RSS | ATOM | SEARCH
スタディーツアー2019 ず能回

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 

スタディーツアー2019の続きです。


>>スタディーツアー2019  磧
 

>>スタディーツアー2019 ◆磧
 

>>スタディーツアー2019 <<
 

 

この日は、

 


ドゥアン・プラティープ財団事務所訪問と、

 


クロントイスラムの視察から始まりました。

 

 

クロントイ地区の幹線道路でバスを降り、

 

 

財団のスタッフと合流し、

 

 

財団事務所まで徒歩で移動。

 

 

スラムの居住区を通り抜けながら。

 

 


スタディーツアーとして訪れるのは4年目となりますが、

 


相変わらずの環境です。

 


衛生的とは言えない状況。

 


そんな中にも生活があります。

 


廃線となっていた線路の復旧作業が行われていました。

 


生活の場との距離が異常に近い線路

 

 


鉄道が復活したら、

 


事故が起こらないか心配になります。

 


もともと鉄道があった場所に、

 


どんどん人が住みだし、

 


今の状況になっている様子。

 


居住スペースが密接し、

 


入り組んだ迷路のようになっているスラムは、

 


火災の危険がつきまといます。

 


消火車両が入ることができないため、

 


一度出火すると大規模火災に発展することも多く、

 


大きな問題となっています。

 


その対策として、

 


日本で言う消防団が組織され、

 


その詰め所が数年前にできたそうです。

 


財団事務所の横には、

 

 

学校があります。

 


この学校は、

 


かつて財団創設者のプラティープ女史が取り組んだ、

 


「一日1バーツ学校」を前身としていて、

 


現在は公立の学校として認められています。

 

 

財団事務所では、

 


プラティープ女史から財団の経緯や、

 


スラムの現状、

 


取り組んでいる問題など、

 


多岐にわたるお話を聴きました。

 

 

また、

 

 

研修の修了証もいただきました。

 

 

 

財団事務所の道向かいにある

 

 

財団運営の幼稚園では、

 


在園生との交流をし、

 


ランチタイムの配膳のお手伝いをし、

 


食後には子ども達と一緒に遊びました。

 

 


全ての学習日程が終了し、

 

 


涅槃寺(ワットポー)と

 

 

 

暁寺(ワットアルン)を参拝。

 


タイ式とカンボジア式など、


様式の混在する建物を見学し、


文化が入り交じる様子を目の当たりにしました。


今回のスタディーツアーも、


大小の事故無く、


無事に終えることができました。


来年は第5回目のスタディーツアーが実施できるように、


よりよい学習ができるように、


一隅を照らす運動総本部では準備を進めていきます。

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
スタディーツアー2019 

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 

 

スタディーツアー2019の続きです。


>>スタディーツアー2019  磧
 

 

>>スタディーツアー2019 ◆磧
 

 

鶏や野鳥の鳴き声で朝の訪れを知る毎日。

 

 

日の出とともに行動開始。

 


この日は、

 


施設の敷地内を案内してもらいました。

 


過去のスタディーツアーでは、


実際に作業の体験をさせてもらったこともある

 


キノコ栽培の説明や、


キノコ小屋での収穫。

 


かつてコーヒー豆の買い取りがあった時に、

 

 

貴重な収入源であったコーヒーの木。

 


外国企業の仕入れ先変更などの影響で、

 


今は買い付けがなくなってしまい、

 


放置状態となっています。

 


ここは「ともしびの館」

 


天台宗の支援によって建てられたゲストハウスです。

 


今でも、

 


研修のための来訪者が宿泊したりしています。

 


記念植樹として、

 


今年もドリアンの苗木を植えました。

 


実がなり、

 


収穫できるまではしばらくかかりますが、

 

 

たくさんの実をつける大きな木に育って欲しいです。

 


施設内のため池では、

 


魚やナマズの養殖や、

 


豚の飼育、

 


鶏の飼育などもされています。

 

 

施設見学を終え、

 

 

記念のポーチ作り。

 

 

 

植物の葉や花などを集め、

 

 


思い思いの取り合わせを考え、

 


トントン叩いて色を移していきます。

 

 


自分だけのポーチができあがりました。

 


作業が早く終わった組は、

 

 


腕相撲やボールを使ったゲームなど、

 


それぞれが有意義に過ごしました。

 

 


午後には意見交換会・交流会

 


大きな輪になって、

 

 


この研修での感想や、

 

 


思い出、

 

 


質問や意見などを自由に発表。

 


小グループに分かれて、


お菓子を食べながら自由時間を過ごしました。

 


学用品の寄贈を行い、

 


みんなで記念写真を撮って、

 


チュンポーンでの日程が全て終了。

 

 

 

みんなに見送られながら、

 

 


施設をあとにしました。

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
スタディーツアー2019 


こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 

スタディーツアー2019の続きです。


>>スタディーツアー2019  磧
 


チュンポーンでの2日目。


この日は、


朝から市場へ買い出しに行きました。


ラメー駅前の朝市です。

 


生き直しの学校施設から車で30分ほど。

 

 


地元の人たちが食材や衣類を買いに来ています。

 


朝の6時30分頃でしたが、


沢山の人で賑わっています。

 

 

焼き鳥の屋台も出ていたり、

 


周囲に香ばしい匂いが充満していました。

 


買い出しから戻り、

 


朝食をとったあとは学習会

 


「生き直しの学校」の成り立ちや、

 


現状についての説明を受けました。

 


その後、

 


アブラヤシ園での農作業。

 


広い敷地内に植えられているアブラヤシに、

 


肥料や堆肥をまきました。

 

 


午後、

 

 


タイの伝統行事であるソンクラーン(水かけ祭)を体験。

 


これは、

 


日本の灌仏会に近い行事に感じました。

 

 


お釈迦様に花びらを散らした香水をかけ、

 


子ども達は年長の方々へも香水を濯ぎ、

 

 


大人達はその水を子ども達に振りかけます。

 

 


仏教儀式のあとは、

 


子ども達の遊びの時間。

 

 


水かけ祭の名前の通り、

 

 


みんなで水をかけあいました。

 


ホースを持ち出してきて、

 

 


みんな着ている物もドボドボに。

 

 


暑い気温なので、

 

 


水が冷たくて気持ちいい。

 

 


着替えを済ませたら、

 

 


朝市で買いだした食材を使ってバーベキューの準備です。

 


海老やイカ、

 

 


練り物やソーセージを串に刺し、

 

 


炭火をおこして焼きます。

 

 


みんなでワイワイ騒ぎながら準備して、

 


みんなでワイワイ楽しく食事。

 


みんなで楽しくダンスも。

 

 


全力で楽しむ一日が終わりました。

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
スタディーツアー2019 

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


本年もタイでのスタディーツアーを実施しました。

 


何回かに分けて報告します。

 


昨年の様子はブログをご覧下さい。

 

>>スタディーツアー2018  磧
 

 

>>スタディーツアー2018 ◆磧
 

 

>>スタディーツアー2018 <<
 

 

>>スタディーツアー2018 ぁ磧
 

 

>>スタディーツアー2018 ァ磧
 

 

>>スタディーツアー2018 Α磧
 

 

本年は、

 


11月14日に出発し、

 


11月19日に帰国する日程でした。

 


羽田空港に集合し、

 


比叡山高校生4名と、

 


駒込高校生4名が出発。

 


15日の早朝にタイに入国し、

 


国内線を乗り継ぎ、

 


空港から陸路で移動。

 

 

お昼前にタイ南部のチュンポーン、

 


「生き直しの学校」チュンポーン校に到着しました。

 

 

昼食をとり、

 

 

午後には近隣のバーンタップマイ小中学校を訪問。

 


学校長代行の先生から、

 

 


この学校のことなどのお話をききました。

 


また、

 


授業の様子を参観させていただきました。

 

 

ここにはチュンポーン校の青少年達も通っています。

 

 

学校から戻り、

 


タイの伝統行事でもある灯籠流しの準備。

 


バナナの木を使った灯籠を、

 


みんなで協力しながらつくりました。

 

 

食事もみんなで一緒に。

 

 

夜には、

 


タイの青少年が歓迎の出し物を披露してくれました。

 

 

その後、

 


昼間に作った灯籠を持って敷地内の貯水池へ。

 


それぞれの思いを乗せて、

 


灯籠を水に浮かべました。

 

 


幻想的なその雰囲気に、

 


日本の高校生達も感じ入っていました。

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 13:31
comments(0), trackbacks(0), -
海外支援団体招待スタディーツアー お礼状が届きました

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


3回にわたって報告してきました

 


海外支援団体招待スタディーツアー


>>スタディーツアー1日目<<

 

 

>>スタディーツアー2日目<<

 

>>スタディーツアー3日目<<


そのスタディーツアー参加者から、

 

お礼のお手紙が届きました。

 

ご紹介します。

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
海外支援団体招待スタディーツアー 3日目 最終日

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです

 

 

8月3日から5日まで開催した

 

 

海外支援団体招待スタディーツアーの3日目 最終日。

 


>>「海外支援団体招待スタディーツアー 1日目」<<


>>「海外支援団体招待スタディーツアー 2日目」<<

 

 

この日は、

 


京都市内での活動になりました。

 

 

朝、

 


三十三間堂を参拝。

 


通訳を介して丁寧な説明を受けました。

 


お奉りされている観世音菩薩像の多さに、

 


圧倒されていました。

 

 

今回の参拝に際しては、

 


三十三間堂を有する妙法院の杉谷門主もお出ましになり、

 


海外の青少年達と親しく言葉を交わしていただきました。

 

 

三十三間堂を後にし、

 

 

嵯峨・嵐山へ移動。

 

 

 

本運動を団体会員として応援していただいている、

 

 

嵯峨野観光鉄道様のご協力により、

 


青少年達はトロッコ列車に乗せていただきました。

 


帰りは嵐山で下車。

 

 

竹林の中を歩き、

 

 

もとの嵯峨駅へ戻ります。

 

 

トロッコ嵯峨駅では、

 

 

「しょうぐうさん体操」イベントを開催。

 


振付と作詞をご担当いただいたラッキィ池田さんをお招きし、

 


近隣の照隅認定こども園の子ども達と一緒に体を動かしました。

 


また、

 


夕方には京都市内中心部を散策。

 

 

新京極にある浄土宗安養寺さまを参拝。

 

 


このお寺の御本尊は、

 


お立ちになっている蓮華の台座が逆さまになっていることから、

 


地元では「倒蓮華(さかれんげ)さん」と呼ばれています。

 

 

安田念珠様のご協力により、

 


腕輪型の念珠製作も体験させていただきました。

 

 

自分で作った腕輪念珠を腕につけ、

 


記念にパシャリ。

 


「お守りとして、

 


そして記念のお土産として大切にします」

 


と。

 


三日間の日程が終了しました。

 


タイ、インド、それぞれの青少年達からは、

 


「日本に来ることができ、本当にうれしい。

 


三日間ありがとうございました。」

 


との謝意。

 


今回の来日は短い期間ではありましたが、

 


彼らの人生に、

 


何か良い影響をもたらすことができたら嬉しく思います。

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
海外支援団体招待スタディーツアー 2日目

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです

 

 

8月3日から5日まで開催した

 

 

海外支援団体招待スタディーツアーの2日目。

 


>>「海外支援団体招待スタディーツアー 1日目」<<

 


8月4日は比叡山宗教サミットの開催を記念した周年行事が毎年開催されます。

 


同時に、全国から中学生を中心とした青少年達が比叡山に集い、

 


「天台青少年比叡山の集い」を行います。

 

 

タイとインドの青少年も、

 


この研修会に参加しました。

 


午前中は比叡山の山道を歩き、

 


点在する諸堂を巡ります。

 

 

各所にスタンプが置かれているので、

 

 

それを集めていきます。

 

 

タイやインドの青少年達は、

 


暑さには慣れていますが、

 


湿度や山道のアップダウンには慣れていないので、

 


途中途中で休憩をとりながら、

 


行程を進めました。

 


午後には「世界宗教者平和の祈りの集い」に参加。

 


争いのない平和な世界の実現を祈る集い。

 


「平和の鐘」を撞き、

 


平和への願いを込めた折り鶴を奉納しました。

 


夜には、

 

 

キャンプファイヤーを囲んでの楽しいイベント。

 


班ごとに分かれた出し物を楽しみ、

 

 

タイとインドの青少年達も、

 


それぞれが用意してきた出し物を披露しました。

 


タイとインドの青少年達は、

 


地元の民族舞踊を披露。

 


日本の青少年達は、

 


情緒のある出し物にいっそう盛り上がりました。

 


3日目につづく

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
海外支援団体招待スタディーツアー 1日目

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです

 

 

8月3日から5日まで、

 

 

海外支援団体招待スタディーツアーを開催しました。

 

 

長年にわたり教育支援を継続している

 

 

パンニャ・メッタ協会(インド)が運営する
 

 

 

「パンニャ・メッタ子供の家」と

 


ドゥアン・プラティープ財団(タイ)が運営する
 

 

ニューライフプロジェクト「生き直しの学校」から

 

 

青少年を計10名招待し、

 

 

体験学習を行いました。

 

 

1日目の8月3日は、

 

 

比叡山高等学校の学生13名とともに、

 

 

琵琶湖を通じた体験学習。

 

 

 

カヤック体験や、

 

 

 

琵琶湖に自生するヨシを原料としたヨシ紙を使い、

 

 

ヨシ紙笛製作を行いました。

 

 

タイ、インド、日本の青少年たちは、

 

 

思うように言葉が通じない場面はあるものの、

 


身振り手振りを駆使し、

 


お互いに意思疎通。

 


時間とともに打ち解けていくことができました。

 

 

完成したヨシ紙笛をみんなで合奏。

 

 

なかなか思うように音が出ず、、、、

 

 

それでも楽しく演奏しました。

 

 

 

 

 

午後には、

 

 

琵琶湖博物館に場所を移し、

 

 

琵琶湖の動植物について、

 


また歴史についてなどを学びました。

 

 

1日目の日程はこれで終了。

 

 

最後にみんなで記念撮影。

 

 

2日目へつづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

スタディーツアー報告そのΔ任后

 


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーはこちら<<
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーい呂海舛蕁磧
 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーイ呂海舛蕁磧
 

 

 

このスタディーツアーも最終日程となります。

 


この日は、

 

バンコクのクロントイ地区にある財団の事務所を訪問。

 


クロントイスラムの歴史や現状、

 


タイという国が抱える社会問題などについて、

 


財団スタッフから説明を受けました。

 


研修生は積極的にメモを取り、

 


質問をしました。

 

 

また、

 

 

実際にスラムを歩きました。

 

 

雑然とした街。

 

 

散乱したゴミと異臭。

 

 

三年前の第1回スタディーツアーと時から改善された様子はありませんでした。

 


人が一人通れる程度の通路が迷路のようで、

 

 

案内役の財団スタッフを見失うと、

 

 

自分がどこにいるのかも分からなくなってしまいそうです。

 


少し前に廃線となった線路。

 


住居と線路の距離の近さに驚きます。


安全対策、、、、


なんてことは考えられていないのですね。。。

 

財団スタッフの説明の中に、

 

 

「火災が恐ろしい」

 


というものがありました。

 


たしかに、

 


これほど密集し、、、、

 


というかつながっていて、、、、

 

 

可燃物も大量に散乱し、

 

 

タバコのポイ捨ても日常的、、、、

 


火災の危険は想像できます。

 


財団事務所の敷地内には、

 

 

消防隊の事務所があります。

 

 

火災発生の際には出動するそうです。

 

 

チュンポーンで生活する青少年達には、

 


このような環境を経験してきた者も大勢います。

 


財団の活動を通じて、

 


一筋の光、

 


可能性を拾い上げることに、

 


一隅を照らす運動は協力しています。

 

 

今回のスタディーツアーを通じて、

 


日本の高校生たちには、

 


その一部を感じ取ってもらえたなら嬉しく思います。

 

※財団から研修生に贈られた修了証と記念品

 

 

教育里親制度を通じた、

 


大勢の支援者みな様の、

 


これからのご支援もよろしくお願いいたします。

 

 

おわり

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2018 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

スタディーツアー報告そのイ任后

 


>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー,呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアー△呂海舛蕁磧
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーはこちら<<
 

 

>>2018 一隅を照らす運動スタディーツアーい呂海舛蕁磧
 

 

チュンポーンでの研修日程最終日。

 

 

朝の体操や掃除を済ませ、

 


飼育している家畜にもエサをやり、

 

 

午前の作業が始まります。

 

 

施設の敷地内に、

 

 

深さ30センチほどの穴を掘り、

 

 

高さ1メートルほどのドリアンの苗木を植えました。

 

 

この苗木が実をつけるのは数年後。

 

 

研修生たちは、

 

 

「この実が収穫できるのが楽しみだね」

 

 

と言っていました。

 

 

作業の合間には休憩もかねてゲームもしました。

 

 

椅子取りゲーム。

 

 

簡単なゲームなだけに、

 

 

みんな熱が入って大盛り上がり!

 

 

真剣になりすぎて、

 

 

椅子が壊れてしまいました!!

 

 

続いては記念品にもなる小物作りです。

 

 

前日のTシャツ作りに続いて、

 

 

今日はアブラヤシの実を使ったキーホルダー作りに取り組みました。

 

 

いろいろな形をしたアブラヤシの実の中から、

 

 

自分の気に入ったものを選び、

 

 

思い思いの色を使って絵付けをしました。

 

 

身振り手振りを交え、

 

 

思い出に残る一品を仕上げました。

 

 

昼食の後、

 

 

日本とタイの青少年による交流会と閉講式。

 

 

4つのグループに分かれ、

 

 

自分たちの夢、

 

 

お互いに聞きたいこと、

 

 

今回の研修で感じたことなど、

 

 

自由に意見交換をしました。

 

 

長いと思っていた研修期間も終わります。

 

 

お別れはやっぱり寂しいもの。

 

 

大きな輪になって、

 

 

みんなで手をつなぎ、

 

 

『上を向いて歩こう』を合唱。

 

 

名残惜しくチュンポーンの施設をあとにしました。

 

 

明日はバンコクでの研修があります。

 

 

>>つづく

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -