RSS | ATOM | SEARCH
ボランティア活動レポート カンボジア

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 


10月5日のブログ


「ボランティア活動の報告が届きました」
 


で、2017年に実施したスタディーツアー参加者の、
 


ボランティア活動レポートを紹介しました。

 

 

今回、

 


同じく2017年にスタディーツアーに参加した方から、

 


自身の現状レポートをもらいましたので、

 


ご紹介します。


================


高校2年生の時に行ったスタディーツアーで、

 


タイの貧困層の過酷な生活を目の当たりにした一方で、

 


純粋で豊かな心を持った

 


きらきらとした笑顔の子ども達と

 


共に過ごした日々が忘れられず、

 


「少しでも状況を変える手助けがしたい」

 


という思いで今年の8月に

 


約3週間ボランティアでカンボジアに行きました。

 

 

 

 

カンボジアは都市部と田舎で生活や

 


教育が大きく異なっており、

 


田舎の小学校には電気が無く、

 


ゴミが散乱していたり、

 


雨が降ると川が氾濫し学校に行けなかったり、

 


教員も少ないため、

 


体育や音楽、

 


美術などの副教科はありませんでした。

 

 

 

 

そこで私は小学校に訪問し、

 


物質支援に加え、

 


子ども達と石けん作りをし、

 

 


手洗いの習慣づけやゴミ拾い、

 


日本の小学生との絵手紙交換、

 


皆で歌を歌ったり、

 


運動会を開催したりしました。

 

 


言葉が通じないので

 


細部のコミュニケーションを取るのは難しいけれど、

 


表情や声のテンション、

 


行動だけで相手の気持ちは十分理解でき、

 


子ども達にも私の気持ちが

 


伝わっているような気がしました。

 

 


何よりも人なつっこい純粋な子ども達との

 


交流は言葉の壁を感じさせないくらい楽しかったです。

 


今このような活動ができているのは

 


タイのスタディーツアーが

 


私の可能性を広げてくれたおかげです。

 

 

スタディーツアー2017参加者 M.I

 

 

 

================


スタディーツアーに参加した学生達が、


自発的に行動をおこしていることに、


大きな喜びを感じます。

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
ボランティア活動の報告が届きました

こんにちは!

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

しょうぐうさんです。

 

2017年に行った一隅を照らす運動スタディーツアーに参加した高校生が、
 

 

台風15号で大きな被害を受けた千葉県に、

 


ボランティア活動に参加したという報告を送ってくれました。

 


以下、報告文引用


==========================================

きっかけはニュースの報道でした。

 

 

 

屋根が壊れてしまうほど大きな災害が

 

 

 

千葉県で起きたことを知り、

 

 

 

隣の県に住んでいるのにもかかわらず

 

 

 

他人事で終わらせてしまっても

 

良いのか、

 

 

 

という思いから

 

 

ボランティアに行くことを決意しました。

 

 

 

1日目は富津市で瓦礫除去や

 

 

 

倒木の処理など

 

 

 

ボランティアセンターでマッチング、

 

 

活動をしました。

 

 

 

千葉県での沢山の人との出会いが

 

 

私の2日間の活動を

 

 

とても濃い経験にしてくれました。

 

 

 

ボランティアは

 

 

できることとできないことがあるため

 

 

 

できないことはできないと

 

 

はっきり言わなければいけない

 

ということ。

 

 

 

もしできない仕事がある場合、

 

 

 

他に出来ることを

 

 

家主さんと相談してやること。

 

 

 

このようなボランティアの姿勢の

 

 

見解を深めることができました。

 

 

 

 

出会った2人の方が

 

 

次の日も農家で

 

お手伝いすることを聞き、

 

 

私も一緒に八街市の

 

 

内藤さんという方の

 

農場へ行きました。

 

 

 

特にトマト畑の被害が大きく

 

 

ビニールハウスは損壊し、

 

 

犠牲になったトマトが

 

ほとんどでした。

 


内藤さんが

 

愛情と時間と労力をかけて作った

 

 

トマトの悲惨な状況を見て

 

胸が痛みました。

 

 

 

食べ物のありがたみを

 

痛切に感じました。

 

 

 

内藤さんはキャベツ、落花生、ナス、

 

 

 

オクラ、ブドウ、スイカ、、、

 

 

 

沢山のものを

 

奥さんと2人3脚で作っているのです。

 

 

ビニールハウスを解体し、

 

いちからトマトを作るという

 

 

マイナスからのスタートです。

 

 

このような状況がニュースでは

 

 

報道されない裏であるのです。

 

 

 

千葉県の状況が

 

 

ニュースで報道されていても

 

 

 

八街市のことは

 

あまり知られていません。

 

 

この状況を

 

 

1人でも多くの人に知って欲しいです。

 

 

 

千葉県は復旧が進んでいますが、

 

 

明らかに人手が少ないです。

 

 

 

私も

 

 

また富津市と八街市に行きますが、

 

 

 

ボランティアに行く人が

 

 

もっと増えたら嬉しいです。

 

 

 

高校生の私が出来ることは

 

 

小さなことでしかないかもしれません

 

 

 

少しでも力になりたいと思いを

 

 

ここに文章で

 

書かせていただきました。

 

 

 

一緒にボランティアに行きませんか。

 

 

報告者 一隅を照らす運動スタディーツアー2017参加者 H・U

 

※本人の許可を得て掲載させていただきました。
==========================================

スタディーツアーに参加した学生が、

 


自発的にこのような活動に取り組む。

 


自発的に行動を起こす心を養ってくれたことに、

 


大きなうれしさを感じました。

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
インドの青少年が来日

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです

 

 

一隅を照らす運動では、

 


運動発足50周年の記念事業として、

 

 

長年にわたり教育支援を継続している

 


パンニャ・メッタ協会(インド)が運営する
 

 

「パンニャ・メッタ子供の家」

 


ドゥアン・プラティープ財団(タイ)が運営する
 

 

ニューライフプロジェクト「生き直しの学校」

 


から青少年を日本に招待するスタディーツアーを開催します。

 


その行事に参加するため、

 


インドから子ども達が来日しました。

 


一隅を照らす運動が主催するスタディーツアーは、

 


8月3日からになりますが

 


それ以外の期間は、

 


パンニャ・メッタ協会日本委員会が独自日程を組んでいます。

 


来日にあたり、

 

 

7月18日に、

 

 

 

一隅を照らす運動総本部のある天台宗務庁へも

 

 

ご挨拶にお越しになりました。

 


今回の訪日を通じて、

 


それぞれがかけがえのない経験を得て、


これからの糧にしてもらいたいと思います。

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 15:01
comments(0), trackbacks(0), -
ラオス学校建設支援

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、


ラオスにおける


支援活動報告です。

 

 

一隅を照らす運動


「地球救援事務局」では、


国内外で様々な支援


行っています。

 

 

その中のひとつに、


ラオス学校建設の支援があり、


今回27校目となる


小学校が完成しました。

 

 

建設の支援にあたっては、


仏教救援センター(BAC)


展開する学校建設事業


連携して行われています。

 

 

 

 

9月27日


ラオス現地

 


チェンカン村にて


小学校校舎


落慶・引渡式があり

 


一隅を照らす運動


森定慈仁総本部長


出席しました。

 

 

式典では、


チェンカン小学校々長

 


校舎の鍵贈呈


支援者たちからは、


子どもたち


文具玩具

 


プレゼントされました。

 


最後にチェンカン村がある


チャンパサック県プウントン郡


副教育長シーサワット氏から


森定総本部長


感謝状が贈呈されて

 


式典は無事に終了しました。

 

 

 

新しい学校で、


楽しく元気


学んでくれるよう


願っています。

 

 

 

 

世界には勉強したくても


様々な事情でできない


子どもたちがたくさんいます。

 


私たちには小さなことしか


できないかもしれませんが、


その積み重ね


大きな花を咲かせる


一助となると信じています。

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
ピクルスデリバリープロジェクト

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、岡山県にて


西日本豪雨災害後に行われた、


被災者支援の様子を

 

ご報告します。

 

 

支援の内容は、


炊き出しボランティア

 

『ピクルスデリバリープロジェクト』

 


「避難所での配給食と支援物資の


食材だけでは栄養不足は否めず、


体調を崩す方がでるのは時間の問題、


何とか野菜を食べてもらいたい」


との想いから発案されました。


ですが、炊き出しでの食事提供は、


加熱処理義務づけられています。

 


そこで


「野菜ピクルス」が選ばれました。


(数分間加熱処理した


 カット野菜の酢漬け・塩漬け)


冷やして食べればさっぱりと


美味しく抗菌・耐菌性があり、


塩分補給にもなります。

 

 

この支援は、RNN


(人道援助宗教NGOネットワーク)


主となって、支援者を募集し、


実施された支援活動です。

 

※支援内容はRNNのHPより抜粋

 

>>RNNホームページ<<

 

 

 

今回、支援に協力される方


いらっしゃいましたので、


しょうぐうさん同行してきました。

 

 

調理数約1000個強


ピクルス大変好評


心待ちにされています。

 

 

支援者は、


毎回20〜30名程度

 


関係者以外にはニュース


新聞記事SNS口コミ等


知って参加された方たちです。

 


ほとんど岡山市内の方でしたが


県外からも来られており、


びっくりしました。

 

 

まずは、


支援者からの食材提供

 


 

新鮮なお野菜です。

 

 

続いて、調理作業です。


一口大に切り分け湯通し

 


 

ピクルス液に漬け込んだあと、

 


カップに詰めて出来上がり

 


彩りが良くって


明るい気持ちにもなりますね♪

 

 

たくさん出来ました。


あとは、専用の保冷車

 


皆さんお手元にお届けです。

 


少しでも皆さん


元気になってくれますように

 


お祈り申し上げます。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
ドゥアン・プラティープ財団設立40周年記念式典

 

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

一隅を照らす運動総本部では、

 


地球救援事業の一環として、

 


教育里親支援にも取り組んでいます。

 

 

 

今回は、 

 


その支援先の一つ、

 


タイのドゥアン・プラティープ財団

 


設立40周年記念式典

 


行ってきました報告です!

 

 

 

ドゥアン・プラティープ財団は、

 


タイのスラムで暮らす人々の救済を

 


目的に設立された組織で、

 


教育から社会福祉、健康促進、

 


人材育成など

 


幅広いプロジェクト活動を

 


展開しています。

 

 

 

まず、

 


8月26日

 


ドゥアン・プラティープ財団事務所にて

 


本年11月に行う、

 


宗門校の高校生が参加する

 


「スタディーツアー」についてと

 


来年度発足50周年を迎える

 


一隅を照らす運動総本部の企画に

 


つきまして、

 


ドゥアン・プラティープ財団創設者

 


であります

 


プラティープ・ウンソンタム・秦氏

 


プラティープ財団事務所のスタッフを

 


交えて打ち合わせを行いました。

 

 

 

 

8月27日には、

 


プラティープ財団事務所の

 


隣にあります

 


プラティープ財団幼稚園にて

 


設立40周年記念式典

 


行われました。

 

 

 


式典には多くの人が

 


参加していました!

 

 

式典では、

 


はじめにタイ王室ウボンラット王女


お出迎えしました!

 


その後、同財団副理事長

 


ミンポン・ウンソンタム氏より

 


「40周年誌」のご進呈、

 


同財団創設者であり事務局長でもある

 


プラティープ・ウンソンタム・秦氏

 


より式典の主旨についての

 


報告がありました。

 


次にドゥアン・プラティープ財団幼稚園

 

 

通う園児たちによる

 


踊りが披露されました。

 


みんな可愛らしく頑張って

 


踊っていましたよ!

 


最後にウボンラット王女より

 


クロントイスラムの教育・福祉向上に

 


長年貢献・支援してきた人や組織等に

 


表彰がありました。

 


一隅を照らす運動総本部にも表彰があり、

 


森定慈仁一隅を照らす運動総本部長

 


感謝状が授与されました。

 

 

 

今年で40周年という

 


節目を迎えましたが、

 


これからの活動も

 


頑張ってください!

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 13:22
comments(0), trackbacks(0), -
平成30年7月西日本豪雨災害支援活動

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 


8月13日のブログでもご紹介した、

 


「岡山災害支援活動」につづき、
 


8月21日、22日、27日にも、

 

 

広島県坂町

 


呉市安浦町

 


倉敷市真備町において

 

 

兵庫県の有志僧侶延べ12人が支援活動に取り組みました。

 

 

現地の状況ですが、

 


参加した有志僧侶の感想として、

 

 

「広島県は、

 

 

総じて土石流の影響か大量の土砂が流れ込んだ地域がまたまだ多数あり、

 

 

まだ当分泥の掻き出しなど肉体労働支援活動が必要とされています。

 

 


倉敷市でも浸水した家の床剥がしや、

 

 

家財道具の運び出しなどやはり手助けをまだまだ必要としています。

 

 

 

派遣された家によって多少の差があるので一概には言いにくいのですが、

 

 

岡山県は洪水による水害、

 

 

広島県は土石流による土砂災害という違いがあるように感じました。」

 

 

とのことです。

 

大雨から約2ヶ月。

 

 

まだまだ復旧には時間と労力が必要な様子です。

 

 

この報告以外にも、

 

 

総本部にいただいた活動報告は順次ご紹介させていただきます。

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 09:30
comments(0), trackbacks(0), -
岡山災害支援活動

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです!

 

 


今回は、

 


「平成30年7月豪雨」にて

 


被災されました

 


岡山県岡山市東区

 


倉敷市真備市での

 


水害の復興支援活動

 


報告です。

 

 


7月23日、26日

 


2日間、

 


滋賀・兵庫教区僧侶

 


7名にて活動しました。

 


活動内容は、

 


泥の掻きだし、

 

 


家財道具の移動

 


使えなくなった物や

 


瓦礫を収集場所まで

 


運搬するなどでした。

 


活動時間は

 


連日の猛暑のため、

 


ニュース等で報道がありました通り

 


熱中症対策として

 


20分働き10分休憩

 


14時には活動終了という状況であり、

 


復興作業がなかなか捗らない歯がゆさが

 


感じられました。

 


社会福祉協議会は

 


ボランティアの体調を

 


非常に心配しているのは

 


言うまでもありませんが、

 


ボランティアにきた方が

 


熱中症で倒れると

 


報道の対象となり、

 


結果的にボランティアに

 


参加する人が減少し、

 


復興作業が遅れてしまう

 


ということも

 


危惧しているようです。

 


今現在は

 


地域によって差はありますが、

 


徐々に泥掻きという肉体労働から

 


泥の洗浄など細々した仕事へと

 


変わってきています。

 


これから被災地にて

 


ボランティア活動を考えられている方は

 


入念な準備・対策をし

 


ご参加ください!

 


災害に際して救援、

 


被災地復旧のために

 


尽力されている方々の安全と、

 


一日も早い復旧を

 


祈念いたします。

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
NHK Eテレで!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


3月26日のブログで、
 


一隅を照らす運動では、

 

 

地球救援事業の一つとして、

 

 

教育里親支援を行っていることをご紹介しました。
 


支援先の一つ、

 

ドゥアン・プラティープ財団から、
 


日本のテレビ番組で、

 

 

活動の拠点でもあるクロントイスラムが取り上げられるとの連絡がありました。

 

 

 

期日:平成30年3月31日(土)

 

時間:22時

 

番組:HNK Eテレ 「みんなの2020〜ふれふれ〜バンバンジャパーン!」

 

 

番組の一部ではあるようですが、

 

 

多くの方々にご覧いただきたいとのことですので、

 

 

是非ごらんください。

 

 

一隅を照らす運動が取り組んでいる「教育里親支援」については、

 

 

ホームページでもご案内しております。

 

 

併せてご一読いただければと思います。

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
教育里親協力を記事に

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


一隅を照らす運動では、

 

 

地球救援事業の一つに、

 

 

教育里親支援を行っています。
 

 

奨学金や福祉施設への寄付に協力させていただいています。

 

 

そんな活動にご協力いただいている方からお手紙をいただきました。

 


ご自身の教育里親協力のことを地元の新聞に投稿したところ、

 

 

記事として掲載されたとのことです。

 

岡山県の山陽新聞

 

 

記事のコピーを同封いただきましたので、

 


お許しをいただきご紹介します。

 


全国からお寄せいただく協力金。

 

 

こんなにあたたかい心を持って、

 


「一隅を照らす」という精神を体現していただいていることに、

 

 

敬意を表します。

 


その他、

 


大勢の協力者のみなさまにも厚く御礼申し上げます。

 

 

教育里親制度の支援先の一つ、

 

 

タイのドゥアン・プラティープ財団の施設、

 

 

「生き直しの学校」チュンポーン校へは、

 

 

近年、

 

 

日本の高校生を伴って、

 

 

スタディーツアーも実施しています。

 

 

その様子を動画でもご紹介していますので、

 

 

是非、ご覧ください。

 

平成29年度実施 スタディーツアー

 

平成28年度実施 スタディーツアー

 

 

動画コンテンツ「一隅チャンネル」

↓↓↓↓↓↓↓↓

>>一隅チャンネル<<

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -