RSS | ATOM | SEARCH
『おしえてしょうぐうさん〜ごはんのはなし〜』

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

昨年度「一隅を照らす運動」発足50周年

 

機縁を得て『実践3つの柱』である

 

生命(いのち)」・「奉仕(ほうし)」・

 

共生(きょうせい)」より

 

生命」をテーマとし、

 

おしえてしょうぐうさん〜いのちのはなし〜』を発行いたしました!

 

 

 

   / 詳細は絵本をクリック👆

 

 

 

 

そして、この度、令和2年10月10日に

 

第2弾として「共生」をテーマとする

 

おしえてしょうぐうさん〜ごはんのはなし〜』を発行させていただきました!!

 

 

   / 詳細は絵本をクリック👆

 

 

 

今回の絵本「ごはんのはなし」は

 

毎日、いただく食事を通して知る

 

自然の大切さ」や人々のつながり」を

 

しょうぐうさんがやさしく教える

 

内容となっております。

 

是非、本作を読んでいただき、今一度

 

食べ物にありがとうのきもちでいただきます”と

 

食事を楽しく美味しく感謝でいただく

 

一時となりますように。

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 09:00
comments(0), -, -
門前シリーズ〜「妙法院門跡」と今井半念珠店〜

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


今回は、天台宗のホームページ

門前シリーズ第12弾!

 


「門前シリーズ」

 

【「妙法院門跡」と今井半念珠店】という


動画をご紹介します!

 


 


一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 

>> 一隅チャンネルはこちら <<


===================

 

江戸時代、蓮華王院(れんげおういん)・

後白河御陵(ごしらかわごりょう)を

はじめ、東山の広大な町々を支配し、

尭然(ぎょうねん)・尭恕(ぎょうじょ)

などの各法王親王を輩出した妙法院。

 

その後、明治維新の荒波をも乗り越え、

旧来の寺院としての格式を今に伝えている

 

 

「妙法院門跡」

 

 

特集「門前シリーズ」

今回は東大路七条にある「妙法院門跡」を

訪ねます。


京阪「七条駅」から、徒歩およそ10分。

当時の繁栄を伺わせる大きな山門が、

訪れる人々を迎えます。

 

古くは「三千院」「青蓮院(しょうれんいん)」と並ぶ、天台宗総本山比叡山延暦寺の

三門跡のひとつとして数えられた

 

 

「妙法院門跡」

 

 

 現在は天台宗の五箇室門跡として、

また、後白河法皇、豊臣秀吉

ゆかりの寺としても有名です。

 

「本堂」には重要文化財でもある

ご本尊の「普賢延命(ふげんえんめいぼさつぞう)菩薩像」を泰安。

 
お堂の建築は三間四面重層の「方形(ほうぎょう)造り」で、寛正(かんしょう)

11年、1799年に建立。

 

当所は境内の北側にありましたが、

明治以降、現在の地に移されました。

 

豊臣秀吉が方広寺大仏殿に先祖供養のため

「千僧供養」を行った時の遺構とされている国宝の「庫裏」「大庫裏」とも称される

大建築は本瓦茅葺の入母屋造りです。

 

桁行およそ21.8メートル、梁間はおよそ

23.7メートル、そして高さがおよそ

18メートルあり、庫裏としては

日本最大級とも言われています。
 
「妙法院門跡」の近くにある

「今井半念珠店」は創業400年。

 

数珠を作って糸を通し、房を飾って

仕立てるようになるまでには、

何十年もの修行が必要だとか。

静かな熱気のこもる狭い作業場で

「数珠師」たちが黙々と働いています。

 

体験コーナーでは、翡翠(ひすい)・

瑪瑙(めのう)など、50種類以上もの

天然石から、好みの珠(たま)を

自由に選び取って、自分だけの

「念珠ブレスレット」を

作ることができます。

 

「妙法院門跡」を訪ね、

今井半念珠でブレスレット作りを

訪ねてみてはいかがでしょうか。

 

さらに下部の動画では、

今回の道のりやスポットを

詳しくお楽しみいただけます。

是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
 

====================

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 09:00
comments(0), -, -
お写経のすすめ

こんにちは!

一隅を照らす運動キャラクター

しょうぐうさんです。

 

9月に入っても厳しい暑さが続いておりますが、朝夕の風はだいぶ涼しくなってきて少しずつ秋の訪れを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

秋といえば、運動の秋、読書の秋、食欲の秋といわれますが、

 

今年の秋は“写経の秋”としてみませんか。

 

写経はどなたでも出来る修行です!

修行と言っても、難しくは考えず、お手本に書かれている文字を一文字一文字、丁寧に書き写すことを意識して行います。

写経は日常の喧騒から離れ、自分の心を見つめ直し、静かに自分と向き合う時間を作ってくれます。

御寺院で写経会を行われている所もありますが、昨今の社会情勢を鑑み、開催を中止又は延期されるなどしています。

そこで、ご自宅でも行える写経の手順をご紹介します。

 

写経の手順例

ー蠅鮴い、口をすすいで、心身を清めます。テレビなどは消しなるべく雑音のない状況を作ります。

⊆矛个手本の前に座り、合掌して心を落ち着かせます。

心が落ち着いたらお手本の上に薄紙を重ねて、一文字一文字を急ぐことなく丁寧に書き写していきます。

※筆は毛筆が最適ですが、ボールペン・サインペン・鉛筆などでも結構です。

※一日で書き上がらなくても大丈夫です。ゆっくりと自分のペースで行ってください。

そ颪終わりに、「為」と書いてある部分に、写経した方のお願い事をお書きください。

 例:世界平和、先祖代々菩提、家内安全、学業成就、身体健康、心願成就 など

イ垢戮峠颪終わりましたら、合掌し、浄書されたお経を一度読誦してご祈念ください。

 

 

 

ぜひ、この機会に写経・写仏に触れてみてください。

写経用紙は一隅を照らす運動HPにてお求めいただけます。

 

>>一隅を照らす運動HPはこちら<<

 

 

写経は通年で行えますので、興味を持たれた方は是非ご自宅でも行ってみてください!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 10:45
comments(0), -, -
門前シリーズ 「毘沙門堂門跡」


こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


 

今回は、天台宗の公式ホームページより


門前シリーズ第11弾


【 門前シリーズ 「毘沙門堂門跡」】

 

という動画をご紹介します!

 


 


一隅の動画紹介ページ「一隅チャンネル」


も是非、ご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 

>> 一隅チャンネルはこちら <<

 


====================

 

春の喜びを、その満開の花で表すのは

毘沙門しだれとも呼ばれている「大シダレ」

 

花の枝を直径30メートルにも拡げる

この桜は、寛文5年、この地に寺が再興され

以来およそ350年もの長きにわたり、

人々にその見事な花を愛でてきました。

 

また、この桜は「山科区民の誇りの木」にも

指定されています。

 

特集「門前シリーズ」、今回は

「毘沙門堂門跡」を訪ねます。

 

京阪、JR、もしくは市営地下鉄「山科駅」

から北へ徒歩およそ20分。
 

山科盆地を見おろす山腹に位置する

「毘沙門堂門跡」…春の桜、秋の紅葉は

京の名所としても有名です。

 

創建は大宝三年(703年)、文武天皇の

勅願で僧行基によって開かれました。

 

当初は出雲路、現在の上京区・御所の北方に

あったことから「護法山出雲寺」と

呼ばれていたことも。

 

その後、度重なる戦乱から苦難の

道をたどり、寛文五年(1665年)、

山科安朱の地に再建。

 

後西天皇の皇子、公弁法親王

(こうべんほっしんおう)が

入寺し、門跡寺院となりました。
 

ご本尊の毘沙門天は伝教大師の自作で、

延暦寺根本中堂のご本尊薬師如来の

余材をもって刻まれたと伝えられています。

 

また「襖絵」など、文化財として価値の

高いものも見受けられます。
 

中でも圓山応挙作「板戸の衝立(ついたて)」

は、旧書院の杉板戸に迫力ある大きな鯉が

描かれています。

 

毎年この時期になると京都の春の

風物詩として行われる花まつり、

「観桜会」も開催されました。

 

樹齢150年以上の「大枝垂れ」をはじめ、

およそ50本ある桜を愛でながら、琴などの

生演奏が春の訪れに花を添えます。
 

また、お釈迦様の誕生を祝う花まつりでは

お花をお供えしながら、恒例の甘茶も

ふるまわれました。

さらに、子どもたちによる

お茶席も設けられ、「毘沙門堂門跡」での

春のひとときを堪能されたようです。

 

 

さらに下部の動画では、

今回の道のりやスポットを

詳しくお楽しみいただけます。

 

是非ご覧ください。

 


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 09:00
comments(0), -, -
初夏のできごと

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです

 


前回の更新から時間が空いてしまいました。

 

 

初夏

 


一隅を照らす運動総本部のある天台宗務庁の建物にも、

 


季節を感じるできごとがありました。

 

 

建物の外壁に、

 

 

ツバメが巣をつくり、

 

 

ヒナが孵りました。

 

 

 

親鳥が行ったり来たり、

 


せっせとひな鳥にエサを運んでいます。

 


大きな口を開けて待つヒナたち。

 


順番にエサをやる親鳥。

 


少し調べてみると、

 


4月〜7月に産卵し、

 

 

2週間ほどで孵化。

 


20日〜24日程度の子育て期間の後、

 

 

巣立ちを迎えるようです。

 

 

この巣立ち率は約50%程度という調査もあるようです。

 


また、巣立ち後の飛び方がおぼつかない時期には、

 

 

天敵に襲われてしまうことも多く、

 

 

生き残って成鳥となるのは全体の約13%ほどとのこと。

 

 

寿命は5〜7年程度。

 

 

長い距離を移動して、

 


日本で子育てをし、

 

 

越冬のために暖かい東南アジアへ再び移動する。

 


令和元年、

 

 

一隅を照らす運動発足50周年を迎える本年、

 

 

ここから巣立ったひな鳥たちが、

 

 

来年には、

 

 

元気に戻ってきてくれることが楽しみです。

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズ」 「蓮華王院 三十三間堂」と「亀屋清永」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第10弾、


「門前シリーズ」


「蓮華王院 三十三間堂」と「亀屋清永」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、「蓮華王院 三十三間堂訪ねます。

 

正式名は、蓮華王院で、

その本堂が「三十三間堂」と通称されます。


これは東面して、南北にのびるお堂内陣の

柱間が33もあるという建築的な特徴。


「三十三」という数は、観音菩薩の変化身

三十三身にもとづく数を表しています。

 

平安後期に後白河上皇が創建しましたが、

その後火災により焼失。
 

鎌倉期・文永3年(1266年)に

再建されたのが現存のものです。


朱塗りの外装で、堂内は、

花や雲文様の極彩色で飾られたといい、

今もわずかにその名残を停めています。

 

三十三間堂は季節ごとに様々な行事が

行われ、「三十三間堂」の名前にちなんで

「三」の重なる〈桃の節句〉に行なわれる

春桃会(しゅんとうえ)。

 

華道池坊の献華式と華展、

寄席や千体観音像を

特設の高壇から遥拝するなど、

縁日のみの慶祝行事が催され、

限定の女性専用「桃のお守りも授与されます。

 

この他に有名なのが、

大的大会(おおまとたいかい)

江戸時代の「通し矢にちなむ大会で、

全国から二千人が参加し楊枝のお加持と

同日に行なわれます。

 

特に新成人の晴れ着姿での競技は、

正月ならではの華やかさで、

京都の風物詩のひとつです。

 

さて、この「三十三間堂」と

深いつながりのある「清浄歓喜団なる菓子。

 

時代を逆のぼり奈良時代、

遣唐使が仏教の伝来と共に

日本へ持ち込んだ唐菓子の一種です。

 

唐菓子とは「からくだもの」と呼ばれ、

仏教と共に我国へ伝わり、

お供えものとして当時は、

とても一般庶民が口にすることは

出来なかったとか。

 

ここ「亀屋清永」は創業400年を誇る、

このお菓子を製造する唯一の和菓子屋。

 

中でも「清浄歓喜団」は

七種の香を入れて包み、

そのほのかな神秘な香は

仏教で言う「清め」の意味、

八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、

形は金袋になぞらえ、

たぎった上質の胡麻油で揚げています。

 

「三十三間堂」と「清浄歓喜団」

・・・この遥かなる時を隔てて、

今に伝わる菓子を頂きながら、

いにしえの時代に想いを

馳せてみてはいかがですか。

 

さらに下部の動画では、

今回の道のりやスポットを

詳しくお楽しみいただけます。

 

是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「一隅を照らす運動」広報啓発ポスター2019版ができました♪

こんにちは!

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

しょうぐうさんです。

 

 

 

本年は、

 

一隅を照らす運動発足

 

50周年を迎える祥当年

 

となります。

 

 

総本部おきましては、

 

さまざまな形を取りながら

 

一層の運動推進

 

取り組んでまいりますが、

 

その啓発の一環として

 

新しいポスター

 

製作いたしました。

 

 


今回のポスターには、

 

伝教大師弘法大師

 

主人公として連載中の人気漫画

 

『阿・吽』(小学館刊)の作者

 

おかざき真里氏

 

ご協力によるイラストを用い、

 

また、書道家として活躍される

 

小筆凰外氏

 

「一隅を照らす」の文字を

 

揮毫をいただきました。

 

 

 

本年も、

 

一隅を照らす運動の活動に

 

 

ご理解とご協力の程を

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
初午法要

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

天台宗務庁では毎年2月

 


宗務庁にあります

 


稲荷社の前にて

 


五穀豊穣を願い

 


「初午法要(はつうまほうよう)」

 


行っています。

 


聞き馴染みのない人にとっては

 


「初午ってなんだろう?」

 


思うでしょう。 

 


「初午(はつうま)」とは、

 


2月最初の午(うま)の日

 


さしており、711年に

 


京都の伏見稲荷大社に祀られている

 


五穀をつかさどる農業神、

 


宇迦御霊神(うかのみたま)

 


伊奈利山へ降りた日ともされています。

 


そこから降臨された日に

 


「初午祭(はつうまさい)」が催され、

 


「初午詣(はつうまもうで)」

 


するようになり、

 


農村では五穀豊穣

 


町中では商売繁盛

 


願うお祭りを行う日に

 


なりました。 

 


午の日は十二支に基づいており、

 


12日に一度巡ってきます。

 


そのため、

 


2月2回目の午の日を「二の午」、

 


3回目の午の日を「三の午」と言い、

 


二の午、三の午にのみ祭礼を行う

 


地域もあります! 

 


みなさんも五穀豊穣

 


商売繁盛を願い参拝し、

 


励んでいきましょう!

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
節分会

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

皆さん、先日の節分

 


どのように過ごされましたか?

 


豆まき鬼役をしたりですかね?

 

 

比叡山の麓、

 


坂本にある

 


天台宗務庁では毎年恒例

 


「節分会」が行われました。

 


節分会の中で、

 


今年一年の「除災招福」を祈り

 


「日数心経」をお唱えしました。

 

 
日数(にっすう)1年365日

 


心経(しんぎょう)『般若心経』 

 


つまり、

 


『般若心経』365回

 


続けてお唱えするのです。

 


一人であれば何時間、

 


何十時間もかかってしまします。

 


なので、

 


皆で手分けしてお唱えします。

 


46人の参加者で365回

 


お唱えするので

 


今年は8回になりました!

 


今年一年、皆さんのもとに

 


たくさんの「福」

 


訪れますようお祈りいたします。

 


福は内!
 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 13:32
comments(0), trackbacks(0), -
書写山圓教寺へ

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

本年は、


一隅を照らす運動が発足して


50周年祥当年になります。

 

 

一隅を照らす運動には、


発足当初より、


運動を導いてくださる


会長がいらっしゃいます。

 

 

現在9代目にあたる会長は、


兵庫県姫路市にある


書写山圓教寺


大樹孝啓ご住職


ご就任いただいています。

 

 

 

今回、


運動発足50周年において


様々な企画の準備を進める中で


大樹会長の元に


ご相談に伺いました。

 

 

 

 

書写山圓教寺は、


西国三十三ヶ所観音霊場


二十七番札所になります。

 

 

から
 

書写山ロープウェイで登ります。


昨年の3月に導入された


新車両に乗りました。

 


 

最新ゴンドラ


が大きく設計されており


車窓からの景色迫力満点!

 

 

 

 

摩尼殿参詣

 


観音様に手を合わせてきました。

 

 

 

最後にひとつご紹介

 

圓教寺では、


新年を迎えた午前0時


「新春夢の書」披露されます。

 


これは、新たな年への願いを込め


大樹住職が自ら漢字1文字


揮毫されるのです。

 

 

平成21年に始められ、


今回で11回目を迎えます。

 

今年の文字は、

 

 

その文字に込められた願いは、

 

 

自分にとっての「恩」


考える機会になりますね。

 

 

また、


ロープウェイ書写駅待合所では、


いままでの漢字


ご覧いただけるようです。

 


訪れた際には、


是非立ち寄って見てくださいね。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -