RSS | ATOM | SEARCH
「門前シリーズΑ廖 嵬樹院」と「廣栄堂寿延」

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクー

 


しょうぐうさんです。

 


今回は、


天台宗のホームページ


門前シリーズ第6弾、


「門前シリーズΑ


「薬樹院」と「廣栄堂寿延」という


動画をご紹介します!

 

 

一隅の動画紹介ページ


「一隅チャンネル」


もご覧ください!


よろしくお願いいたします!

 


>>一隅チャンネルはこちら<<


====================

今回は、太閤秀吉ゆかりの見事な桜のある
「薬樹院」と「廣栄堂寿延」を
ご紹介します。


比叡山門前、桜が美しく咲き誇る
坂本のまちでは、この春の季節、
湖国三大祭のひとつ、
「日吉大社 山王祭」が行われます。


1200年以上を有する、山王祭の中で
最も勇壮な神事「宵宮落とし」は、
神様の陣痛を表すとも言われ、
4基の神輿を一斉に揺さぶる
「神輿振り」は圧巻です。


この山王祭が行われる日吉大社から坂本駅へ
少し歩いたところにあるのが、
最澄生誕の地と言われ、延暦寺の中でも
特別な霊地として崇められている「生源寺」。


そのすぐそばにあるのが「薬樹院」です。


豊臣秀吉の侍医だった全宗が
住んでいたところで、
注目は庭園の東側にある「太閤桜」と
呼ばれる「シダレザクラ」です。


「薬樹院」を後に、門前を歩けば、延暦寺や
日吉大社の御用達のお店としても知られる
和菓子処「廣栄堂寿延」があります。


春限定の「桜餅」や、名物の「そば饅頭」を
はじめ、さまざまな和菓子が並びます。


中でも、名菓「叡山菊」には比叡山延暦寺
との歴史あるつながりを感じます。


さらに下部の動画では、今回の道のりや
スポットを詳しくお楽しみいただけます。


是非ご覧ください。


天台宗公式ホームページより引用
====================

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:-, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
施餓鬼法要をお手伝い

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、


とあるお寺施餓鬼法要


お手伝いしてきた報告です。

 

 

お盆と言うこともあり


法要たくさんの方

 


来られるとのことで

 


 

準備大忙しでした。

 

 

 

施餓鬼(せがき)説明はこちら↓↓


====================


施餓鬼、お釈迦さまの弟子の阿難尊者が、
餓鬼に「おまえの命はあと3日である。
死んだ後は餓鬼の世界に生まれ変わる」
と告げられたことをお釈迦さまに相談し、
「餓鬼に飲食を施しなさい。そうすれば汝も
延命がかない、餓鬼も苦しみをまぬがれて
天上に生まれることができる」
と教えを受けたのに始まります。

 

法要は施餓鬼壇を設け、
五如来の幡をかけて、三界万霊、
すべての精霊をまつって修されます。

 

餓鬼に食べ物などの施しをして、
先祖供養をするとともに、自らも餓鬼の心を
起こさないように自戒する機会です。

 

天台宗公式ホームページより引用
====================

 

過去のブログで、


お施餓鬼のしおり


ご紹介しています。

 


是非、こちらもご覧ください


>>年中行事 お施餓鬼<<

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 18:00
comments(0), trackbacks(0), -
平成30年7月西日本豪雨災害支援活動

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 


8月13日のブログでもご紹介した、

 


「岡山災害支援活動」につづき、
 


8月21日、22日、27日にも、

 

 

広島県坂町

 


呉市安浦町

 


倉敷市真備町において

 

 

兵庫県の有志僧侶延べ12人が支援活動に取り組みました。

 

 

現地の状況ですが、

 


参加した有志僧侶の感想として、

 

 

「広島県は、

 

 

総じて土石流の影響か大量の土砂が流れ込んだ地域がまたまだ多数あり、

 

 

まだ当分泥の掻き出しなど肉体労働支援活動が必要とされています。

 

 


倉敷市でも浸水した家の床剥がしや、

 

 

家財道具の運び出しなどやはり手助けをまだまだ必要としています。

 

 

 

派遣された家によって多少の差があるので一概には言いにくいのですが、

 

 

岡山県は洪水による水害、

 

 

広島県は土石流による土砂災害という違いがあるように感じました。」

 

 

とのことです。

 

大雨から約2ヶ月。

 

 

まだまだ復旧には時間と労力が必要な様子です。

 

 

この報告以外にも、

 

 

総本部にいただいた活動報告は順次ご紹介させていただきます。

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 09:30
comments(0), trackbacks(0), -
第17回「心のつどいin比叡山」!2日目

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

前回に引き続き、第17回


心のつどいin比叡山


ご報告です。

 

 

>>1日目の記事はこちら<<

 

 

 

2日目は、


早朝5時30分から


根本中堂にて


坐禅止観朝のおつとめです。

 

 

清らかな空気の中、


緊張感を持っての坐禅止観

 


皆さん、


すごく集中されていました。

 

 

 

朝のおつとめの後は、作務です。

 


 

大書院の外まわりを


きれいに掃除しました。

 

 

 

講演では、


宮本祖豊講師に迎えて

 


比叡山の修行と題して


お話しをいただきました。

 

 

伝教大師み教え


触れるとともに、


自身が経験した


十二年籠山行


について語られました。

 


その過酷な内容もさることながら、


修行を通して感じた、


感謝することの大切さ


参加者に熱く語られました。

 

 

 

最後に、閉講式にて


修了書授与されて、

 


心のつどいin比叡山


全日程は終了です。

 

 

 

参加者の皆さん、


たいへん、お疲れさまでした♪


リフレッシュして


いただけましたでしょうか?

 

 

 

次回開催の際も、


たくさんの方ご参加
 

お待ちしております♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:研修会・公開講座, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
大蔵山 杉本寺へ

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 

 

残暑厳しい毎日ですね。

 

 

 

今日は、天台宗神奈川教区の

 

 

神奈川県鎌倉市にあります

 


鎌倉最古の寺とされている

 


杉本寺にやってきました。

 

 

鎌倉三十三観音霊場でも

 


坂東三十三観音霊場でも

 


第1番札所です。

 

 

 

 

山門から見上げる

 

 

鎌倉石の苔の石段が、美しく

 

 

たいへん風情があります。

 

 

 

杉本寺は、734年の春、


光明皇后の御願により大臣藤原房前と


僧行基によって建立されました。

 

 

ご本尊の三体の十一面観音像は、いずれも


鎌倉幕府以前に作られ、

 


行基菩薩・慈覚大師・恵心僧都という


高僧による作です。

 

 

三体の十一面観音像は、本堂の内陣に秘仏


として安置されています。

 


 

堂内の外陣には、

 


運慶作の源頼朝が寄進したとされる

 

十一面観音像

 


いくつかの仏像が安置されており、

 


その一つ一つの仏様の前に座り、

 

 

ゆっくり拝観することができます。

 

 

杉本寺は都心の雑踏から少し離れた場所にあり、

 


ゆ〜っくりとした穏やかな時間が流れ、

 

 

時折り吹く優しい風

 

 

たいへん癒されます。

 

 

杉本寺ならではの素晴らしい

 


貴重な体験をさせていただきました。

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
岡山災害支援活動

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです!

 

 


今回は、

 


「平成30年7月豪雨」にて

 


被災されました

 


岡山県岡山市東区

 


倉敷市真備市での

 


水害の復興支援活動

 


報告です。

 

 


7月23日、26日

 


2日間、

 


滋賀・兵庫教区僧侶

 


7名にて活動しました。

 


活動内容は、

 


泥の掻きだし、

 

 


家財道具の移動

 


使えなくなった物や

 


瓦礫を収集場所まで

 


運搬するなどでした。

 


活動時間は

 


連日の猛暑のため、

 


ニュース等で報道がありました通り

 


熱中症対策として

 


20分働き10分休憩

 


14時には活動終了という状況であり、

 


復興作業がなかなか捗らない歯がゆさが

 


感じられました。

 


社会福祉協議会は

 


ボランティアの体調を

 


非常に心配しているのは

 


言うまでもありませんが、

 


ボランティアにきた方が

 


熱中症で倒れると

 


報道の対象となり、

 


結果的にボランティアに

 


参加する人が減少し、

 


復興作業が遅れてしまう

 


ということも

 


危惧しているようです。

 


今現在は

 


地域によって差はありますが、

 


徐々に泥掻きという肉体労働から

 


泥の洗浄など細々した仕事へと

 


変わってきています。

 


これから被災地にて

 


ボランティア活動を考えられている方は

 


入念な準備・対策をし

 


ご参加ください!

 


災害に際して救援、

 


被災地復旧のために

 


尽力されている方々の安全と、

 


一日も早い復旧を

 


祈念いたします。

 

 

 


 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 00:00
comments(0), trackbacks(0), -
第17回「心のつどいin比叡山」!1日目

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

 

今回は、


7月20日〜21日


一隅を照らす運動総本部主催


開催された研修会、第17回


心のつどいin比叡山


ご報告です。

 

 

全国から35名の方に


ご参加いただきました。

 

 

 

開講式が行われた後、


最初の日程は、諸堂参拝

 

 

この日は、


より2〜3℃涼しい


比叡山でもたいへん暑く、


熱中症に十分に


気をつけて行われました。

 

 

根本中堂浄土院釈迦堂

 


などにお参りしました。

 

 

比叡山延暦寺では、


大法会特別記念事業として


六十年ぶりに


総本堂根本中堂


改修事業を行っていて、

 

参加者の皆さんは、


完成したばかりの


修学スペースに登り、

 


屋根と同じ高さから


迫力あるお堂の様子を


見学しました。

 

 

また、特別に


ヘルメット装着して、

 


工事現場にも


入らせていただきました。

 

 

普段立ち入ることのできない


場所に、皆さん興味津々でした♪

 

 

 

夜は、『法華経』写経


取り組みました!

 

 

例年の参加者で、


取り組んでいる法華経写経


今年で、全213枚の内、


176枚まで書き上がりました。

 


目標にしていた

 

大法会結願を迎える


平成34年3月までに


奉納できそうです♪

 

 

 

次に座談会があり


6つのグループに分かれて


お互いの考えや想い


語り合いました。

 

 

もちろん総本部の職員


話の輪に加わりました。

 

 

 

1日目の日程は、


ここで終了です。

 

 

みなさんお疲れさまでした。


ゆっくり休んで下さいね♪

 

 

 

2日目は、


早朝から始まります!

 

 

続きは、


次回にお話しますね♪

 

 

〜 つづく 〜

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:研修会・公開講座, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
梅干しづくりをお手伝い♪

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

先日、


梅干し作り


お手伝いをしてきました。

 

 

梅干しは、


古来より食されてきた食品


保存食としても有名ですね。

 

 

その味は、酸味があり、


食べれば思わず顔を


しかめることもしばしば。

 

 

梅干しには、


疲労回復


殺菌効果があると言われており、


熱中症予防にも期待されています。

 

 

とあるお寺の境内


たくさん梅の果実が採れ、


梅干しを作られるとのことで


梅の土用干しをお手伝いです。

 

 

土用とは、


7月20日頃から


8月7日立秋前日までの期間、


晴天が続きやすい時期。

 

 

こうやって


塩漬けにした梅漬け


三日三晩天日干しすれば、


梅干しの出来上がりです。

 

 

ん〜


見ているだけで


不思議


お口の中が唾液でいっぱいに・・・

 

 

おいしそうですね♪

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
「一隅を照らす運動」の看板が!!

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 


一隅を照らす運動を推進するにあたり、

 

 

全国の天台宗寺院はこの運動の支部

 

 

各地方には地方本部としての教区本部があり、

 

 

滋賀県大津市坂本にある天台宗務庁の中に、

 

 

「一隅を照らす運動総本部」があります。

 

 

天台宗務庁の正面玄関には、

 

 

『一隅を照らす運動総本部』の看板が掛かっていますが、

 

 

先般の庁舎補修工事に併せて、

 

 

看板も綺麗になりました!

 


この看板は、

 

 

京都・妙法院門跡のご住職であり、

 

 

第3代目の一隅を照らす運動会長であった、

 

 

故杉谷義周師の筆によるものです。

 

 

 

杉谷師は、

 

 

昭和51年3月3日から昭和57年12月8日まで、

 

 

この運動の会長をお務めになりました。

 

 

会長在任中に檜の一枚板に墨書きでされていた看板は、

 

 

30年を超える歳月を重ね、

 

 

若干の傷みと、

 

 

汚れが目立ってきていました。

 


今回、

 

 

庁舎の補修工事に併せて、

 

 

これからも永く遺っていくように調えられました。

 

 

2019年には運動発足50周年を迎えます。

 

 

この看板とともに、

 

 

運動がますます活発になり、

 

 

賛同いただく皆様がいよいよ輝くことができるよう、

 

 

総本部は努力してまいります。

 

 

今後ともご協力をよろしくお願いいたします!

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
第14回「戦役者慰霊・世界平和の祈り」

 

 

 

こんにちは!

 


一隅を照らす運動キャラクター

 


しょうぐうさんです。

 

 


7月14日

 


広島市の平和記念公園では、

 


第14回「戦役者慰霊・世界平和の祈り」

 

 

 


天台宗の岡山教区・山陰教区・四国教区の

 


僧侶約18名と、

 

 

 


約80名の参列者のもとに

 

 


開催されました。

 

 


この行事は、

 


開宗一千二百年慶讃大法会の

 


記念事業として行われ、

 


3県(広島・鹿児島・沖縄)

 


特別布教の一環として、

 


平成17年に平和記念公園で、

 


「戦役者慰霊・世界平和の祈り」法要が

 


営まれて以来、

 


毎年開催されています。

 

 


本年は、

 


木村俊雅四国教区宗務所長

 


御導師のもと、

 


天台宗や比叡山延暦寺の代表も

 


参列し法要が営まれました。

 


法要後、

 


森定慈仁一隅を照らす運動総本部長

 


より挨拶

 


永宗幸信岡山教区宗務所長より

 


謝辞が述べられました。

 


先の大戦の犠牲者や

 


原爆犠牲者の慰霊とともに、

 


悲惨を極めた戦争体験を風化させず、

 


平和の大切さ、

 


尊さを後の世に伝え続けていくために

 


祈りが捧げられました。

 

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅を照らす, 05:00
comments(0), trackbacks(0), -