RSS | ATOM | SEARCH
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

スタディーツアー報告そのΔ任后

 


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーはこちら<<
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーい呂海舛蕁磧
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーイ呂海舛蕁磧
 

 

 

このスタディーツアーも最終日程となります。

 


この日は、

 

バンコクのクロントイ地区にある財団の事務所を訪問。

 


クロントイスラムの歴史や現状、

 


タイという国が抱える社会問題などについて、

 


財団スタッフから説明を受けました。

 


研修生は積極的にメモを取り、

 


質問をしました。

 

 

また、

 

 

実際にスラムを歩きました。

 

 

雑然とした街。

 

 

散乱したゴミと異臭。

 

 

三年前の第1回スタディーツアーと時から改善された様子はありませんでした。

 


人が一人通れる程度の通路が迷路のようで、

 

 

案内役の財団スタッフを見失うと、

 

 

自分がどこにいるのかも分からなくなってしまいそうです。

 


少し前に廃線となった線路。

 


住居と線路の距離の近さに驚きます。


安全対策、、、、


なんてことは考えられていないのですね。。。

 

財団スタッフの説明の中に、

 

 

「火災が恐ろしい」

 


というものがありました。

 


たしかに、

 


これほど密集し、、、、

 


というかつながっていて、、、、

 

 

可燃物も大量に散乱し、

 

 

タバコのポイ捨ても日常的、、、、

 


火災の危険は想像できます。

 


財団事務所の敷地内には、

 

 

消防隊の事務所があります。

 

 

火災発生の際には出動するそうです。

 

 

チュンポーンで生活する青少年達には、

 


このような環境を経験してきた者も大勢います。

 


財団の活動を通じて、

 


一筋の光、

 


可能性を拾い上げることに、

 


一隅を照らす運動は協力しています。

 

 

今回のスタディーツアーを通じて、

 


日本の高校生たちには、

 


その一部を感じ取ってもらえたなら嬉しく思います。

 

※財団から研修生に贈られた修了証と記念品

 

 

教育里親制度を通じた、

 


大勢の支援者みな様の、

 


これからのご支援もよろしくお願いいたします。

 

 

おわり

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

スタディーツアー報告そのイ任后

 


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーはこちら<<
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーい呂海舛蕁磧
 

 

チュンポーンでの研修日程最終日。

 

 

朝の体操や掃除を済ませ、

 


飼育している家畜にもエサをやり、

 

 

午前の作業が始まります。

 

 

施設の敷地内に、

 

 

深さ30センチほどの穴を掘り、

 

 

高さ1メートルほどのドリアンの苗木を植えました。

 

 

この苗木が実をつけるのは数年後。

 

 

研修生たちは、

 

 

「この実が収穫できるのが楽しみだね」

 

 

と言っていました。

 

 

作業の合間には休憩もかねてゲームもしました。

 

 

椅子取りゲーム。

 

 

簡単なゲームなだけに、

 

 

みんな熱が入って大盛り上がり!

 

 

真剣になりすぎて、

 

 

椅子が壊れてしまいました!!

 

 

続いては記念品にもなる小物作りです。

 

 

前日のTシャツ作りに続いて、

 

 

今日はアブラヤシの実を使ったキーホルダー作りに取り組みました。

 

 

いろいろな形をしたアブラヤシの実の中から、

 

 

自分の気に入ったものを選び、

 

 

思い思いの色を使って絵付けをしました。

 

 

身振り手振りを交え、

 

 

思い出に残る一品を仕上げました。

 

 

昼食の後、

 

 

日本とタイの青少年による交流会と閉講式。

 

 

4つのグループに分かれ、

 

 

自分たちの夢、

 

 

お互いに聞きたいこと、

 

 

今回の研修で感じたことなど、

 

 

自由に意見交換をしました。

 

 

長いと思っていた研修期間も終わります。

 

 

お別れはやっぱり寂しいもの。

 

 

大きな輪になって、

 

 

みんなで手をつなぎ、

 

 

『上を向いて歩こう』を合唱。

 

 

名残惜しくチュンポーンの施設をあとにしました。

 

 

明日はバンコクでの研修があります。

 

 

>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

スタディーツアー報告そのです。

 

 

前回は日程2日目の途中まででした。


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーはこちら<<
 

 

タイの伝統的な仏教行事のソンクラン

 

 

お釈迦様にお水をお供えする儀式。

 

 

そして、

 

 

子ども達は年長者にもお水をかけていきます。

 

 

そこから派生して、

 

 

みんなで水をかけあうお祭りになります。

 

 

 

みんなずぶ濡れになって大騒ぎです。

 

 


この日の夕食は、

 


みんなでバーベキューをすることに!

 

 

食材の買い出しも、

 

 

みんなで町の市場まで。

 

 

野菜、魚介類、肉

 

 

いろいろなものが、

 

 

所狭しと並んでいます。

 

 

ここでの買い物は量り売り。

 

 

必要なものを、

 

 

必要なだけ買う。

 

 

過剰な包装もありません。

 


袋に品物を入れて、

 

 

暑さで傷まないようにたくさんの氷を入れてもらい、

 

 

持参した発泡スチロールの箱に入れて持ち帰ります。

 


エビやソーセージ、

 

 

イカやお肉をたくさん買いました。

 

 

調理も自分たちでやります。

 

 

調理と言っても、

 

 

今回は食材を串に刺すだけですが。

 


ここでも、

 

 

身振り手振りを交えて、

 

 

和気藹々と作業が進みます。

 

 

同時進行で、

 

 

別の組がをおこします。

 

 

炭になかなか火が付かず、

 

 

協力しあって風をおくりました。

 

 

あたりに美味しそうな匂いが漂いだしたので、

 

 

様子を見に行くと、

 

 

ちゃっかりつまみ食い。

 

 

やっぱり焼きたては美味しいですね!

 


みんなで美味しくいただきました。

 

食後には、

 

 

日本からの研修生が出し物をしました。

 

 

簡単なゲームを全員で。

 

仕事も遊びもみんな一緒にすることで、

 

 

言葉はうまく伝わらなくても、

 

 

表情でわかり合えたりするのかもしれません。

 

 

施設の青少年たちからは、

 

 

ムエタイの演武も実演してもらったりしました。

 

 

迫力ある演武に、

 

 

みんな大盛り上がりでした。

 

 

 


>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

スタディーツアー報告そのです。

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

 

研修2日目。

 

 

朝は日の出とともに。

 


すごく綺麗な朝焼けです。

 


体操で体をほぐし、

 

 

施設内の清掃作業。

 

 

朝ご飯はまだかなぁ

 

 

ちょっと時間があったので、

 

 

 

みんなでジャンケン列車で盛り上がりました。

 

 

ご飯のあとは農作業。

 

 

アブラヤシ園での施肥料作業を手伝いました。

 


植樹して約3年ほどの若いアブラヤシ。

 


これからたくさんの実をつけてくれることでしょう。

 

 

熱帯の暑い気温と湿度の中での作業の後は、

 

 

冷たいお水がとっても美味しい。

 

 

何よりのごちそうです。

 

 

始めて取り組む作業にも、

 

 

みんなが協力し合うことで、

 


すべての作業がおわります。

 

 

施設に戻って休憩したら、

 

 

現地スタッフが用意してくれた、

 


オリジナルTシャツ作りです。

 

 

染料を丸めたTシャツに落としていきます。

 

 

完成するまで、

 


どんな模様になるのかわかりません。

 

 

ドキドキしながら、

 


わくわくしながら、

 


みんなで楽しく作業を進めました。

 


>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

スタディーツアー報告その△任后

 


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,竜事はこちら<<
 

2017 スタディーツアーの様子

 


施設での生活に関する注意などを受け、

 

 

今後の日程確認も終わり、

 


いよいよ研修が始まります。

 

 

 

その前に、

 

 

おいしいお昼ご飯をいただきました。

 

 

昨年に引き続き、

 

 

施設から車で約1分ほどの場所にある、

 

 

バーンタップマイ小中学校を訪問。

 

授業風景を見学し、

 

 

一部の授業には飛び入り参加もさせていただきました。

 

 

大勢の小中学生が、

 

 

勉強に励んでいました。

 

 

施設に戻り、

 


クラトン(灯籠)作りです。

 

 

施設の青少年との共同作業。

 

 

言葉が通じないという壁もありますが、

 

 

身振り手振りでコミュニケーション。

 

 

個性豊かな灯籠が完成しました。

 


夜。

 

 

あたりが夕闇につつまれると、

 

 

いよいよ灯籠流しです。

 

 

協力して作った灯籠を、

 

 

水に浮かべていきます。

 

 

周囲の闇と、

 

 

灯籠の明かりが、

 

 

とても美しい景色を作ってくれました。

 

 

一日目の日程も無事に終了。

 

 

と思いきや、

 

 

施設の青少年達が、

 

 

歓迎の出し物をしてくれました。

 

 

迫力ある出し物に、

 

 

高校生たちは大きな拍手をおくっていました。

 


>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、

 


平成30年11月15日から20日までの日程で行われた、

 

 

タイでのスタディーツアーについて報告します。

 

 

一隅を照らす運動では、

 

 

地球救援事業の一環として、

 

 

教育里親支援にも取り組んでいます。

 


 

その支援先の一つ、

 

 

タイのドゥアン・プラティープ財団が運営する、


 

ニューライフプロジェクト「生き直しの学校」、

 

 

チュンポーン校において、

 

 

研修を実施しました。

 


このスタディーツアーは、

 

 

2016年度に初開催され、

 

 

今年で3回目の開催になります。

 


>>過去のスタディーツアーの記事はこちら<<
 

 

 

2016年 第1回スタディーツアーの様子

 

 

 

今回も、

 


滋賀県の比叡山高等学校から4名

 


東京都の駒込学園高等学校から4名

 


合計8名の高校生が参加しました。

 

 

羽田空港で合流し、

 

 

簡単なミーティング。

 

 

 


15日の深夜に出発し、

 


16日の早朝にタイへ入国するというスケジュール。

 

 

国内線に乗り換えて、

 

 

スラタニ空港へ。

 

 


そしてバスに乗り換えて約1時間。

 

 

目的地に到着です。

 

 

 

財団の日本人スタッフからは、

 

 

施設の説明や、

 

 

施設で生活する青少年に関する説明など、

 

 

改めて詳細な説明を受けました。

 

 

 

 

こんな掲示も用意して、

 

 

歓迎していただきました。

 

 

 

 

 


今後の日程も確認し、

 

 

いよいよ研修がスタートします!

 

 

>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアーА〆能回

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーぁ磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーァ磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーΑ磧
 


前回は、

 

 

研修三日目まで報告しました。

 

 

バンコクで1泊し、

 

 

クロントイ地区にある、

 

 

プラティープ財団の事務所へ。

 

 

財団創設者の、

 

 

プラティープ・ウンソンタム・秦先生や、

 

 

財団のスタッフから、

 

 

スラムの歴史や、

 

 

抱えている問題などについて説明を受けました。

 

 

一隅を照らす運動総本部からは、

 

 

教育支援金の目録と、

 

 

「しょうぐうさん体操」のDVDを贈呈しました。

 

 

 

スタッフに引率してもらい、

 

 

スラムの中へ。

 

 

人が一人通れるほどの狭い通路。

 

 

迷路のような道を進みます。

 

 

暑さと、

 

 

鼻をつく臭い。

 

 

研修生たちも、

 

 

一様に緊張していました。

 

 

スラムの中には、

 

 

自治組織があり、

 

 

地区ごとに託児所のような保育園があるそうで、

 

 

その一つにお邪魔しました。

 

 

一日の保育料は約80円ほどだそうです。

 

 

でも、

 

 

日雇い労働が多いスラムの方々には、

 

 

そのお金も払えないときもあるとか。

 

 

とても厳しい現実を目の当たりにしました。

 

 

財団の事務所に戻り、

 

 

プラティープ先生から素敵なプレゼントがありました。

 

 

財団のシンボルマークを形取ったピンバッチ。

 

 

研修生に是非!

 

 

と、いただきました。

 

 

スタディーツアーのプログラムは全日程がこれで終了。

 

 

あっという間の時間でした。

 

 

ここでの経験を、

 

 

大切に持ち帰ってもらいたいと思います。

 


おわり

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
http://ichigu.net/index.php

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーぁ磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーァ磧
 


前回は、

 

 

研修二日目の夜まで報告しました。

 

 

夜が明けてチュンポーン最終日

 

 

朝の日課は通常どおり。

 

 

体操で体を動かします。

 

 

午前中はキノコ栽培の菌床作り。

 

 

土に肥料や水を加え、

 

 

ビニール袋に詰めていきます。

 

 

土を混ぜる係、

 

 

袋に詰める係、

 

 

封をする係、

 

 

それぞれ役割分担をして作業を進めました。

 

 

今回は、

 

 

約200個の菌床を作りました。

 

 

この後、

 

 

滅菌処理をして、

 

 

キノコの菌を植えていくそうです。

 

 

みんなの食事にも入っていたキノコはこうやって作られていたんですね。

 

 

午後には、

 

 

意見交換会を行いました。

 

 

3つのグループに分かれて、

 

 

それぞれが思っていること、

 

 

将来の夢、

 

 

いろんなことを話し合いました。

 

 

プログラムもいよいよ最終。

 

 

修了式。

 

 

プラティープ財団から、

 

 

日本からの参加者へ、

 

 

研修の修了証が手渡されました。

 

 

研修生たちからは、

 

 

寄せ書きを寄贈しました。

 

 

名残惜しい時間。

 

 

それぞれ、

 

 

思い思いの時間を過ごし、

 

 

いよいよお別れ。

 

 

チュンポーンの青少年達が、

 

 

車まで見送りに来てくれました。

 

 

お別れするのは寂しいけれど、

 

 

再会を約束して、

 

 

研修生はバンコクへ戻りました。

 


つづく

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
http://ichigu.net/index.php

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーぁ磧
 

 

前回は、

 

 

研修二日目の途中まで報告しました。

 

 

ブアロイというお菓子も作りました。

 

 

米粉に水を加え、

 

 

自然由来の材料で色をつけて丸めます。

 

 

単純作業もみんなでやればワイワイ賑やか。

 

 

お湯でゆでれば、

 

 

できあがり。

 

 

あま〜いココナッツスープに浮かべて食べます。

 

 

食感は白玉団子かな。

 

 

とっても美味しいおやつです。

 

 

夕食は、

 

 

バーベキューでした。

 

 

近くの市場で買ってきた新鮮な海老やイカを炭火で焼きます。

 

 

施設の子ども達も、

 

 

研修生も喜んで食べていました。

 

 

食事の後には交流会。

 

 

ゲームやダンスなどで盛り上がりました。

 

 

研修生は、

 

 

ビンゴゲームを開催。

 

 

日本から持参したお菓子や小物などをかけてみんなで白熱。

 

 

楽しい時間はあっというまに過ぎて、

 

 

一日の日程が終了です。

 

 

明日はチュンポーン生活の最終日。

 

 

疲れを残さないように就寝します。

 

つづく

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

前回は、

 

 

研修一日目まで報告しました。

 

 

二日目。

 

 

まだ薄暗い朝6時から、

 

 

日課の体操です。

 

体操、、、というにはなかなかハードな内容。

 

 

ほとんど筋トレです。

 

 

体を動かしてしっかり目が覚めたら、

 

 

施設内のお掃除

 

落ち葉やゴミを集めます。

 

 

植物のお世話も忘れずに。

 

 

新しい仲間が合流しました。

 

5ヶ月前からタイの高校に留学している日本人高校生。

 

 

このスタディーツアーのことを知って、

 

 

是非参加したいとやってきました。

 

 

朝ご飯をしっかり食べて、

 

 

施設内を案内してもらいました。

 

 

 

シーズンにはたくさんの果実が実る果樹園や、

 

 

食用と販売用に飼育しているカエル!

 

 

そしてナマズ!

 

 

研修プログラムにも予定されているキノコ栽培所。

 

 

言葉は通じないけれど、

 

 

ハンドブックを使いながらコミュニケーション。

 

 

不思議と気持ちは通じているんです。

 

 

農作業のお手伝いもしました。

 

 

アブラヤシの葉を粉砕して、

 

 

その他の材料と混ぜ合わせ、

 

 

 

腐葉土を作ります。

 

 

力のいる作業。

 

 

みんな汗だくになりました。

 

 

畑では、

 

 

鍬を使って畝をつくり、

 

 

肥料をまいて、

 

 

種を植えます。

 

 

 

施設で食べる野菜は、

 

 

こうして自分たちで育てているそうです。

 

 


つづく

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
 

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -