RSS | ATOM | SEARCH
天台・京都百景 三十三間堂 〜後白河天皇の頭痛平癒〜

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

「一隅を照らす運動」の取り組みを動画で紹介するコンテンツ

 

 

『一隅チャンネル』

 

 

 

そのコンテンツに、

 

 

「一隅を照らす 天台・京都百景」

 

 

があります。

 

 

今回、

 

 

シリーズ第3作目を公開いたしました。

 

 

 

「三十三間堂 〜後白河天皇の頭痛平癒〜」と題して、

 

 

 

京都府にある三十三間堂をご紹介しています。

 

 

 

 

ぜひご覧ください。

author:しょうぐうさん, category:総本部, 10:00
comments(0), trackbacks(0), -
富士山登頂♪

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、


富士山登ってきましたので


その様子をご報告します。

 

 

富士山標高3776


日本でもっとも高い山です。

 

 

2013年ユネスコによって


世界文化遺産登録されたことは、


記憶に新しいのではないでしょうか。

 

 

登山者数は、


28万人(H29開山期間の計測)!!

 

 

登山ルート


それぞれ標高は違いますが


5合目登山口になっています。

 

 

登山時間ルートで違い


おおよそ5〜7時間(休憩含まず)で


山頂到着します。

 

 

富士山中腹では、


原生林が広がります。

 


コケむした風景


眺めながら一休み

 

 

森林限界標高を越えると、


ゴツゴツした岩が目立ちはじめ、


富士山火山であることを


実感できます。

 

 

いよいよ山頂到着です。

 


山頂からの景色はまさに絶景

 


雲海眼下に広がります。

 

 

最後に、


6合目からですが、


ご来光を皆さんにお届けします。

 

 

 

今年は、


すでに閉山しましたが、


「富士山に登ってみたい」


とお考えの方!


体力持ち物ともに


十分に準備して


楽しい登山になるよう


気を付けてくださいね♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズА廖 嵶П 廚函岼わ詬餅」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第7弾、


「門前シリーズА


「律院」と「阿闍梨餅」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

京阪「坂本駅」から、日吉大社の表参道を
「ケーブル坂本駅」の方へ向かうと、
右手に穴太衆積(あのうしゅうずみ)の
石垣が見えてきます。

 

この見事な石垣の壁に囲まれているのが
「律院」の山門です。

 

元々は比叡山横川の総里坊であった
松禅院があった場所で、明治以降、
荒廃していたこの地に昭和24年、
戦後初の千日回峰行者、
叡南祖賢(えなみそけん)師が再興しました。

 

秀吉の側室、淀殿が早世した鶴松の
菩提(ぼだい)を弔って建てた、
貴重な桃山時代の建造物です。

 

律院中興の祖ともいうべき叡南祖賢師の像は
本堂の脇に建てられ、その横には
「祖師堂」(そしどう)が建立されています。

 

毎日定刻に、三代目現住職、
叡南俊照(えなみしゅんしょう)大阿闍梨に
よって護摩供が勤められます。

 

満行までに7年を要する壮絶な苦行
「千日回峰行」、その苦行を達成した
叡南俊照大阿闍梨は多くの人々から
崇められています。

 

さて、この「阿闍梨」にちなんで命名された
「阿闍梨餅」という和菓子を、
ご存知でしょうか?

 

大正12年、京菓子司「満月」の
二代目店主が考案し、発売しました。

 

その形は阿闍梨が被る網代笠(あじろがさ)を
かたどったもので、厳しい修行中に
餅を食べて、飢えを凌いだことにちなんで
考案されたとか。

 

丹波大納言の粒あんを、さまざまな素材で
練り合わせた餅生地で包んだ半生菓子。

 

しっとりとした皮と自家製あんによる
絶妙な食感と、口の中でほどよく溶け合う
上品な味わいを是非ご堪能ください。

 

「阿闍梨」の名にあやかったこの餅は、
今なお多くの人々に愛されています・・・

 

さらに下部の動画では、今回の道のりや
スポットを詳しくお楽しみいただけます。


是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
全国餃子祭り

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、


9月15日〜17日


開催された


「全国餃子祭り」


の様子をお伝えします。

 

 

 

場所は愛知県長久手市にある

 


モリコロパーク


(愛・地球博記念公園)

 


2005年


愛・地球博が開催された場所です。

 

 

案内に従って進んでいくと

 


愛・地球博公式キャラクター

 


が(かな?)お出迎え。

 

 

会場には全国から


20数店餃子屋さんが♪

 

 

 

たくさんの方々が来場して

 


盛り上がっていました。

 

 

あとで調べたら、


3日間4万2千人を超える


来場者があったそうです。

 

 

最後に


太田胃散のキャラクター


「おおたいにゃん♪」にも

 


ごあいさつ。

 

 

みなさんも食べ過ぎには


注意しましょうね♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズΑ廖 嵬樹院」と「廣栄堂寿延」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第6弾、


「門前シリーズΑ


「薬樹院」と「廣栄堂寿延」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、太閤秀吉ゆかりの見事な桜のある
「薬樹院」と「廣栄堂寿延」を
ご紹介します。


比叡山門前、桜が美しく咲き誇る
坂本のまちでは、この春の季節、
湖国三大祭のひとつ、
「日吉大社 山王祭」が行われます。


1200年以上を有する、山王祭の中で
最も勇壮な神事「宵宮落とし」は、
神様の陣痛を表すとも言われ、
4基の神輿を一斉に揺さぶる
「神輿振り」は圧巻です。


この山王祭が行われる日吉大社から坂本駅へ
少し歩いたところにあるのが、
最澄生誕の地と言われ、延暦寺の中でも
特別な霊地として崇められている「生源寺」。


そのすぐそばにあるのが「薬樹院」です。


豊臣秀吉の侍医だった全宗が
住んでいたところで、
注目は庭園の東側にある「太閤桜」と
呼ばれる「シダレザクラ」です。


「薬樹院」を後に、門前を歩けば、延暦寺や
日吉大社の御用達のお店としても知られる
和菓子処「廣栄堂寿延」があります。


春限定の「桜餅」や、名物の「そば饅頭」を
はじめ、さまざまな和菓子が並びます。


中でも、名菓「叡山菊」には比叡山延暦寺
との歴史あるつながりを感じます。


さらに下部の動画では、今回の道のりや
スポットを詳しくお楽しみいただけます。


是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
大蔵山 杉本寺へ

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

残暑厳しい毎日ですね。

 

 

 

今日は、天台宗神奈川教区の

 

 

神奈川県鎌倉市にあります

 


鎌倉最古の寺とされている

 


杉本寺にやってきました。

 

 

鎌倉三十三観音霊場でも

 


坂東三十三観音霊場でも

 


第1番札所です。

 

 

 

 

山門から見上げる

 

 

鎌倉石の苔の石段が、美しく

 

 

たいへん風情があります。

 

 

 

杉本寺は、734年の春、


光明皇后の御願により大臣藤原房前と


僧行基によって建立されました。

 

 

ご本尊の三体の十一面観音像は、いずれも


鎌倉幕府以前に作られ、

 


行基菩薩・慈覚大師・恵心僧都という


高僧による作です。

 

 

三体の十一面観音像は、本堂の内陣に秘仏


として安置されています。

 


 

堂内の外陣には、

 


運慶作の源頼朝が寄進したとされる

 

十一面観音像

 


いくつかの仏像が安置されており、

 


その一つ一つの仏様の前に座り、

 

 

ゆっくり拝観することができます。

 

 

杉本寺は都心の雑踏から少し離れた場所にあり、

 


ゆ〜っくりとした穏やかな時間が流れ、

 

 

時折り吹く優しい風

 

 

たいへん癒されます。

 

 

杉本寺ならではの素晴らしい

 


貴重な体験をさせていただきました。

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
梅干しづくりをお手伝い♪

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

先日、


梅干し作り


お手伝いをしてきました。

 

 

梅干しは、


古来より食されてきた食品


保存食としても有名ですね。

 

 

その味は、酸味があり、


食べれば思わず顔を


しかめることもしばしば。

 

 

梅干しには、


疲労回復


殺菌効果があると言われており、


熱中症予防にも期待されています。

 

 

とあるお寺の境内


たくさん梅の果実が採れ、


梅干しを作られるとのことで


梅の土用干しをお手伝いです。

 

 

土用とは、


7月20日頃から


8月7日立秋前日までの期間、


晴天が続きやすい時期。

 

 

こうやって


塩漬けにした梅漬け


三日三晩天日干しすれば、


梅干しの出来上がりです。

 

 

ん〜


見ているだけで


不思議


お口の中が唾液でいっぱいに・・・

 

 

おいしそうですね♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「一隅を照らす運動」の看板が!!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


一隅を照らす運動を推進するにあたり、

 

 

全国の天台宗寺院はこの運動の支部

 

 

各地方には地方本部としての教区本部があり、

 

 

滋賀県大津市坂本にある天台宗務庁の中に、

 

 

「一隅を照らす運動総本部」があります。

 

 

天台宗務庁の正面玄関には、

 

 

『一隅を照らす運動総本部』の看板が掛かっていますが、

 

 

先般の庁舎補修工事に併せて、

 

 

看板も綺麗になりました!

 


この看板は、

 

 

京都・妙法院門跡のご住職であり、

 

 

第3代目の一隅を照らす運動会長であった、

 

 

故杉谷義周師の筆によるものです。

 

 

 

杉谷師は、

 

 

昭和51年3月3日から昭和57年12月8日まで、

 

 

この運動の会長をお務めになりました。

 

 

会長在任中に檜の一枚板に墨書きでされていた看板は、

 

 

30年を超える歳月を重ね、

 

 

若干の傷みと、

 

 

汚れが目立ってきていました。

 


今回、

 

 

庁舎の補修工事に併せて、

 

 

これからも永く遺っていくように調えられました。

 

 

2019年には運動発足50周年を迎えます。

 

 

この看板とともに、

 

 

運動がますます活発になり、

 

 

賛同いただく皆様がいよいよ輝くことができるよう、

 

 

総本部は努力してまいります。

 

 

今後ともご協力をよろしくお願いいたします!

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズァ廖 崟抄技」と「石積のぱん」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第5弾、


「門前シリーズァ


「西教寺」と「石積のぱん」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、天台真盛宗総本山「西教寺」と

「石積みのぱん」をご紹介します。

 

天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)

総本山「西教寺」は聖徳太子が恩師である

高麗の僧慧慈(えじ)、慧聡(えそう)の

ために創建されたと伝えられています。


その後百有余年を経た文明18年(1486)に

真盛上人(しんせいしょうにん)が

入寺されるに至り、堂塔と教法を再興、

不断念仏の道場とされました。


以来全国に約四百余りの末寺を有する

総本山となりました。

 

本堂(重要文化財、江戸時代)は、

総欅(けやき)入母屋造。

 

江戸時代 紀州徳川家からの寄進、

正面の欄間(十六羅漢)や須弥壇は

すべて欅の素木造で江戸初期の特色を

表す豪華な装飾が施されています。

 

秋にはライトアップされて、紅葉した

もみじをより鮮やかに見る事が出来ます。

 

坂本の門前町にある創業大正12年の

「西洋軒」は、出来るだけ地元の材料を

使って美味しいパンを作っています。

 

そして、「西洋軒」には、比叡山延暦寺と

坂本で受け継がれる穴太衆の石積みを

パンにした、「石積みのパン」を

地元名産品として販売しています。


白石にはクルミ、黒石にはレーズンを用いて

石積み独特のゴツゴツ感を表現しました。

 

石積みの箱に入った「石積みのパン」を

お土産に西教寺のもみじのライトアップを

お楽しみください。

 

さらに下部の動画では、今回の道のりや

スポットを詳しくお楽しみいただけます。

 

是非ご覧ください。

 

天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 13:10
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズぁ廖仝佚貉飴魁峩盥篶愡」と穴太衆

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第4弾、


「門前シリーズぁ


湖東三山「金剛輪寺」と穴太衆という


動画をご紹介します!



 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================
今回は、湖東三山「金剛輪寺」と
日本の石垣のルーツと言われる
穴太衆”石積み”をご紹介します。


穴太衆と坂本、比叡山延暦寺とは
深いつながりが有ります。


そのつながりを、湖東三山「金剛輪寺」にも
見る事が出来ます。


金剛輪寺は、奈良時代の中頃、
天平13年(741)に聖武天皇の勅願で
行基菩薩によって開山されました。


三重塔(鎌倉時代)および
二天門(室町時代)も国指定重要文化財で、
桃山時代から江戸時代の中期にかけて
造られた本坊明壽院の庭園は
近江路随一ともいわれ、
国の名勝に指定されています。


そして、この石畳と石垣は、
穴太衆が作りました。


比叡山延暦寺とも深い関係があって、
野面積み(のづらづみ)石垣の
ルーツと言われています。


比叡山延暦寺の門前町坂本で
誕生した穴太衆の野面積み!
坂本にある寺院から湖東三山の
「金剛輪寺」を訪ねてみては
如何でしょうか。


さらに下部の動画では、
今回の道のりやスポットを
詳しくお楽しみいただけます。


是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 11:30
comments(0), trackbacks(0), -