RSS | ATOM | SEARCH
2017 一隅を照らす運動スタディーツアーА〆能回

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーぁ磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーァ磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーΑ磧
 


前回は、

 

 

研修三日目まで報告しました。

 

 

バンコクで1泊し、

 

 

クロントイ地区にある、

 

 

プラティープ財団の事務所へ。

 

 

財団創設者の、

 

 

プラティープ・ウンソンタム・秦先生や、

 

 

財団のスタッフから、

 

 

スラムの歴史や、

 

 

抱えている問題などについて説明を受けました。

 

 

一隅を照らす運動総本部からは、

 

 

教育支援金の目録と、

 

 

「しょうぐうさん体操」のDVDを贈呈しました。

 

 

 

スタッフに引率してもらい、

 

 

スラムの中へ。

 

 

人が一人通れるほどの狭い通路。

 

 

迷路のような道を進みます。

 

 

暑さと、

 

 

鼻をつく臭い。

 

 

研修生たちも、

 

 

一様に緊張していました。

 

 

スラムの中には、

 

 

自治組織があり、

 

 

地区ごとに託児所のような保育園があるそうで、

 

 

その一つにお邪魔しました。

 

 

一日の保育料は約80円ほどだそうです。

 

 

でも、

 

 

日雇い労働が多いスラムの方々には、

 

 

そのお金も払えないときもあるとか。

 

 

とても厳しい現実を目の当たりにしました。

 

 

財団の事務所に戻り、

 

 

プラティープ先生から素敵なプレゼントがありました。

 

 

財団のシンボルマークを形取ったピンバッチ。

 

 

研修生に是非!

 

 

と、いただきました。

 

 

スタディーツアーのプログラムは全日程がこれで終了。

 

 

あっという間の時間でした。

 

 

ここでの経験を、

 

 

大切に持ち帰ってもらいたいと思います。

 


おわり

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
http://ichigu.net/index.php

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーぁ磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーァ磧
 


前回は、

 

 

研修二日目の夜まで報告しました。

 

 

夜が明けてチュンポーン最終日

 

 

朝の日課は通常どおり。

 

 

体操で体を動かします。

 

 

午前中はキノコ栽培の菌床作り。

 

 

土に肥料や水を加え、

 

 

ビニール袋に詰めていきます。

 

 

土を混ぜる係、

 

 

袋に詰める係、

 

 

封をする係、

 

 

それぞれ役割分担をして作業を進めました。

 

 

今回は、

 

 

約200個の菌床を作りました。

 

 

この後、

 

 

滅菌処理をして、

 

 

キノコの菌を植えていくそうです。

 

 

みんなの食事にも入っていたキノコはこうやって作られていたんですね。

 

 

午後には、

 

 

意見交換会を行いました。

 

 

3つのグループに分かれて、

 

 

それぞれが思っていること、

 

 

将来の夢、

 

 

いろんなことを話し合いました。

 

 

プログラムもいよいよ最終。

 

 

修了式。

 

 

プラティープ財団から、

 

 

日本からの参加者へ、

 

 

研修の修了証が手渡されました。

 

 

研修生たちからは、

 

 

寄せ書きを寄贈しました。

 

 

名残惜しい時間。

 

 

それぞれ、

 

 

思い思いの時間を過ごし、

 

 

いよいよお別れ。

 

 

チュンポーンの青少年達が、

 

 

車まで見送りに来てくれました。

 

 

お別れするのは寂しいけれど、

 

 

再会を約束して、

 

 

研修生はバンコクへ戻りました。

 


つづく

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
http://ichigu.net/index.php

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアーぁ磧
 

 

前回は、

 

 

研修二日目の途中まで報告しました。

 

 

ブアロイというお菓子も作りました。

 

 

米粉に水を加え、

 

 

自然由来の材料で色をつけて丸めます。

 

 

単純作業もみんなでやればワイワイ賑やか。

 

 

お湯でゆでれば、

 

 

できあがり。

 

 

あま〜いココナッツスープに浮かべて食べます。

 

 

食感は白玉団子かな。

 

 

とっても美味しいおやつです。

 

 

夕食は、

 

 

バーベキューでした。

 

 

近くの市場で買ってきた新鮮な海老やイカを炭火で焼きます。

 

 

施設の子ども達も、

 

 

研修生も喜んで食べていました。

 

 

食事の後には交流会。

 

 

ゲームやダンスなどで盛り上がりました。

 

 

研修生は、

 

 

ビンゴゲームを開催。

 

 

日本から持参したお菓子や小物などをかけてみんなで白熱。

 

 

楽しい時間はあっというまに過ぎて、

 

 

一日の日程が終了です。

 

 

明日はチュンポーン生活の最終日。

 

 

疲れを残さないように就寝します。

 

つづく

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー<<
 

前回は、

 

 

研修一日目まで報告しました。

 

 

二日目。

 

 

まだ薄暗い朝6時から、

 

 

日課の体操です。

 

体操、、、というにはなかなかハードな内容。

 

 

ほとんど筋トレです。

 

 

体を動かしてしっかり目が覚めたら、

 

 

施設内のお掃除

 

落ち葉やゴミを集めます。

 

 

植物のお世話も忘れずに。

 

 

新しい仲間が合流しました。

 

5ヶ月前からタイの高校に留学している日本人高校生。

 

 

このスタディーツアーのことを知って、

 

 

是非参加したいとやってきました。

 

 

朝ご飯をしっかり食べて、

 

 

施設内を案内してもらいました。

 

 

 

シーズンにはたくさんの果実が実る果樹園や、

 

 

食用と販売用に飼育しているカエル!

 

 

そしてナマズ!

 

 

研修プログラムにも予定されているキノコ栽培所。

 

 

言葉は通じないけれど、

 

 

ハンドブックを使いながらコミュニケーション。

 

 

不思議と気持ちは通じているんです。

 

 

農作業のお手伝いもしました。

 

 

アブラヤシの葉を粉砕して、

 

 

その他の材料と混ぜ合わせ、

 

 

 

腐葉土を作ります。

 

 

力のいる作業。

 

 

みんな汗だくになりました。

 

 

畑では、

 

 

鍬を使って畝をつくり、

 

 

肥料をまいて、

 

 

種を植えます。

 

 

 

施設で食べる野菜は、

 

 

こうして自分たちで育てているそうです。

 

 


つづく

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
 

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!


>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー◆磧
 

前回は、

 

 

開講式まで報告しました。

 

 

開講式の後、

 

 

タイの伝統行事の一つ、

 

 

灯籠流しをするための灯籠作りをしました。

 

バナナの木の幹を台座に使い

 

 

バナナの葉や草花を飾り付け

 

 

ロウソクや花火をのせます。

 

 

タイの青少年に教えてもらいながら、

 

 

自分の灯籠を作りました。

 

 

 

夕食までの時間は運動の時間。

 

 

 

しっかり体を動かせば、

 

 

ご飯も美味しくいただけます。

 

 

夜、

 

 

現地の子ども達が灯籠流しにそえる音楽を奏で、

 

 

各自が作った灯籠を手に、

 

 

近くの池まで。

 

 

灯りをともした灯籠が池に流されると、

 

 

幻想的な光景になりました。

 

 

施設の子ども達は、

 

 

日本からの友人のために歓迎の出し物も用意してくれていました。

 

 

たいまつやロープの端に火を付け、

 

 

器用に操り、

 

 

 

口に含んだ油をたいまつに浴びせて大きな炎を吹き出すなど、

 

 

迫力のある出し物に、

 

 

研修生達は魅了されていました。

 

 

長い一日が終わり、

 

 

宿舎に戻って就寝。

 

 

明日からの研修に備えます。

 


つづく

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 

 

一隅を照らす運動スタディーツアーです。

 

 

>>2017 一隅を照らす運動スタディーツアー 磧
 

 

前回は、

 

 

椰子の実のジュースで一息ついたところまででした。

 

 

施設の青少年達は、

 

 

まだ学校に行っている時間。

 

 

ちょうどお昼ということで、

 

 

まずは昼食

 

 

ビュッフェスタイルでタイ料理をいただきます。

 

 

味付けは、

 

 

日本人向けに調整してくれているそうで、

 

 

辛さ控えめ。

 

 

みんなたくさんいただきました。

 

 

食事の後片付けも自分たちでします。

 

 

午後、

 

 

施設の青少年も通っている、

 

 

幼稚園・小学校・中学校併設の学校へ。

 

 

生徒達が出迎えてくれました。

 

 

校長先生からお話をいただき、

 

 

各教室での授業風景を見学させていただきました。

 

 

中学生の教室では、

 

 

英語の授業中。

 

 

急遽飛び入り参加させてもらいました。

 

 

学校と施設の移動は、

 

 

プラティープ財団のトラックで。

 

 

荷台に乗って移動です。

 

 

日本ではこんな経験したことのない高校生達。

 

 

みんな大興奮でした。

 

 

施設に戻り、

 

 

少し休憩。

 

 

青少年達が戻ってきたので、

 

 

開講式。

 

 

学用品の寄贈や、

 

 

寄付金目録の贈呈、

 

 

自己紹介などをおこないました。

 

 

つづく

 

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<
 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2017 一隅を照らす運動スタディーツアー

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 

 

一隅を照らす運動では、

 

 

地球救援事業の一環として、

 

 

教育里親支援にも取り組んでいます。

 


 

その支援先の一つ、

 

 

タイのドゥアン・プラティープ財団が運営する、


 

ニューライフプロジェクト「生き直しの学校」、

 

 

チュンポーン校において、

 

 

研修を実施しました。

 

 

昨年に引き続いての2回目の開催です。

 

今回は、

 

11月9日から14日までの日程です。

 

↓ ↓ 昨年のブログはコチラ ↓ ↓

 

>>2016 タイ・スタディーツアー 磧
 

>>2016 タイ・スタディーツアー◆磧
 

>>2016 タイ・スタディーツアー<<
 

>>2016 タイ・スタディーツアーぁ磧
 

 

今回は、

 

 

高校生8名と一緒に研修です。

 

 

東京と大阪の2カ所からそれぞれ出発し、

 

 

バンコクの空港で合流。

 

 

国内線に乗り換えて、

 

 

スラタニ空港へ。

 

 

待ち時間には、

 

 

日程や諸注意のミーティングも行います。

 

 

そして、

 

 

車で移動すること約1時間。

 

 

日本を出てから約11時間。

 

 

目的地のチュンポーン校に到着しました。

 

 

ここでは、

 

 

様々な事情によって、

 

 

親元で生活することができない青少年が共同生活をしています。

 

 

ツアーに参加した高校生たちも、

 

 

どんな研修内容になるのか、

 

 

緊張と期待でいっぱいの様子。

 

 

まずは少し休憩をと、

 

 

椰子の実のジュース。

 

 

いよいよこれから研修が始まります!

 

 

つづく

 

>>一隅を照らす運動ホームページ<<

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
スタディーツアー、今日から出発します!

こんにちは!

 

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

 

しょうぐうさんです!

 

 

一隅を照らす運動では、

 

 

地球救援事業として、

 

 

教育支援にも取り組んでいます。

 

 

その支援先の一つ、

 

 

タイの団と協力して、

 

 

日本の高校生を対象に、

 

 

海外研修を実施しています。

 

 

平成28年度の様子は、

 

 

一隅チャンネルでも紹介しています。

 

 

>>一隅を照らす運動公式ホームページはコチラ<<

 

 

 

本年は、

 

 

11月9日から14日までの日程で、

 

 

スタディーツアーを実施します。

 

 

現地での様子は、

 

 

後日改めて報告します!

 

 

お楽しみに!!

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2016 タイ・スタディツアー

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。
 

 

タイ・スタディーツアーの続きです。


>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<

 

11月4日は、


午前中はちょっと観光しました。



船に乗って川を移動。



地理の時間にならったような気がする、


チャオプラヤ川です!

 

「暁の寺」と「涅槃寺」を参拝。


 

「暁の寺」は、


修復作業中で、


建物には足場がかかっていました。

 


午後、


プラティープ財団の事務所を訪問。


バンコクの、


クロントイという地区にあります。

 

まずは財団のスタッフからスラム見学の諸注意を受けました。




迷路のように入り組んだ、


細い路地を進みます。


財団のスタッフについていかないと、


どこを歩いているのか分からなくなってしまいます。


 

生活用品が雑然と置かれ、


ひとが一人ようやく通れるような道や、


ゴミも散乱している状況に、


高校生達も真剣な面持ちで歩みを進めました。


 

道が狭く、


ゴミを集める場所もないため、


そこかしこにゴミを捨てることになるという説明もありました。



財団の事務所に戻り、


今、自分たちが見学してきた場所についての詳しい説明を受けました。



スラムで生活しながら学校に通っている、


同年代の青年との交流もあり、


お互いに様々なことを質問し、


意見交換することができました。



チュンポーンの生き直し学校で生活している子ども達にも、


クロントイのスラム出身という子がいます。


実際に自分の目で見ることで、


今まで考えていたこととは違った思いを持ったのかなと思います。


11月1日から始まったツアーも、


スラムの見学で全日程が終わりです。


移動を除くと実質3日間ほどのツアー。


短い期間ではあったけど、


内容は濃いものになったと思います。


来年も、


充実したツアーが企画できるように、


しょうぐうさんもがんばります!

 

 

2016 タイ・スタディツアー おわり

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
2016 タイ・スタディーツアー

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。
 

 

タイ・スタディーツアーの続きです。


>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<

 

11月3日は、


早朝6時から、


朝の体操と、

 


運動からはじまりました!

 


 

施設のみんなは朝から元気いっぱいです!


運動の後は清掃作業。



自分たちの生活する施設の敷地を、


役割分担しながら掃除します。

 

体を動かしてお腹もペコペコ。。。。


朝食には、


プラティープ先生自らオムレツを作ってくださいました!


 


食事の後には後片付け。


自分たちの使った食器は自分たちで洗います。


 

 

農作業のお手伝いもしました。


 


これはキノコ栽培のための土作り作業。


土や木くずなどを配合したものを、


ビニール袋に小分けして、


蒸気での滅菌、


キノコ菌の植え付けなどの行程の後、


専用の小屋で栽培します。


 


大きなキノコが沢山できていて、


収穫作業もさせてもらいました!

 

施設近くには、


たくさんのアブラヤシも植樹されていて、


その実から油を絞って収入にしています。


 


そのアブラヤシの苗木への施肥料作業も体験!


南国の暑い気候の中、


みんながんばりました!


施設の子ども達と、


日本から参加した高校生との、


座談会もありました。


将来の夢、


お互いの国に対するイメージ、


いろいろな話題を自由に話し合いました。


 


お茶休憩は、


手作りのタイのお菓子「ブアロイ」


あまーいココナッツスープに、


白玉団子がたくさん入っています!


とっても美味しくて、


みんなおかわりをしていました。


 

 

施設での楽しくて充実した研修もいよいよ終わりが。。。


 


プラティープ先生から一人ひとりに修了証をいただきました。


施設のみんなに見送られて、


日本の高校生たちはバンコクへ戻ります。

 

 

お別れするのは寂しいけれど、


みんなの口からは、


「また来ます!」


「またみんなに会いたい!」


なんていう声を聴くことができました。


言葉はなかなか通じないけれど、


一緒に過ごした時間は、


とっても充実していたのかなって感じました。

 


2016 タイ・スタディツアーい悗弔鼎

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -