には認められなくて、

死後一週間たって戒壇建立の許しが伝えられました。


伝教大師の念願がかなえられた翌年、

残された弟子たちが一周忌の6月4日に法要を行いました。

これが今に伝わる長講会(ちょうごうえ)で、論義法要です。

その廟供や法儀なども慈覚大師円仁によって整備されたものだといいます。



《浄土院拝殿》

この日、御廟正面の扉が開かれて、いろいろな供物が霊前に献じられます。


長講会に出仕するのは、天台座主以下、門跡寺院や大寺の高僧ら約二十名


また、この日にはその年の

戸津説法

の説法師が指名されます。


戸津説法は、

伝教大師が琵琶湖の戸津浜で

法華経を民衆に広めたことにちなんで、

大津市下坂本の東南寺で8月21日から25日まで営まれ、

これを終えたお坊さんは、

のちのち天台座主へと進まれるので、

「天台座主への登竜門」

なんていわれているんだよ。


今年の戸津説法の説法師さんはどんなお坊さんなのかな。
author:しょうぐうさん, category:延暦寺, 09:30
comments(1), trackbacks(0), -
Comment
質問です。
東大寺他、天下の三戒壇といわれるところで受けられたのは大乗戒だったのですか?
それならなぜ改めて比叡山に建立を切望されたのでしょう?
文章が不適切だと思います。
774, 2015/09/03 3:29 PM









Trackback
url: http://shougu.ichigu.net/trackback/160