RSS | ATOM | SEARCH
もったいない

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


今年も残すところ約一ヶ月。


年末には忘年会、


年明けには新年会の予定が入っている方も多いのではないでしょうか。


さて、


少し食べ物のお話です。

 


政府広報によると、


日本では年間1900万トンの食品廃棄物がでているそうです。


また、


民間の調査では、


2700万トンという報告もあるようです。


これは、


7000万人分の1年間の食料に相当するという計算になるというはなしもききます。


これらの内、


500万トンから900万トンは、


いわゆる「食品ロス」というものだそうです。


まだ食べることができるのに捨てられてしまうもの。


もったいないことです。


金額にすると100兆円を越えるという試算もあるとか。


すごい金額ですね。


「もったいない」


漢字で書くと、


「勿体ない」です。


「勿体」(もったい)とは、


世の中のすべてものは繋がりあって成り立っている、


それ単独で成り立っているのではないという仏教の言葉です。


「もったいない」はそんな存在価値や意義が、


ないがしろにされ、


あるいは十分に活かされていなくて惜しいという意味です。


繋がりあって成り立っているせっかくのものであるのに、


その縁を断ち切って空しくしてしまう行い。


たとえば、まだ使えるものを捨ててしまったり、


価値があるものの価値を損なって無駄にしてしまうような行い。


それらはすべて、


私たちと繋がりつつ共に生きている「いのち」を粗末にする、


あるいは、

 

ものを生かすことをしない「もったいない」行為です。

 

ただ「物」を大切にするというのではなく、


私たちと繋がりあって生きている森羅万象(しんらばんしょう)の「いのち」を大切にする行い、


それが一隅を照らす運動がおすすめする「もったいない」です。


この勿体ないということを、


一隅を照らす運動公式ホームページで、


もう少し詳しく書いていますので読んでみてください。


>>一隅を照らす運動公式ホームページ<<
 


せっかくの楽しいお食事の時間、


懇親の場。


勿体ないことをせずに、


みんな仲良く年末年始をすごしたいものです。

 

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
山陰教区一遇を照らす運動推進大会を開催♪

こんにちは!


一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

今回は、11月16日に開催された、


山陰教区一を照らす運動 山陰大会


参加してきた、お話です。

 

 

会場は、鳥取市内の鳥取市文化ホール


今回で本大会は
第6回を迎えます。


 

会場には、約500名の参加者が


来場されていました。

 

 

第一部では、法楽が行われた後、


 

表彰式があり、永年にわたり


「一隅を照らしている人」


4名が表彰されました。

 

 

続いて、10月21日に発生した、


鳥取県中部地震災害に対する


義援金の寄託式があり、


を照らす運動総本部から


鳥取県庁さんへ目録が贈呈されました。

 

 

第二部では、


「一隅を照らす運動」身近なことから


はじめられる活動を参加者にご紹介。

 


続いて「同運動広報大使」露の団姫さん


の仏教落語「仏は君をホットケない」


披露され、しょうぐうさんも大笑い♪

 

 

第三部では、


延暦寺一山円竜院住職


宮本祖豊師「覚悟の力」と題して、


記念講演を行いました。


ご自身の比叡山での修行体験を語り、


感謝のこころを持つことの難しさ


またそのすばらしさを力強く話され、


その言葉にみなさん聞き入っていました♪

 

 

最後に


閉会の辞があり大会は幕を閉じました。

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:一隅大会, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
第31回 天台宗全国一斉托鉢

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。

 

 

12月1日は、


天台宗全国一斉托鉢の日です。


昭和61(1986)年12月1日の第1回から、


今年で31回目の実施になります。


12月1日に托鉢・街頭募金に取り組んだのは、


全国22カ所で、


11月から12月の間には、


全国52カ所で托鉢・街頭募金の活動が行われます。

※一隅を照らす運動総本部に報告がある数


比叡山麓坂本にある生源寺に集まって、


森川宏映天台座主のお導師のもとにお参り。

 


その後、


坂本の町を托鉢行脚しました。

 


地元のみなさんは、


玄関先に出て待っていていただいたり。

 


戸別托鉢と、


街頭募金に分かれての活動もあります。


街頭募金は、


JRの駅や京阪電車の駅に立ちました。

 


今回は、


一隅を照らす運動広報大使の露の団姫さんも参加!

 


京阪坂本駅での街頭募金活動に出て、


救援募金協力を呼びかけていただきました。

 


みなさんにご協力いただいた募金浄財は、


12月16日に、


「NHK歳末助け合い」に寄託します。


本年の坂本地区での全国一斉托鉢、


ご協力いただきましたみなさまに感謝申し上げます。


12月中は、


各地で街頭募金などが行われると思います。


みなさまのご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

author:しょうぐうさん, category:救援事業, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
人権啓発公開講座2016

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


天台宗務庁の大会議室を会場に、


天台宗人権啓発公開講座が開催されました。

 

今年の講師は、


一隅を照らす運動広報大使でもある、

 

露の団姫さんです!

 

 

第1部は、


「女性の人権について」という演題のもと、


仏教の教え、


落語家としての修業経験など、


自身の経験から、


笑いを交えてお話がありました。

 

 

第2部は、


「子どもの人権や児童虐待について考える」


というテーマの元、


豊来家大治朗さんとの対談の形で、


お話がありました。

 

 

男女の違い、


平等ということ、


お互いに認め合うことなど、


大切なメッセージが込められた講演内容でした。

author:しょうぐうさん, category:総本部, 18:00
comments(0), trackbacks(0), -
霜月会

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。


明日は「霜月会」です。

 


天台宗公式ホームページに掲載されているお話をご紹介します。

=====================

十一月二十四日は「霜月会(しもつきえ)」と呼ばれており、

 

天台宗の大きな行事の一つであります。

 

「霜月会」の霜月というのは、

 

昔の月の呼び方で、

 

一月を睦月(むつき)、

 

二月を如月(きさらぎ)、

 

三月を弥生(やよい)というように、

 

十一月を霜月と言います。

 

この月の二十四日は、

 

中国で天台宗をお開きになった天台大師智(ちぎ)様のご命日に当たり、

 

日本においては、

 

比叡山延暦寺を中心に、

 

天台宗の殆どの寺院で天台大師智斃佑紡个靴泙靴董

 

報恩感謝の意味を表す法要が営まれる日であります。

 

これは、

 

「天台会」とか「大師講」ともいわれ、

 

我が宗にとって大変重要な行事、

 

法要なのであります。

 

この法要は、

 

伝教大師最澄様が、

 

今の根本中堂の元となる一乗止観院で、

 

奈良の七大寺から高僧を招いて「妙法蓮華経」の内容について講義をしたことからはじまっているのであります。

 

ところで、

 

この天台大師智斃佑箸呂匹鵑覆方かと申しますと、

 

中国の大同四年、

 

西暦五三八年にお生まれになり、

 

七歳の時からお寺参りをし、

 

妙法蓮華経の中の観音経〈観世音菩薩普門品第二十五〉を

 

一遍で 暗唱できるようになったといわれるほどの秀才でした。

 

十八歳で出家、

 

所謂僧侶となられ、特に「妙法蓮華経」というお経の研究と実践に専念され、

 

ついにこの「妙法蓮華経」によって悟りを開かれたのであります。

 

そして、

 

一般の人々は勿論のこと、

 

天子を始め、

 

高位、高官の人々まで、

 

皆、大師の教えを聞くことを楽しみにしていたといいます。

 

しかし、

 

天台大師は、

 

多くの人々に法を説くことも大切ではあるが、

 

まだまだ自分の修行も必要であったため、

 

天台山という山に入り、

 

僅かな木の実を拾って飢えを凌ぐことすらあったということです。

 

これを聞かれた天子は、

 

衣食、

 

その他の生活費を与えられました。

 

また、

 

仏道を究めようとする者が、

 

天台大師様を頼って集まり、

 

お寺の様子もすっかりかわってしまうほどの信頼を得るようになりました。

 

天台大師様は、

 

西暦五九七年、

 

十一月二十四日、

 

六十歳でお亡くなりになりました。

 

その時から約一千四百年経た今日、

 

そのご命日の法要が毎年確実に営まれていることは、

 

天台大師様が如何に偉大なお方であったかを物語っています。

 

http://www.tendai.or.jp/houwashuu/kiji.php?nid=70
 

=========================

日本に伝わる「天台」の教えの元となったお方なんですね。


お近くに天台宗のお寺があって、


「天台会」「霜月会」「天台大師報恩法要」などを予定しているお寺があったら、

お参りしてみてはいかがでしょうか。

 

author:しょうぐうさん, category:寺院行事, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2016 タイ・スタディツアー

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。
 

 

タイ・スタディーツアーの続きです。


>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<

 

11月4日は、


午前中はちょっと観光しました。



船に乗って川を移動。



地理の時間にならったような気がする、


チャオプラヤ川です!

 

「暁の寺」と「涅槃寺」を参拝。


 

「暁の寺」は、


修復作業中で、


建物には足場がかかっていました。

 


午後、


プラティープ財団の事務所を訪問。


バンコクの、


クロントイという地区にあります。

 

まずは財団のスタッフからスラム見学の諸注意を受けました。




迷路のように入り組んだ、


細い路地を進みます。


財団のスタッフについていかないと、


どこを歩いているのか分からなくなってしまいます。


 

生活用品が雑然と置かれ、


ひとが一人ようやく通れるような道や、


ゴミも散乱している状況に、


高校生達も真剣な面持ちで歩みを進めました。


 

道が狭く、


ゴミを集める場所もないため、


そこかしこにゴミを捨てることになるという説明もありました。



財団の事務所に戻り、


今、自分たちが見学してきた場所についての詳しい説明を受けました。



スラムで生活しながら学校に通っている、


同年代の青年との交流もあり、


お互いに様々なことを質問し、


意見交換することができました。



チュンポーンの生き直し学校で生活している子ども達にも、


クロントイのスラム出身という子がいます。


実際に自分の目で見ることで、


今まで考えていたこととは違った思いを持ったのかなと思います。


11月1日から始まったツアーも、


スラムの見学で全日程が終わりです。


移動を除くと実質3日間ほどのツアー。


短い期間ではあったけど、


内容は濃いものになったと思います。


来年も、


充実したツアーが企画できるように、


しょうぐうさんもがんばります!

 

 

2016 タイ・スタディツアー おわり

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
冬の訪れ・・・?

こんにちは!

 

一隅を照らす運動キャラクター

 

しょうぐうさんです!

 

あちこち紅葉が綺麗ですね!

 

木についている葉っぱだけではなく

 

木枯らしで散った葉も綺麗ですが

 

お掃除は大変です(^^)

 

 

お掃除をしていると空から白いものが。

 

かな?

 

と思ったら、雪虫(※)でした!

 

(※他にも「綿虫」や「オオワタ」など地域によって呼び方は様々です)

 

白くてふわふわした見た目だから

 

雪だと思っちゃった!

 

雪虫が現れると初雪が降ると言われている

 

地域もあるそうです。

 

 

 

冬の訪れも近いのかな?

author:しょうぐうさん, category:-, 07:00
comments(0), trackbacks(0), -
2016 タイ・スタディーツアー

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。
 

 

タイ・スタディーツアーの続きです。


>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<

 

11月3日は、


早朝6時から、


朝の体操と、

 


運動からはじまりました!

 


 

施設のみんなは朝から元気いっぱいです!


運動の後は清掃作業。



自分たちの生活する施設の敷地を、


役割分担しながら掃除します。

 

体を動かしてお腹もペコペコ。。。。


朝食には、


プラティープ先生自らオムレツを作ってくださいました!


 


食事の後には後片付け。


自分たちの使った食器は自分たちで洗います。


 

 

農作業のお手伝いもしました。


 


これはキノコ栽培のための土作り作業。


土や木くずなどを配合したものを、


ビニール袋に小分けして、


蒸気での滅菌、


キノコ菌の植え付けなどの行程の後、


専用の小屋で栽培します。


 


大きなキノコが沢山できていて、


収穫作業もさせてもらいました!

 

施設近くには、


たくさんのアブラヤシも植樹されていて、


その実から油を絞って収入にしています。


 


そのアブラヤシの苗木への施肥料作業も体験!


南国の暑い気候の中、


みんながんばりました!


施設の子ども達と、


日本から参加した高校生との、


座談会もありました。


将来の夢、


お互いの国に対するイメージ、


いろいろな話題を自由に話し合いました。


 


お茶休憩は、


手作りのタイのお菓子「ブアロイ」


あまーいココナッツスープに、


白玉団子がたくさん入っています!


とっても美味しくて、


みんなおかわりをしていました。


 

 

施設での楽しくて充実した研修もいよいよ終わりが。。。


 


プラティープ先生から一人ひとりに修了証をいただきました。


施設のみんなに見送られて、


日本の高校生たちはバンコクへ戻ります。

 

 

お別れするのは寂しいけれど、


みんなの口からは、


「また来ます!」


「またみんなに会いたい!」


なんていう声を聴くことができました。


言葉はなかなか通じないけれど、


一緒に過ごした時間は、


とっても充実していたのかなって感じました。

 


2016 タイ・スタディツアーい悗弔鼎

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2016 タイ・スタディツアー

 

 

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター


しょうぐうさんです。
 

 

 

タイ・スタディーツアーの続きです。
 

 

>> 2016 タイ・スタディツアー はこちら <<

 

 

11月2日は


朝5時ホテルを出発です!!

 

 

 

 

 

バンコクからスラタニまで


国内線の飛行機で移動です!

 

 

 

 

 

スラタニ空港から


バスで約1時間30分!
 

「生き直しの学校」チュンポーン校


到着です!!

 

 

 

 

プラティープ財団創始者


プラティープ・ウンソンタム・秦先生


子どもたちから歓迎を受けました!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから2日間の交流会です。

 

 

 

 

 

 


まず、プラティープ先生に


施設内をご案内していただきました!

 

 

 

 

 

 

 

日本ではあまり見ることのできない


南国の植物に囲まれています。

 

 

 

 

 


その後は、


Tシャツ灯籠を一緒に作って


交流しました!!

 

 

 

 

 

 


夜にはお昼に作った

 

灯籠流しを行いました!

 

 

 

タイでは、

 

11月に灯籠流しをする風習があるそうです。

 

 

 

他にも、


日本の高校生たちが企画した


ビンゴ大会!

 


 

 

 

 

タイの子どもたちによる


ファイヤーダンスの披露!


 

 

 

 

など


大いに盛り上がりました!!

 

 

 

言葉の壁はあるものの


みんなの積極的な交流

 

感動しました!!

 

 

 

もう一日あるので、


思いっきり楽しみましょう!

 

 

 

続きは

 

次回の更新をお楽しみに(^_^)v

 

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 06:00
comments(0), trackbacks(0), -
2016 タイ・スタディツアー

 

 

こんにちは!
 

 

一隅を照らす運動キャラクター
しょうぐうさんです。
 

 

 

 

すっかり寒くなりましたが、、、
 

 

11月1日〜5日の日程で、
 

暑い国!!

 

タイ王国に行ってきました!!

 

 

 

 

 

一隅を照らす運動の一環として

ドゥアン・プラティープ財団を訪問する

スタディツアー
 

比叡山高校(滋賀県)駒込高校(東京都)
生徒8名と一緒に参加しました!

 

 

 

 

 

 

今回は東京国際空港(羽田空港発)

関西国際空港から
2組に分かれ出発して、

 

バンコクで全員集合です!!
 

 

 

 

みんな初対面
緊張の面持ちですね(^o^)
 

 

 

 

 

これから徐々に

打ち解けていきましょう!

 

 

 

初日はバンコクにて宿泊です。

 

 

 

就寝前には翌日以降の打合せです!

 

 

 

 

翌日からは
ドゥアン・プラティープ財団
ニューライフプロジェクト事業

 

「生き直しの学校」チュンポーン校
子どもたちと交流です!

 

 

 

 

 

2日目以降の様子は、
また順次ご報告しますね!!

 

 

 

 

 

author:しょうぐうさん, category:スタディツアー, 18:00
comments(0), trackbacks(0), -