RSS | ATOM | SEARCH
岡山災害支援活動

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです!

 

 


今回は、

 


「平成30年7月豪雨」にて

 


被災されました

 


岡山県岡山市東区

 


倉敷市真備市での

 


水害の復興支援活動

 


報告です。

 

 


8月23日、26日

 


2日間、

 


滋賀・兵庫教区僧侶

 


7名にて活動しました。

 


活動内容は、

 


泥の掻きだし、

 

 


家財道具の移動

 


使えなくなった物や

 


瓦礫を収集場所まで

 


運搬するなどでした。

 


活動時間は

 


連日の猛暑のため、

 


ニュース等で報道がありました通り

 


熱中症対策として

 


20分働き10分休憩

 


14時には活動終了という状況であり、

 


復興作業がなかなか捗らない歯がゆさが

 


感じられました。

 


社会福祉協議会は

 


ボランティアの体調を

 


非常に心配しているのは

 


言うまでもありませんが、

 


ボランティアにきた方が

 


熱中症で倒れると

 


報道の対象となり、

 


結果的にボランティアに

 


参加する人が減少し、

 


復興作業が遅れてしまう

 


ということも

 


危惧しているようです。

 


今現在は

 


地域によって差はありますが、

 


徐々に泥掻きという肉体労働から

 


泥の洗浄など細々した仕事へと

 


変わってきています。

 


これから被災地にて

 


ボランティア活動を考えられている方は

 


入念な準備・対策をし

 


ご参加ください!

 


災害に際して救援、

 


被災地復旧のために

 


尽力されている方々の安全と、

 


一日も早い復旧を

 


祈念いたします。

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
第17回「心のつどいin比叡山」!1日目

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、


7月20日〜21日


一隅を照らす運動総本部主催


開催された研修会、第17回


心のつどいin比叡山


ご報告です。

 

 

全国から35名の方に


ご参加いただきました。

 

 

 

開講式が行われた後、


最初の日程は、諸堂参拝

 

 

この日は、


より2〜3℃涼しい


比叡山でもたいへん暑く、


熱中症に十分に


気をつけて行われました。

 

 

根本中堂浄土院釈迦堂

 


などにお参りしました。

 

 

比叡山延暦寺では、


大法会特別記念事業として


六十年ぶりに


総本堂根本中堂


改修事業を行っていて、

 

参加者の皆さんは、


完成したばかりの


修学スペースに登り、

 


屋根と同じ高さから


迫力あるお堂の様子を


見学しました。

 

 

また、特別に


ヘルメット装着して、

 


工事現場にも


入らせていただきました。

 

 

普段立ち入ることのできない


場所に、皆さん興味津々でした♪

 

 

 

夜は、『法華経』写経


取り組みました!

 

 

例年の参加者で、


取り組んでいる法華経写経


今年で、全213枚の内、


176枚まで書き上がりました。

 


目標にしていた

 

大法会結願を迎える


平成34年3月までに


奉納できそうです♪

 

 

 

次に座談会があり


6つのグループに分かれて


お互いの考えや想い


語り合いました。

 

 

もちろん総本部の職員


話の輪に加わりました。

 

 

 

1日目の日程は、


ここで終了です。

 

 

みなさんお疲れさまでした。


ゆっくり休んで下さいね♪

 

 

 

2日目は、


早朝から始まります!

 

 

続きは、


次回にお話しますね♪

 

 

〜 つづく 〜

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:研修会・公開講座, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
梅干しづくりをお手伝い♪

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

先日、


梅干し作り


お手伝いをしてきました。

 

 

梅干しは、


古来より食されてきた食品


保存食としても有名ですね。

 

 

その味は、酸味があり、


食べれば思わず顔を


しかめることもしばしば。

 

 

梅干しには、


疲労回復


殺菌効果があると言われており、


熱中症予防にも期待されています。

 

 

とあるお寺の境内


たくさん梅の果実が採れ、


梅干しを作られるとのことで


梅の土用干しをお手伝いです。

 

 

土用とは、


7月20日頃から


8月7日立秋前日までの期間、


晴天が続きやすい時期。

 

 

こうやって


塩漬けにした梅漬け


三日三晩天日干しすれば、


梅干しの出来上がりです。

 

 

ん〜


見ているだけで


不思議


お口の中が唾液でいっぱいに・・・

 

 

おいしそうですね♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「一隅を照らす運動」の看板が!!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


一隅を照らす運動を推進するにあたり、

 

 

全国の天台宗寺院はこの運動の支部

 

 

各地方には地方本部としての教区本部があり、

 

 

滋賀県大津市坂本にある天台宗務庁の中に、

 

 

「一隅を照らす運動総本部」があります。

 

 

天台宗務庁の正面玄関には、

 

 

『一隅を照らす運動総本部』の看板が掛かっていますが、

 

 

先般の庁舎補修工事に併せて、

 

 

看板も綺麗になりました!

 


この看板は、

 

 

京都・妙法院門跡のご住職であり、

 

 

第3代目の一隅を照らす運動会長であった、

 

 

故杉谷義周師の筆によるものです。

 

 

 

杉谷師は、

 

 

昭和51年3月3日から昭和57年12月8日まで、

 

 

この運動の会長をお務めになりました。

 

 

会長在任中に檜の一枚板に墨書きでされていた看板は、

 

 

30年を超える歳月を重ね、

 

 

若干の傷みと、

 

 

汚れが目立ってきていました。

 


今回、

 

 

庁舎の補修工事に併せて、

 

 

これからも永く遺っていくように調えられました。

 

 

2019年には運動発足50周年を迎えます。

 

 

この看板とともに、

 

 

運動がますます活発になり、

 

 

賛同いただく皆様がいよいよ輝くことができるよう、

 

 

総本部は努力してまいります。

 

 

今後ともご協力をよろしくお願いいたします!

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
第14回「戦役者慰霊・世界平和の祈り」

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 


7月14日

 


広島市の平和記念公園では、

 


第14回「戦役者慰霊・世界平和の祈り」

 

 

 


天台宗の岡山教区・山陰教区・四国教区の

 


僧侶約18名と、

 

 

 


約80名の参列者のもとに

 

 


開催されました。

 

 


この行事は、

 


開宗一千二百年慶讃大法会の

 


記念事業として行われ、

 


3県(広島・鹿児島・沖縄)

 


特別布教の一環として、

 


平成17年に平和記念公園で、

 


「戦役者慰霊・世界平和の祈り」法要が

 


営まれて以来、

 


毎年開催されています。

 

 


本年は、

 


木村俊雅四国教区宗務所長

 


御導師のもと、

 


天台宗や比叡山延暦寺の代表も

 


参列し法要が営まれました。

 


法要後、

 


森定慈仁一隅を照らす運動総本部長

 


より挨拶

 


永宗幸信岡山教区宗務所長より

 


謝辞が述べられました。

 


先の大戦の犠牲者や

 


原爆犠牲者の慰霊とともに、

 


悲惨を極めた戦争体験を風化させず、

 


平和の大切さ、

 


尊さを後の世に伝え続けていくために

 


祈りが捧げられました。

 

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅を照らす, 05:00
comments(0), trackbacks(0), -
天台宗務庁役職員研修会2018

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 


7月12・13日の2日間、

 


2班に分かれて

 


「天台宗務庁役職員研修」

 


が行われました。

 


研修内容といたしまして、

 


他宗派の宗務庁等の施設見学

 


実務交流会を行いました。

 

 


行き先としまして、

 


午前の部では、

 


真宗大谷派宗務所 様


こちらでは、浄土真宗真宗大谷派

 


組織や宗務所の役割

 


行っている事業等について

 


説明していただき、

 


宗務所内を見学しました。

 


宗務所内は広く、

 


市役所のように

 


部署ごとに部屋がわかれており、

 


能舞台もありました。

 


説明の際には、 

 


各部署の実務について、

 


具体的な質問や回答がなされ、

 


参考になりました!

 


東本願寺キャラクター

 


「鸞恩くん」にも

 


会えました!

 

 


午後の部では、

 


石清水八幡宮 様

 


こちらでは、

 


神社の成り立ちや歴史、

 


建物を案内・説明していただきました。

 


日本三大八幡宮の一社であり、

 


現存する八幡造の本殿の中で

 


最古かつ最大規模だそうです!

 


また、

 


平成27年に文化審議会において、

 


古代に成立した荘厳な社殿形式を

 


保持しつつ、

 


近代的な装飾を兼備した

 


完成度の高い神社建築として、

 


高く評価され国宝

 


認定されています。

 


機会がありましたら、

 


是非見に行ってみてください!

 


比叡山延暦寺の根本中堂

 


よろしくお願いいたします!

 

 


今年度も充実した研修となり、

 


学んだこと感じたこと

 


仕事に活かしていきたいです!

 


お世話になりました宗派の皆さまに、

 


心から感謝いたします。

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:研修会・公開講座, 11:17
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズァ廖 崟抄技」と「石積のぱん」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第5弾、


「門前シリーズァ


「西教寺」と「石積のぱん」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、天台真盛宗総本山「西教寺」と

「石積みのぱん」をご紹介します。

 

天台真盛宗(てんだいしんせいしゅう)

総本山「西教寺」は聖徳太子が恩師である

高麗の僧慧慈(えじ)、慧聡(えそう)の

ために創建されたと伝えられています。


その後百有余年を経た文明18年(1486)に

真盛上人(しんせいしょうにん)が

入寺されるに至り、堂塔と教法を再興、

不断念仏の道場とされました。


以来全国に約四百余りの末寺を有する

総本山となりました。

 

本堂(重要文化財、江戸時代)は、

総欅(けやき)入母屋造。

 

江戸時代 紀州徳川家からの寄進、

正面の欄間(十六羅漢)や須弥壇は

すべて欅の素木造で江戸初期の特色を

表す豪華な装飾が施されています。

 

秋にはライトアップされて、紅葉した

もみじをより鮮やかに見る事が出来ます。

 

坂本の門前町にある創業大正12年の

「西洋軒」は、出来るだけ地元の材料を

使って美味しいパンを作っています。

 

そして、「西洋軒」には、比叡山延暦寺と

坂本で受け継がれる穴太衆の石積みを

パンにした、「石積みのパン」を

地元名産品として販売しています。


白石にはクルミ、黒石にはレーズンを用いて

石積み独特のゴツゴツ感を表現しました。

 

石積みの箱に入った「石積みのパン」を

お土産に西教寺のもみじのライトアップを

お楽しみください。

 

さらに下部の動画では、今回の道のりや

スポットを詳しくお楽しみいただけます。

 

是非ご覧ください。

 

天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 13:10
comments(0), trackbacks(0), -
「門前シリーズぁ廖仝佚貉飴魁峩盥篶愡」と穴太衆

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第4弾、


「門前シリーズぁ


湖東三山「金剛輪寺」と穴太衆という


動画をご紹介します!



 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================
今回は、湖東三山「金剛輪寺」と
日本の石垣のルーツと言われる
穴太衆”石積み”をご紹介します。


穴太衆と坂本、比叡山延暦寺とは
深いつながりが有ります。


そのつながりを、湖東三山「金剛輪寺」にも
見る事が出来ます。


金剛輪寺は、奈良時代の中頃、
天平13年(741)に聖武天皇の勅願で
行基菩薩によって開山されました。


三重塔(鎌倉時代)および
二天門(室町時代)も国指定重要文化財で、
桃山時代から江戸時代の中期にかけて
造られた本坊明壽院の庭園は
近江路随一ともいわれ、
国の名勝に指定されています。


そして、この石畳と石垣は、
穴太衆が作りました。


比叡山延暦寺とも深い関係があって、
野面積み(のづらづみ)石垣の
ルーツと言われています。


比叡山延暦寺の門前町坂本で
誕生した穴太衆の野面積み!
坂本にある寺院から湖東三山の
「金剛輪寺」を訪ねてみては
如何でしょうか。


さらに下部の動画では、
今回の道のりやスポットを
詳しくお楽しみいただけます。


是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 11:30
comments(0), trackbacks(0), -
広報大使がラジオ出演!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

一隅を照らす運動では、

 

 

その活動を広くみなさんに知っていただくため、

 

 

落語家で天台宗僧侶の、

 

 

露の団姫さんに、

 


広報大使として活躍していただいています。

 

 

本日6月22日金曜日、

 

 

夜8時から、

 

 

FM滋賀(e-radio)の番組に出演されます。

 

 

>>Friday Relaxing Space "Go! Go!"<<



「一隅を照らす」ということもご紹介していただけるとのこと。

 


お時間があれば、

 


是非、お聴きください!

 

author:しょうぐうさん, category:一隅を照らす, 16:25
comments(0), trackbacks(0), -
工事現場でポストにベスト!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

一隅を照らす運動総本部がある建物、

 

 

天台宗務庁では、

 

 

防水関係の補修と、

 

 

建物外壁の補修工事、

 

 

併せて水回りの工事が行われています。

 

 

建物の周りには足場が組まれ、

 

 

大勢の工事関係者が作業を進めてくださっています。

 

 

その作業も大詰め。

 

 

徐々に足場も解体されてきました。

 

 

 

この工事には、

 


様々な職種の方々が携わっておられます。

 

 

作業の基礎となる足場の設置と解体には「鳶職」の方が、

 

 

外壁の塗装には「塗装業」の方が、

 

 

防水施行や上下水道関係は水回り関係の業者の方が、

 


それぞれの持ち場を分担して一つの事業を進めておられます。

 

 

それぞれの作業をテキパキと手際よく、

 


危険を伴う高所作業も声を掛け合って。

 

 

他の作業の進み具合を考えながら、

 


段取りよく一日の作業が進むように動いておられる姿が見えます。

 

 

ポストにベスト

 


自分の持ち場で自分のやるべきことを、

 


周囲の様子をしっかり把握しながら。

 

 

簡単に見えますが、

 


とても難しいことだと思います。

 

 

ポストにベスト

author:しょうぐうさん, category:一隅を照らす, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -