RSS | ATOM | SEARCH
インドを訪問

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今日は、


インドへ訪問した報告


お届けします。

 

 

>>インドへ訪問した報告,呂海舛蕁磧

 

 

2月8日に


インドの禅定林にて


禅定林開創30周年、並びに


大本堂落慶10周年


記念大法要が執り行われました。

 

大導師として


毘沙門堂門跡御門主


叡南覺範(えなみかくはん)


探題大僧正が、


脇導師には禅定林山主


サンガラトナ・法天・マナケ師


がおつとめになられました。

 

 

日本式仏教の法要に引き続いて、


上座部式法要チベット式法要


インドの僧侶方々により


厳修されました。

 

 

法要後には式典が行われ、


インド国内の各地より


数え切れないほど人々


集まりました。

 

 

インドで生まれた仏教が、


一度は衰退したものの


再びインドで拡がって行く、


その様子を感じることが


できた一日でした。

 

 

 

次の日には、


一隅を照らす運動総本部


「地球救援事務局」からも支援をしている


「パンニャ・メッタ協会子どもの家」


落慶式が行われました。

 

次回に報告をしますのでお楽しみに!

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
第28回 比叡の大護摩

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 


毎年、


3月13日は、


西塔・峰道広場の伝教大師大尊像前で、


世界平和と皆様方の諸願成就を祈る、


特別修法の法要が行われます。

 

 

本年も、


天台座主、

 

そして回峰行者による諸願ご祈祷・お念珠加持に、

 

大勢の方がお参りに。

 

 

雪が舞う年、


小雨の降る年、


風の強い年など、


いろいろありますが、


今年は、


天候にも恵まれていました。

 

二十四節季では啓蟄(けいちつ)から春分(しゅんぶん)。

 

みなさんのところに、


すばらしい春がおとずれますように。

 

 

author:しょうぐうさん, category:延暦寺, 18:00
comments(0), trackbacks(0), -
北総教区一隅を照らす運動推進大会

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、3月11日に開催された、


北総教区一隅を照らす運動推進大会


行ってきた、報告です。

 

会場は千葉県旭市の東総文化会館

 

約850名の参加者が集まりました。

 


3月11日は、


東日本大震災が起こった日、


ここ、旭市飯岡地区の沿岸部でも、


津波の被害で多くの方が


犠牲になっておられます。

 

 

 

大会では、


はじめに参加者全員で


震災物故者のご冥福を祈り


黙祷が捧げられました。

 

 

 

続いて、


北総教区本部長
弘海高顯(ひろうみこうけん)師


お導師に
法楽が執り行われました。

 

 

 

つぎに、


教区内檀信徒の顕彰式


 

 

続いて


義援金の贈呈式が行われました。


贈呈式では、


旭市の社会福祉協議会並びに、


一隅を照らす運動総本部


目録が贈呈されました。

 

 

 

前半の最後には、


東日本大震災七回忌追悼法要


東榮寺ご住職
玉田法信(たまだほうしん)師


お導師に厳修されました。

 

 

 

休憩を挟み、


記念講演が行われ、


講師に陸奥教区黒石寺ご住職
藤波洋香(ふじなみようこう)師


演題は
「今ある幸せ」


講演の中で、


自身の体験した震災での理不尽さ

そこから気付かされた、

日々の大切さについて語られました。

 

参加者の多くが、

身をもって体験している

東日本大震災

 

いまを生きていることの

すばらしさを実感し、


会場は、

重くもやさしい雰囲気
包まれていました。

 

 

 

後半の最後には、


落語家

三遊亭楽之介師による、


落語
「関取千両幟り」


演じられました。


会場には大きな笑い声が響き、


参加者のみなさん、


笑顔での閉幕となりました。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
東日本大震災物故者のご回向

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


3月11日。


6年前のこの日、


東日本大震災がありました。


多くの方が犠牲になり、


未だに復旧復興ができないものもあります。


各地で慰霊の法要や、


鎮魂の集い、


復興を願う行事が行われると思います。


天台宗では、


金色堂でも有名な、


岩手県平泉の中尊寺で、


3月6日に物故者七回忌の法要が行われました。


その他の地域でもそれぞれ行われています。


天台宗の事務所である天台宗務庁でも、

 

毎月11日にはご回向がされていますが、


この七回忌についても、

 

内仏で回向法要がありました。

 


総本山延暦寺では、


3月11日に法要が予定されています。


大きな災害はいつ起こるかわかりません。


それに備える心構えを忘れず、


一隅を照らす気持ちで、


それぞれのできることに努めましょう!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
群馬教区年次大会

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター
しょうぐうさんです。

 

今回は、3月3日に開催されました


群馬教区「一隅を照らす運動」
     年次大会(檀信徒宿泊研修会)

に参加しました。

 

 


 

会場の伊香保温泉ホテル天坊には、
約540名の参加者が集まりました!

 

まずはじめに

 

 

   「東日本大震災七回忌法要」

が、群馬教区宗務所長三浦祐俊師お導師
のもと、厳粛に執り行われました。

 

研修会の第1講では、

 


一隅を照らす運動総本部長横山照泰師が
   「一隅を照らす運動の報告」

 

第2講では、

 

 

天台宗参務社会部長の角本尚雄師が
「天台宗における災害対策について」


第3講では、

 


群馬教区多野部恩行寺支部長竹村興肇師より
「一隅を照らす運動」支部活動報告があり、


参加者の皆さんは熱心に

耳を傾けていました。


会場入り口では、
インド禅定林住職サンガラトナ法天

マナケ師監修の

       「禅定林精進カレー」

                         が紹介されていました。

 


 

収益は、全て

インド・ナグプールパンニャ・

        メッタ子供の家

のまだ雪を見たことのない子供達

のための北インド雪山旅行の費用

として活用されます。

 

参加者全員が一丸となって

       活気に満ちあふれた大会でした。

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
天台宗南総教区の支援活動

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


千葉県の南に位置する、


天台宗南総教区。


そこの御寺院関係者が長年にわたって、

 

タイにあるプラティープ財団の活動を支援されています。
 


一隅を照らす運動でも、


昨年11月にはスタディーツアーの研修先としてご協力をいただきました。


>>スタディーツアーの様子 磧

 

>>スタディーツアーの様子◆磧

 

>>スタディーツアーの様子<<

 

>>スタディーツアーの様子ぁ磧

 

 

 

今回、


南総教区の方々は、


2月27日から3月4日の日程で訪問されています。

 


一隅スタディーツアーでも訪れた、


「生き直しの学校」チュンポーン校での、


植樹活動や交流会などをされたそうです。

 


国内外を問わず、


自ら率先して活動を展開する。

 


「一隅を照らす」精神ですね。


皆さんも、

 


自分にできることを見つけて、


世の中にお返ししていく。

 


そんな社会になるよう、


しょうぐうさんも精進します!

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 12:00
comments(0), trackbacks(0), -
春桃会で広報活動

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

3月3日に、


三十三間堂で行われた春桃会で、

 


一隅を照らす運動広報大使の露の団姫さんが、


お説法をされました。

 


落語家でもある団姫さんは、


前半を落語、


後半を講演の形で、


大勢のみなさんにお話されました。

 

 

その後、


平成31年に発足50周年を迎える予定の、


一隅を照らす運動について、


参詣のみなさんに街頭演説のような形で語りかけていました。

 

 

同じ場所で、


災害被災地支援のための募金活動を、


延暦寺と京都の天台宗青年僧侶が行っていたので、


しょうぐうさんも一緒に活動しました!

 

 

たくさんの参拝者の方々が、

 

募金に協力してくださいました。

 

 

ありがとうございました!

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 18:00
comments(0), trackbacks(0), -
インドを訪問

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、2月にはじめに


インドへ訪問した報告です。

 

訪れた場所は、


インドのナグプールにある


天台宗の寺院、
禅定林です!

 

 

2月7日に


祖師先徳鑽仰大法会の記念事業

 

特別授戒会


が執り行われました。

 

>>大法会記念事業の紹介<<

 

 

天台座主の名代として


毘沙門堂門跡門主


叡南覺範(えなみかくはん)


探題大僧正伝戒大和上として


特別授戒会を奉修されました。

 

インドの仏教徒の方々、


約100名儀式に参加し、


戒授されました

 

 

翌日には、


禅定林開創30周年


大本堂建立10周年


記念大法要が行われました。

 


そちら報告は、


次回のブログでご紹介しますね。

 

それでは、お楽しみに!

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:総本部, 15:23
comments(0), trackbacks(0), -
一隅を照らす運動「青空説法」の試み

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター
 

しょうぐうさんです。


3月3日は桃の節句。


京都の妙法院三十三間堂では、


春桃会という行事が予定されています。
 


例年は、


瀬戸内寂聴さんが法話をされていたのですが、


本年は、


一隅を照らす運動広報大使でもある、


露の団姫さんが法話をされる予定です。

 


どんなお話が聴けるのか楽しみですね。


また、


一隅を照らす運動では、


運動発足50周年を平成31年に迎えるにあたり、


広報活動にも取り組んでいく予定です。


各地で青空説法のようなかたちで、


活動していこうという企画がありますので、


この春桃会の会場をお借りして、


どんな形で青空説法ができるのかという試みをしてみる予定です。


もちろん露の団姫さんにも協力していただきます!


是非様子を見に来てくださいね!

 

 

しょうぐうさんもお手伝い頑張ります!

author:しょうぐうさん, category:総本部, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
将軍塚青龍殿に

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター
 

しょうぐうさんです。

 

今年の夏、


8月には、


比叡山宗教サミットの30周年記念行事が予定されています。


>>比叡山宗教サミット<<


そのプログラムの中に、


京都市にある、


青蓮院門跡の青龍殿を会場とする行事が計画中です。

 


この建物は、

 

もとは北野天満宮前にありました

 

「平安道場」(旧大日本武徳会京都支部武徳殿)

 

を移築したものです。

 

会場予定地である青龍殿の下見にお伺いしました。

 

 

広い屋外舞台があり、


京都の街が一望できます!

 

 

この場所で、


どのような記念行事ができるのか、


これから検討が進む予定です。

author:しょうぐうさん, category:宗教サミット, 18:00
comments(0), trackbacks(0), -