RSS | ATOM | SEARCH
「門前シリーズ」 「蓮華王院 三十三間堂」と「亀屋清永」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第10弾、


「門前シリーズ」


「蓮華王院 三十三間堂」と「亀屋清永」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、「蓮華王院 三十三間堂訪ねます。

 

正式名は、蓮華王院で、

その本堂が「三十三間堂」と通称されます。


これは東面して、南北にのびるお堂内陣の

柱間が33もあるという建築的な特徴。


「三十三」という数は、観音菩薩の変化身

三十三身にもとづく数を表しています。

 

平安後期に後白河上皇が創建しましたが、

その後火災により焼失。
 

鎌倉期・文永3年(1266年)に

再建されたのが現存のものです。


朱塗りの外装で、堂内は、

花や雲文様の極彩色で飾られたといい、

今もわずかにその名残を停めています。

 

三十三間堂は季節ごとに様々な行事が

行われ、「三十三間堂」の名前にちなんで

「三」の重なる〈桃の節句〉に行なわれる

春桃会(しゅんとうえ)。

 

華道池坊の献華式と華展、

寄席や千体観音像を

特設の高壇から遥拝するなど、

縁日のみの慶祝行事が催され、

限定の女性専用「桃のお守りも授与されます。

 

この他に有名なのが、

大的大会(おおまとたいかい)

江戸時代の「通し矢にちなむ大会で、

全国から二千人が参加し楊枝のお加持と

同日に行なわれます。

 

特に新成人の晴れ着姿での競技は、

正月ならではの華やかさで、

京都の風物詩のひとつです。

 

さて、この「三十三間堂」と

深いつながりのある「清浄歓喜団なる菓子。

 

時代を逆のぼり奈良時代、

遣唐使が仏教の伝来と共に

日本へ持ち込んだ唐菓子の一種です。

 

唐菓子とは「からくだもの」と呼ばれ、

仏教と共に我国へ伝わり、

お供えものとして当時は、

とても一般庶民が口にすることは

出来なかったとか。

 

ここ「亀屋清永」は創業400年を誇る、

このお菓子を製造する唯一の和菓子屋。

 

中でも「清浄歓喜団」は

七種の香を入れて包み、

そのほのかな神秘な香は

仏教で言う「清め」の意味、

八つの結びは八葉の蓮華をあらわし、

形は金袋になぞらえ、

たぎった上質の胡麻油で揚げています。

 

「三十三間堂」と「清浄歓喜団」

・・・この遥かなる時を隔てて、

今に伝わる菓子を頂きながら、

いにしえの時代に想いを

馳せてみてはいかがですか。

 

さらに下部の動画では、

今回の道のりやスポットを

詳しくお楽しみいただけます。

 

是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「一隅を照らす運動」広報啓発ポスター2019版ができました♪

こんにちは!

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

しょうぐうさんです。

 

 

 

本年は、

 

一隅を照らす運動発足

 

50周年を迎える祥当年

 

となります。

 

 

総本部おきましては、

 

さまざまな形を取りながら

 

一層の運動推進

 

取り組んでまいりますが、

 

その啓発の一環として

 

新しいポスター

 

製作いたしました。

 

 


今回のポスターには、

 

伝教大師弘法大師

 

主人公として連載中の人気漫画

 

『阿・吽』(小学館刊)の作者

 

おかざき真里氏

 

ご協力によるイラストを用い、

 

また、書道家として活躍される

 

小筆凰外氏

 

「一隅を照らす」の文字を

 

揮毫をいただきました。

 

 

 

本年も、

 

一隅を照らす運動の活動に

 

 

ご理解とご協力の程を

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(1), trackbacks(0), -
初午法要

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

天台宗務庁では毎年2月

 


宗務庁にあります

 


稲荷社の前にて

 


五穀豊穣を願い

 


「初午法要(はつうまほうよう)」

 


行っています。

 


聞き馴染みのない人にとっては

 


「初午ってなんだろう?」

 


思うでしょう。 

 


「初午(はつうま)」とは、

 


2月最初の午(うま)の日

 


さしており、711年に

 


京都の伏見稲荷大社に祀られている

 


五穀をつかさどる農業神、

 


宇迦御霊神(うかのみたま)

 


伊奈利山へ降りた日ともされています。

 


そこから降臨された日に

 


「初午祭(はつうまさい)」が催され、

 


「初午詣(はつうまもうで)」

 


するようになり、

 


農村では五穀豊穣

 


町中では商売繁盛

 


願うお祭りを行う日に

 


なりました。 

 


午の日は十二支に基づいており、

 


12日に一度巡ってきます。

 


そのため、

 


2月2回目の午の日を「二の午」、

 


3回目の午の日を「三の午」と言い、

 


二の午、三の午にのみ祭礼を行う

 


地域もあります! 

 


みなさんも五穀豊穣

 


商売繁盛を願い参拝し、

 


励んでいきましょう!

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
節分会

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

皆さん、先日の節分

 


どのように過ごされましたか?

 


豆まき鬼役をしたりですかね?

 

 

比叡山の麓、

 


坂本にある

 


天台宗務庁では毎年恒例

 


「節分会」が行われました。

 


節分会の中で、

 


今年一年の「除災招福」を祈り

 


「日数心経」をお唱えしました。

 

 
日数(にっすう)1年365日

 


心経(しんぎょう)『般若心経』 

 


つまり、

 


『般若心経』365回

 


続けてお唱えするのです。

 


一人であれば何時間、

 


何十時間もかかってしまします。

 


なので、

 


皆で手分けしてお唱えします。

 


46人の参加者で365回

 


お唱えするので

 


今年は8回になりました!

 


今年一年、皆さんのもとに

 


たくさんの「福」

 


訪れますようお祈りいたします。

 


福は内!
 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 13:32
comments(0), trackbacks(0), -
書写山圓教寺へ

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

本年は、


一隅を照らす運動が発足して


50周年祥当年になります。

 

 

一隅を照らす運動には、


発足当初より、


運動を導いてくださる


会長がいらっしゃいます。

 

 

現在9代目にあたる会長は、


兵庫県姫路市にある


書写山圓教寺


大樹孝啓ご住職


ご就任いただいています。

 

 

 

今回、


運動発足50周年において


様々な企画の準備を進める中で


大樹会長の元に


ご相談に伺いました。

 

 

 

 

書写山圓教寺は、


西国三十三ヶ所観音霊場


二十七番札所になります。

 

 

から
 

書写山ロープウェイで登ります。


昨年の3月に導入された


新車両に乗りました。

 


 

最新ゴンドラ


が大きく設計されており


車窓からの景色迫力満点!

 

 

 

 

摩尼殿参詣

 


観音様に手を合わせてきました。

 

 

 

最後にひとつご紹介

 

圓教寺では、


新年を迎えた午前0時


「新春夢の書」披露されます。

 


これは、新たな年への願いを込め


大樹住職が自ら漢字1文字


揮毫されるのです。

 

 

平成21年に始められ、


今回で11回目を迎えます。

 

今年の文字は、

 

 

その文字に込められた願いは、

 

 

自分にとっての「恩」


考える機会になりますね。

 

 

また、


ロープウェイ書写駅待合所では、


いままでの漢字


ご覧いただけるようです。

 


訪れた際には、


是非立ち寄って見てくださいね。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズ」 「三千院門跡」と「土井志ば漬け本舗」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第9弾、


「門前シリーズ」


「三千院門跡」と「土井志ば漬け本舗」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は京都大原散策の中心地、

国宝の阿弥陀三尊をはじめ、

多くの文化財が安置される

天台宗の寺院「三千院門跡」を訪ねます。


高い石垣に囲まれ、門跡寺院に

ふさわしい風格をそなえた、

三千院の玄関口「御殿門」。


その石組みは城廓の石積み技術などで

名高い近江坂本の穴太衆(あのうしゅう)

という石工が積んだもの。


「三千院」は延暦年間に伝教大師最澄が

比叡山東塔南谷(とうとう みなみだに)の

山梨の大木の下に一棟の建物を

構えたことに始まります。


その後、慈覚大師円仁に引き継がれ、

平安後期以降、皇子皇族が住持する

宮門跡となりましたが、

寺地は時代の流れの中で、

比叡山内から近江坂本、

そして洛中を幾度か移転。


明治維新後、

現在の地大原に移り「三千院」として

1200年の歴史をつないでいます。


明治になって三千院に併合された

「往生極楽院本堂」には、

平安時代を代表する三尊像で、

国宝に指定されている

「阿弥陀三尊像」が安置されています。


三千院を後に参道を少し歩くと

創業100年を超える「土井志ば漬け本舗」の

「三千院前店」があります。


こちらで販売している「志ば漬け」は、

京都の伝統的な漬物のひとつで、

「しば漬け」自体の歴史は、

さかのぼることおよそ800年以上前。


平家滅亡後、大原に隠れ住んだ

建礼門院(けいれいもんいん)が、

里人の差し入れた漬物を気に入り、

紫葉の漬物、「紫葉漬け」と

名付けたと伝えられています。


また、京都大原の本店では、志ば漬け、

旬の漬物を美味しく食べて頂きたいと

平成25年から、

昔懐かしい竈(かまど)炊き立てご飯に

こだわったメニューも

楽しむことができます。


さらに下部の動画では、

今回の道のりやスポットを

詳しくお楽しみいただけます。
 

 

是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
あけましておめでとうございます

年あけまして

 

おめでとうございます!!

 


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

昨年は、たくさんの方々に

ご協力をいただき、


無事に一年間を過ごすこと
ができました。

 

心より、感謝申し上げます。

 


しょうぐうさんは、本年も多くの方々と
ふれあいながら、

 

「一隅を照らす運動」の

 

推進に努めてまいります。

 

 

 

 


2019年も

よろしくお願い申し上げます。


皆様方にとっても、


素晴らしい一年でありますよう

お祈りいたします。

 

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 05:00
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズ─廖 峪旭羯」と「弁慶の力餅」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第8弾、


「門前シリーズ─


「三井寺」と「弁慶の力餅」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、湖国近江の名勝、近江八景のひとつ

「三井の晩鐘でも知られている

天台寺門宗の総本山三井寺を訪ねます。

 

琵琶湖南西の長等山(ながらさん)中腹の、

広大な敷地内にある三井寺は、正式名称を

長等山園城寺(ながらさん おんじょうじ)

といい、672年、

大友氏主家(おおともうじ しゅか)によって

建立されました。

 

三井寺と呼ばれるようになったのは、

天智・天武・持統天皇の三帝の誕生の際に

産湯に用いられたという霊泉があり

御井の寺と呼ばれていたことに

由来します。

 

現在、金堂西側にある閼伽井屋(あかいや)

から湧き出ている清水が、

御井そのものとされているそうです。

 

また、西国三十三所観音霊場巡礼の

第十四番目の礼所である

観音堂がよく知られています。

 

毎年7月22日には法要行事として

本山採灯大護摩供

     (ほんざんさいとうだいごまく)

行われます。

 

さて、音に聞こえた井の晩鐘を

武蔵坊弁慶が比叡山までひきずった

怪力にちなんで作られた、

由緒あるお菓子があるのを

ご存知でしょうか?

 

三井寺弁慶の力餅、通称弁慶の力餅は、

今からおよそ200年前、現主人の

先祖にあたる儀兵衛という人物が発案。

 

現在の観音堂前、

絵馬堂で創業していました。

 

その後、この建物が大津市指定文化財に

指定されたため、

現在は力餅の店名で微妙寺、

収蔵庫横で営業しています。


甘い特製蜜と、きな粉抹茶のお餅を

食べると、弁慶のように力が湧いて

くるかもしれませんね。

 

さらに下部の動画では、今回の道のりや

スポットを詳しくお楽しみいただけます。


是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
天台・京都百景 三十三間堂 〜後白河天皇の頭痛平癒〜

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

「一隅を照らす運動」の取り組みを動画で紹介するコンテンツ

 

 

『一隅チャンネル』

 

 

 

そのコンテンツに、

 

 

「一隅を照らす 天台・京都百景」

 

 

があります。

 

 

今回、

 

 

シリーズ第3作目を公開いたしました。

 

 

 

「三十三間堂 〜後白河天皇の頭痛平癒〜」と題して、

 

 

 

京都府にある三十三間堂をご紹介しています。

 

 

 

 

ぜひご覧ください。

author:しょうぐうさん, category:総本部, 10:00
comments(0), trackbacks(0), -
富士山登頂♪

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、


富士山登ってきましたので


その様子をご報告します。

 

 

富士山標高3776


日本でもっとも高い山です。

 

 

2013年ユネスコによって


世界文化遺産登録されたことは、


記憶に新しいのではないでしょうか。

 

 

登山者数は、


28万人(H29開山期間の計測)!!

 

 

登山ルート


それぞれ標高は違いますが


5合目登山口になっています。

 

 

登山時間ルートで違い


おおよそ5〜7時間(休憩含まず)で


山頂到着します。

 

 

富士山中腹では、


原生林が広がります。

 


コケむした風景


眺めながら一休み

 

 

森林限界標高を越えると、


ゴツゴツした岩が目立ちはじめ、


富士山火山であることを


実感できます。

 

 

いよいよ山頂到着です。

 


山頂からの景色はまさに絶景

 


雲海眼下に広がります。

 

 

最後に、


6合目からですが、


ご来光を皆さんにお届けします。

 

 

 

今年は、


すでに閉山しましたが、


「富士山に登ってみたい」


とお考えの方!


体力持ち物ともに


十分に準備して


楽しい登山になるよう


気を付けてくださいね♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -